スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

砂について思うこと。

こんにちは、どにゃです。


砂について思う事を書いてみます。
あくまで素人の考えですし、正しいか間違ってるかもわかりません。
だいたいこういうのは数年後に自分で読むと恥ずかしい事を書いてたりしますが(笑)、とりあえずこの時はこう思っていた、という備忘録ということにします。



個人的には、サンゴ飼育における厚い砂(アラゴナイト)、特に本物のライブサンドは適切に管理されていれば最高の水質安定材だと思っています。

いや、最高と言ってしまうと語弊があるかもしれませんね。
オートマティック?多機能?
ベストではないかもしれませんがベターではあると思います。


例えば自動調整の還元装置であること、pHなどの水質緩衝機能もあること、莫大なバクテリア定着スペースであること、そして何よりも豊富な微生物相による水質安定への寄与などです。
現にウチは炭素源の添加をしなくても栄養塩は試薬レベルではゼロですし、コケもほとんど出ませんしサンゴは安定して調子がいいです。
色は茶色いですがこれは砂のせいではないはず。(笑)
ライブサンドによる豊富な微生物相と莫大なバクテリアスペースがあることで、一度安定したバクテリアバランスはそう簡単には覆りません。


よく指摘される汚れの蓄積も、ほとんどが魚への給餌に依存しています。
給餌の無い、もしくはごく少ないサンゴ飼育においては水も汚れにくいので、汚れの蓄積もゆっくりになります。
砂の生物相が豊かであれば、デトリタスなどもゆっくりではありますが分解されていくそうです。
もちろん供給が上回れば蓄積されていきますが、所詮は閉鎖環境の水槽ではなかなか避けられない問題でしょう。
サンゴのみの飼育でどのくらいデトリタスが出るのかは経験がないのでわかりませんが・・・。


ただ難点は、粒の大きさや厚さなどのガイドラインが無く、水槽(砂)毎の差が大きく再現性が低いこと。
これに関しては評判のいいモノ、もしくは上手くいっている人の真似をするのが近道かと思います。
個人的にはCPファームのライブアラゴナイトサンドがおススメです。


あとは嫌気層を破壊してしまうため、砂の掃除ができないこと。
(よく、厚い砂は一切触らないかこまめに掃除するかのどちらか、なんて聞いたりしますが、マメに掃除したら厚い砂のメリットの大部分がスポイルされてしまいますので、個人的にはそんなことをするくらいなら砂を薄くした方がいい気がします。)

つまり限界を迎えたと感じたらリセット以外の根本的解決方法がない事です。
ただこれも数年後の話ですし、管理方法でも変わってきます。
私はまだ経験が浅いので、そのような理由でリセットを迫られたことはありませんが・・・。

それ以外にもデメリットはあり、最近嫌われる傾向のある厚砂ですが、サンゴ飼育初心者は砂厚めの方が飼育はしやすい(水質が安定しやすい)と思います。



しかし、こと魚飼育に関しては濾材を使用して砂を敷かないベアタンクで飼育されるケースを見ても分かるように、砂のメリットが薄れてきます。
というか、巣穴を作ったり砂を食んだり潜ったりなど砂に依存する魚を除いては、砂に対する魚自体へのメリットはちょっと思いつきません。
やはり汚れが溜まりやすくなることで、水質の悪化や雑菌の温床になるなどの弊害が増えてきます。
ベアタンクであれば、汚れの目視や除去が容易になります。

水量に対してごく少数の魚をナチュラル飼育するのならまだしも、たくさん混泳させてバンバン給餌するスタイルには、厚い砂は不向きと言えるでしょう。



つまり、サンゴに寄るか魚に寄るかで砂の厚みを考えるといいのかもしれません。
サンゴよりなら厚め、魚よりなら薄めなどと・・・。




しかし新しいサンゴ飼育システムは専ら薄砂推奨ですね。
理由はいくつかあるのでしょうけど、そのひとつは、厚い砂が水槽に与える影響によりシステムの再現性が低下するからではないかと思います。


