スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

硝酸塩とベルリン化。

こんにちは、どにゃです。

実はここ半月ほど、微量の硝酸塩が検出されています。

若干の波はありますがテストラボで2.5ppm前後です。

う~ん。

心当たりとしては、やはり給餌量の増加です。



イシダイの幼魚疑惑のあるウチのシマ。(笑)
混泳から1ヶ月が経ち、だいぶ慣れてきました。
今では他の魚に交じって餌リングのとこまで食べに来るくらいになりました。



しかし、バーゲスがそれに気付くと追い回します。ヽ(`Д´)ノ
ただシマもたくましく、またすぐに戻ってきてはそれの繰り返し。

それが2~3ターン済むと、シマは諦めて底の方で餌を食べています。
それでも追われてますが。

普段はフィンスプくらいなんですが、給餌の時だけ激しく追うんですよね。
ホントなんでチョウがヤッコを・・・白黒なのが気に入らないんでしょうか。
とりあえず追いやるだけなので見守っていますケド。
もうちょっと涼しくなったらバーゲスを一旦隔離してみようかしら。


そのせいでシマにも餌が渡るよう、無意識に給餌量が増えているのかもしれません。
ていうか増えていると思います。

ウチはウェット併用で10Lのろ材が入っており、さすがに硝酸塩の発生量が還元能力を上回ってきたのかなぁ~なんて考えています。
砂も厚いし汚れが溜まってきているのかもしれません。

餌を絞ればいいんですが、そうすると今度はサンゴをつつきだすのでそれも困る。

おさかなもサンゴもどっちも大事なのです。(・∀・)ワガママ

今までは検出されなかったので必要に迫られてはいませんでしたが、こうなってくるといよいよ

ベルリン化

を考えてしまいます。
ろ材が入ってると炭素源も使いにくいし。

とりあえず半分くらい抜いてみましょうかね。
ろ材なんていじりたくないんだけどなぁ。(´・ω・`)
余計に水質おかしくなったらどうしよ。(笑)

そしたらもういっそ全部出して全換水すれば何とかなるかな?

皆様方のアドバイスお待ちしております。(笑)
関連記事
[ 2012/09/27 ] 水質のこと。 | CM(6)

1. 無題

硝酸塩2.5ppmですか
うちでも一時期ではそれくらい検出されていましたが、ミドリイシが溶けることは無かったです。茶色くはなりましたが笑
強制濾過からベルリンへの移行経験が無いのでなんともいえないのですが、大きくサンプ内部をいじる(スキマー本体を取り出して洗う、メインポンプを取り出して洗うなど)ときは、デトリタスが舞うのを防ぐためにメインポンプを止め、サンプごと風呂場に持っていってサンプもろとも洗っています。もちろんサンプ内の海水は全て換えます。デトリタスも除去できるので、3~4ヶ月に一回くらいはこうしてサンプごと掃除しています。
ろ材の場合は大量のデトリタスが舞うことが予想されるので、メインポンプを循環させたまま取り出すのはあまり良くないと思います。
サンプごと掃除してサンプ内全換水する場合、ろ材を一気に全て抜いても問題ない気がします。念のためバクテリア剤などを追加するのがいいかもしれませんね。
[ 2012/09/27 18:43 ] [ 編集 ]

2. 無題

ウチも硝酸塩は2.5出てます(ーー;)

試薬がダメになったと思いきやRO水で測定すると見事に0でしたσ(^_^;)

最近、挑戦を始めたミドリイシですがハイマツを入れた途端、溶け始めるという悲惨な事態に陥りました(>_<)

…が、月1度の天然海水全換水を機に今のところは治まってます(^^)

硝酸塩は多少出てても大丈夫?

注意すべきはアンモニアとPHとKHじゃないでしょうか?
[ 2012/09/27 20:31 ] [ 編集 ]

3. 無題

こんばんはー
あくまで自分の過去の経験なのでオススメする訳でもありません。
一例としてだけ捉えてください。
以前(10年前)、水槽を90規格で回してました。
底砂薄く、リングろ材の強制濾過です。
魚中心からサンゴへシフトする際に、一気にろ材を抜き、底砂を厚くしベルリンへと移行させました。
当時のスキマーは東熱スパイラルでしたw
それでも全く問題なく、スムーズに出来ました。
どにゃさんの場合はRLSSなので東熱スパイラルとは比較にならない性能ですからきっと問題なく一気に抜けるとは思います。

