スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

今日の青杉。

ども、どにゃです。

先日はたくさんコメント頂きありがとうございました。

接着する前は何ともなかったので、やはり白化の原因は瞬間接着剤の発熱によるもので間違いなさそうです。
過去に二度接着してますが、こんな風になったのは初めてです。


接着後、翌日から共肉が衰退し始め、昨夜はこんな状態です。


正面

夜明けのマリンブルー

夜明けのマリンブルー


裏側(横から)

夜明けのマリンブルー



ちなみに二日前の正面

夜明けのマリンブルー



やはりジワジワと白化が進んでいます。

確か接着したのは22日頃だったので、1週間ほど経過しています。

上の方はまだ元気そうですが、ポリプがちょこっと顔を出している程度でワサワサまではいきません。
このままダメになってしまうのでしょうか・・・。
そっとしとけば回復しますか?


どうしたものか・・・(ノДT)


関連記事
[ 2012/08/28 ] サンゴのこと。 | CM(6)

1. 無題

こんにちは。

瞬間接着剤で接着箇所付近がすこし白化することありましたけど、どにゃさんの青杉の様に明らかに進行するようなことは経験ないです。
くっつける時にギュッと持った場所とかではないですか?
ここらで止まってくれればいいんですけどね。

堪えろ!青杉!!
[ 2012/08/28 15:27 ] [ 編集 ]

2. Re:無題

>ぴろっく@さん

こんにちは!

>瞬間接着剤で接着箇所付近がすこし白化することありましたけど、どにゃさんの青杉の様に明らかに進行するようなことは経験ないです。

そうですか・・・そうですよね・・・。

>くっつける時にギュッと持った場所とかではないですか?

・・・・・・・・・・あああああ!!
そういえばギュッと持った場所です!
付きが悪くて、横からつまむようにして長く持ってました。
だから前と後ろが・・・そっか・・・。
それプラス接着剤の影響でほぼ間違いなさそうです。


>ここらで止まってくれればいいんですけどね。

ギュッと持ったせいならそろそろ止まるはずですのでもう数日ガマンして様子見てみます!!

ありがとうございます!
[ 2012/08/28 16:03 ] [ 編集 ]

3. どにゃさんへ

はじめまして!

大事な個体が溶けるストレスは自分もよく知っているので、参考までに書き込みさせて頂きます^^

画像拝見しました。症状を見ると、STNで間違いないと思います。
トリガーは接着剤だと思いますが、根本的な原因ではないように思われます。
手っ取り早いのは、STNの発症部位より少し上を、ノコギリで切断するとよいです。スギ系のSTNは、特にパステルだと途中で止まる確率が低いです。健常部のポリプがモサモサであれば、切断しても維持できる確率は高いですよ。逆に健常部も元気が無いと、枝分けしても根本的な要因を取り除かないと、ダメになるかもしれません。

要因として考えられるのは、カリウム不足、KH不足、水流(パステルの場合は、特に重要で、緩いと代謝の弊害になります)、炭素源の過剰添加あたりです。根元はもともと光が当たりづらいので、こうしたストレスを与えると、弱って真っ先に侵されます。ですから、まずそのあたりを見直してみると原因が分かるかもしれません。

予防策としては、PBMを入れるとか、オゾナイザーや殺菌灯を使っても良いですが、STNの原因菌と言われるビブリオの増殖は抑制できても、発症した個体には、ほとんど効果がないです。

なので、STNにならない水質の改善と、予防を合わせて打つと、ぐっと発症確率が減りますよ。

ご参考まで。
[ 2012/08/28 16:30 ] [ 編集 ]

4. Re:どにゃさんへ

>Youichi Katoさん

初めまして!
いつもブログ見てます!