極端な話、砂無しもしくは極薄で、レプリカライブロック、濾過がスキマーのみの水槽では、バクテリアが定着するスペースがほとんどありません。
LRを使用しないと微生物の多様性も望めないのでバクテリアの偏性が起こりやすく、水質が不安定になると思います。
バクテリアのスペースが少なければアンモニアの処理能力も低くなりますから、魚も少量に留めるべきでしょう。
もちろん必ずすべての水槽がそうというワケではなく、あくまで傾向としてです。


その為か、薄い砂を推奨しているシステムはスキマーとは別途に濾過能力を設けていますね。
ゼオライトだったりペレットだったりリフジウムだったり・・・。
つまり各システムの「軸」となる部分ですね。
ベルリンでは多めのライブロックがそれです。
ウチでは砂がそれに当たると思います。

水質を安定させるには、軸となる何らかの「大黒柱」が必要です。
その大黒柱なくして水質を安定させるのは極めて困難な気がします。


逆に言えば、大黒柱を砂以外にすることで水槽内の砂を薄くできるのなら、サンゴと魚を両立しやすいのかもしれません。
砂が薄ければ白点が出ないワケではありませんが、砂が薄ければ蓄積した汚れの掃除もできるし、いざとなったら砂の交換もできます。
白点の対処も(厚いよりは)しやすくなります。

それはサンゴ水槽で魚もできるだけ飼育したい私にとっては願ってもない話です。


というワケで、白点対応に行き詰ったところですし、サンゴも大きくなりすぎていくつか不都合も出てきたしレイアウトも飽きたしで、リセットして砂を薄くすることにします。


サンゴの調子はいいのでちょっともったいない気持ちもありますが、調子の悪い魚の動きは見ていて気分が悪いのでちょっと頑張ろうかと思います。

しかし大黒柱はどうしましょうかね・・・。


とりあえず砂だけ薄くして、あとから考えよう。(笑)


考えるだけでも大変な作業になるので気が重いですが。(汗)


久々の水槽近影。
レイアウト的には見納めになるかも?

20160401195414-142.jpg

20160401194909-768.jpg

20160331005830-76.jpg

20160331010317-375.jpg

20160331010627-709.jpg

20160331010852-775.jpg

20160321012839-682.jpg

20160321012806-222.jpg




消灯後の様子。

20160407005519-71.jpg

[広告] VPS

関連記事
[ 2016/04/16 ] 日々のこと。 | CM(8)

こんばんは。
何とタイムリーな∑(゚Д゚) 実は自分もショップさんと相談して砂を入れ替えてみようと思ってたところでした。
いつもながら非常に参考になります( ^ω^ ) CPファームのライブサンドはやっぱりいいんですね。高いですが試してみます( ̄^ ̄)ゞ
そして「大黒柱」ですか...。全然考えてなかったですσ(^_^;) 個人的にはリフジウムは気になりますが、設置が少し面倒な気もします(>_<)
[ 2016/04/17 00:07 ] [ 編集 ]

Peace66さん

> こんばんは。
> 何とタイムリーな∑(゚Д゚) 実は自分もショップさんと相談して砂を入れ替えてみようと思ってたところでした。

こんにちは。
そうでしたか!
砂メインのシステムは当然ながら砂作りが全てですからね。

> いつもながら非常に参考になります( ^ω^ ) CPファームのライブサンドはやっぱりいいんですね。高いですが試してみます( ̄^ ̄)ゞ

個人的には、CPFのライブサンドは別格だと思っています。
バクテリア以外の微生物が大量に付着しているのは唯一だと思います。
バクテリアをまぶしただけのライブサンドとは別物です。
値段的にも、18kgで6,810円ならそこまで高くはないし、価値を考えたらむしろ安いと思います。(前は18kgで1万円近かったです)
ちなみにチャームさんでも扱っており、今見たら赤文字で5,940円でした。
石垣発送なので送料は仕方ありませんね・・・。


> そして「大黒柱」ですか...。全然考えてなかったですσ(^_^;) 個人的にはリフジウムは気になりますが、設置が少し面倒な気もします(>_<)

砂が薄い(厚い)のは万人にとってのベストではないと思います。
要は砂に何を求めるかで、薄ければ薄いなりの問題も生じます。
それを補う為の「システム」ですね。


[ 2016/04/18 12:44 ] [ 編集 ]

こんばんは!