システム自体を変更するのであれば、時流の炭素源も視野に入れてもいいかとも思います。
厚い底砂は昔は定番でしたが、今は弊害ばかり取りだたされてるようですし(汗

バイオペレットはZEOよりは簡単でコストもかからないので色んな方の意見を聞いてみては?
[ 2012/09/27 23:23 ] [ 編集 ]

4. Re:無題

>おりふたさん

>うちでも一時期ではそれくらい検出されていましたが、ミドリイシが溶けることは無かったです。茶色くはなりましたが笑

私もミドリイシ始めた頃はもっと高かったですし、これで溶けるほど心配はしていないのですが仰るように色落ちが心配です。


>強制濾過からベルリンへの移行経験が無いのでなんともいえないのですが、大きくサンプ内部をいじる(スキマー本体を取り出して洗う、メインポンプを取り出して洗うなど)ときは、デトリタスが舞うのを防ぐためにメインポンプを止め、サンプごと風呂場に持っていってサンプもろとも洗っています。もちろんサンプ内の海水は全て換えます。デトリタスも除去できるので、3~4ヶ月に一回くらいはこうしてサンプごと掃除しています。

ベルリンだとサンプ丸洗いができるのが良いですよね!


>ろ材の場合は大量のデトリタスが舞うことが予想されるので、メインポンプを循環させたまま取り出すのはあまり良くないと思います。

もちろん循環させたまま作業はしませんよ。
循環は止めて、半分出すなら出した後もしばらくサンプ内循環をしてからのつもりです。


>サンプごと掃除してサンプ内全換水する場合、ろ材を一気に全て抜いても問題ない気がします。念のためバクテリア剤などを追加するのがいいかもしれませんね。

確かに、ヘタに半分とかよりサンプ丸洗い一気抜きの方が病気などのリスクは低い気がするんですよね。
ん~・・・。
[ 2012/09/28 10:27 ] [ 編集 ]

5. Re:無題

>シンさん

>ウチも硝酸塩は2.5出てます(ーー;)

シンさんトコも強制濾過ですよね?

>最近、挑戦を始めたミドリイシですがハイマツを入れた途端、溶け始めるという悲惨な事態に陥りました(>_<)

ハイマツはミドリイシの中でも特にシビアみたいですね。


>…が、月1度の天然海水全換水を機に今のところは治まってます(^^)

天然海水はやっぱりベストですよね~。
自分で汲めるならいいけど通販だとコストが・・・。


>硝酸塩は多少出てても大丈夫?
>注意すべきはアンモニアとPHとKHじゃないでしょうか?

硝酸はリン酸などのように微かに出たくらいで即アウトってことはないですね。
ただやはり色は落ちるみたいです。

アンモニアが出るのはよっぽど何か問題があるかと・・・。
pHとKHは相互関係にありますから、KHが安定すればpHもある程度安定しますよ。
[ 2012/09/28 11:16 ] [ 編集 ]

6. Re:無題

>エーエイトさん

こんにちは!
なんか気を使わせたようですみません。(笑)

>あくまで自分の過去の経験なのでオススメする訳でもありません。
>一例としてだけ捉えてください。

理論より経験が一番参考になりますよ。


>以前(10年前)、水槽を90規格で回してました。
>底砂薄く、リングろ材の強制濾過です。
>魚中心からサンゴへシフトする際に、一気にろ材を抜き、底砂を厚くしベルリンへと移行させました。
>当時のスキマーは東熱スパイラルでしたw
>それでも全く問題なく、スムーズに出来ました。
>どにゃさんの場合はRLSSなので東熱スパイラルとは比較にならない性能ですからきっと問題なく一気に抜けるとは思います。

エーエイトさんも一気抜き経験者ですか!
調べてみても、結構多いみたいですね。
水質が安定していてある程度のスキマーがあればそう心配はいらないのかもしれませんね。
やっぱり一気抜きしようかな・・・。


>システム自体を変更するのであれば、時流の炭素源も視野に入れてもいいかとも思います。
>厚い底砂は昔は定番でしたが、今は弊害ばかり取りだたされてるようですし(汗

そうですね~。
砂で還元を考えなければ、厚い底はデメリットが目立ちますもんね。
あ~リセットしたくなってきちゃいました。(笑)


>バイオペレットはZEOよりは簡単でコストもかからないので色んな方の意見を聞いてみては?

ZEOやってみたい・・・です。(笑)
[ 2012/09/28 11:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://donyafullspe.blog.fc2.com/tb.php/56-b9b2db57







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。