>画像拝見しました。症状を見ると、STNで間違いないと思います。
>手っ取り早いのは、STNの発症部位より少し上を、ノコギリで切断するとよいです。スギ系のSTNは、特にパステルだと途中で止まる確率が低いです。

STNですか!?
やはり切断するべきでしょうか。
ほっといても途中では止まりにくいんですね…。

>健常部のポリプがモサモサであれば、切断しても維持できる確率は高いですよ。逆に健常部も元気が無いと、枝分けしても根本的な要因を取り除かないと、ダメになるかもしれません。

ポリプはちょこっと顔を出す程度でモサモサはしてないです。
スギ系はあまりポリプを出すイメージが無いのですが、あまり調子がよくないんでしょうか。
根本的な要因…そうですよね。


>要因として考えられるのは~

カリウムはわかりませんが、KHは8~9、水流は確かにあまり強くないかもしれません。
添加剤や炭素源は特に供給していません。
土台に付けるまでは根元も異常は見られませんでした。

土台を付けた日あたりに、久しぶりにcom2をいつもより気持ち多めに入れたら翌日一部の魚達に白点が出ました。
その翌日には白点は全て落ちていましたが、悪玉菌が増殖したのかもしれません。

>予防策としては、PBMを入れるとか、オゾナイザーや殺菌灯を使っても良いですが、STNの原因菌と言われるビブリオの増殖は抑制できても、発症した個体には、ほとんど効果がないです。

やはり予防が大事ですね。
殺菌灯は外すかどうか考えていましたが付けておくことにします。

>なので、STNにならない水質の改善と、予防を合わせて打つと、ぐっと発症確率が減りますよ。

アドバイスありがとうございます。
ベテランのみなさまからの言葉はとても心強いです。
今後も是非色々と教えて下さい。
よろしくお願いします。
[ 2012/08/28 18:40 ] [ 編集 ]

5. どにゃさんへ

STNはSlow Tissue Necrosisの略で、RTNがrapidなのに対して、遅いという意味です。
http://blog.fragd.it/2009/11/10/stn-and-the-real-issues-part-1/

KHと炭素源でないとするとカリウムが気になりますね~ 添加はしていますか? カルシウムメディアからも溶解されますが、足りない場合が多いです。カリウム不足になると、下から剥げるケースが多いので、機会があればチェックしても良いかと思います^^

のこぎりで切断するか否かはご自身の判断となりますが、私であれば、写真ぐらいまで進行していたら確実に切ります。
ちなみに私のブログの最新の記事で、全景を上げてますが、写真右のほうにあるブルーのスギは、STNにより切断しました。もう4ヶ月ぐらい経ちますが、元気に維持できていますよー

ポリプはスギでも、調子がよいと、ポリプを全開に出します。ZEOvitだといつでも出すようになりますが、ベルリンの場合は、照明の消灯後に確認をしてみて下さい。

被害が最小限に抑制されることを、願ってます^^ がんばって下さい~
[ 2012/08/28 22:55 ] [ 編集 ]

6. Re:どにゃさんへ

>Youichi Katoさん

>STNはSlow Tissue Necrosisの略で、RTNがrapidなのに対して、遅いという意味です。

名前こそ知っていましたが、まさか自分のがなるとは・・・という感じです。

>KHと炭素源でないとするとカリウムが気になりますね~ 添加はしていますか?

何の添加剤も使用していません。
闇雲に添加してもあまり良い事がなかったので
・・・まだ未熟なので基本をしっかりやろうと思い今は何もしていません。
カリウムですか、調べてみます。

>のこぎりで切断するか否かはご自身の判断となりますが、私であれば、写真ぐらいまで進行していたら確実に切ります。

昨夜切りました!
後で書きますので見てやって下さい。

>ちなみに私のブログの最新の記事で、全景を上げてますが、写真右のほうにあるブルーのスギは、STNにより切断しました。もう4ヶ月ぐらい経ちますが、元気に維持できていますよー

すごい!成功例は心強いです!

>ポリプはスギでも、調子がよいと、ポリプを全開に出します。ZEOvitだといつでも出すようになりますが、ベルリンの場合は、照明の消灯後に確認をしてみて下さい。

わかりました!
ちょっと見てみます。

>被害が最小限に抑制されることを、願ってます^^ がんばって下さい~

ありがとうございます!!
頑張ります。
[ 2012/08/29 11:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://donyafullspe.blog.fc2.com/tb.php/39-b8966e6b







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。