おぉ〜 底砂でコレだけ語れるのも凄いというか、やはり奥が深いですねぇ・・・・。
フルリセット時には何も考えず厚底にしましたが、魚が多いと不利になるのですか(つД`)ノ


おっしゃるとおりベルリンやナチュラルシステムにおける底砂は多大な影響を与えていると思います。

中でもとりわけ、アラゴナイトサンドはpHの安定に大分貢献してくれているように思います。
おかげでこの冬はこの砂でもったようなもんで、脱低pHとなりました!
[ 2016/04/18 20:07 ] [ 編集 ]

こんにちは。
底砂大好きあくあ12です。

私は、120cmにしてから薄砂にしています。
理由は、同じようにバクテリアの安定です。

ただ、現在は砂掃除は月に一度位しています。
理由は魚多過ぎで汚れるから。
嫌気層の脱窒能力の低下はBPで補完…という考えです。

ただ90cmの頃は、厚さ10cm、90%パウダーで
スキマーもなしで、ほとんど砂掃除もしませんでした。

・・・で、
水槽交換で、約10年後に砂を取り出したところ、
底の部分までグレー(硫化水素発生)はみられま
せんでしたし、異臭もまったくありませんでした。

再利用もできたのですが、パウダーだとメンテ不可
ですので、あきらめましたが。

真っ白く変色した青イソメ?たちも、まだ生きてまして、
(生き残りか繁殖かは不明)
それなりに環境が保持されたものと思われます。

CPのライブサンドと、ベントスパックは
定期的に使用していましたが、この効果もかなりあった
と思います。(多めにすること推奨)

結論:私も砂の浄化能力と安全性はかなり高いと思います。
(個人の感想ですw)
[ 2016/04/19 12:12 ] [ 編集 ]

ムコタマさん

> こんばんは!
>
> おぉ〜 底砂でコレだけ語れるのも凄いというか、やはり奥が深いですねぇ・・・・。
> フルリセット時には何も考えず厚底にしましたが、魚が多いと不利になるのですか(つД`)ノ

こんばんはー。
魚が多いと汚れやすいですからね。
まぁこれは砂に限ったことではありませんけど。
ただ砂だけは掃除できないので・・・。


> おっしゃるとおりベルリンやナチュラルシステムにおける底砂は多大な影響を与えていると思います。
>
> 中でもとりわけ、アラゴナイトサンドはpHの安定に大分貢献してくれているように思います。
> おかげでこの冬はこの砂でもったようなもんで、脱低pHとなりました!

厚く敷いたことでの効果かと思います。
薄いと内部のpHが下がりにくいですからね。
なんでもそうですがメリットとデメリットがありますね。
[ 2016/04/20 02:10 ] [ 編集 ]

あくあ12さん

> こんにちは。
> 底砂大好きあくあ12です。

こんばんは。
お待ちしておりました。(笑)


> 私は、120cmにしてから薄砂にしています。
> 理由は、同じようにバクテリアの安定です。
>
> ただ、現在は砂掃除は月に一度位しています。
> 理由は魚多過ぎで汚れるから。
> 嫌気層の脱窒能力の低下はBPで補完…という考えです。

まさに私もそんな感じにしようかと思っています。



> ただ90cmの頃は、厚さ10cm、90%パウダーで
> スキマーもなしで、ほとんど砂掃除もしませんでした。
>
> ・・・で、
> 水槽交換で、約10年後に砂を取り出したところ、
> 底の部分までグレー(硫化水素発生)はみられま
> せんでしたし、異臭もまったくありませんでした。
> 再利用もできたのですが、パウダーだとメンテ不可
> ですので、あきらめましたが。
>
> 真っ白く変色した青イソメ?たちも、まだ生きてまして、
> (生き残りか繁殖かは不明)
> それなりに環境が保持されたものと思われます。

ほぼDSBですね。
やはり適切に管理された砂はそうなると思います。
私が900の砂を抜いた時は2.5年くらいだったと思いますが、変色や異臭はありませんでした。



> CPのライブサンドと、ベントスパックは
> 定期的に使用していましたが、この効果もかなりあった
> と思います。(多めにすること推奨)

私もそう思います!


> 結論:私も砂の浄化能力と安全性はかなり高いと思います。
> (個人の感想ですw)

そうですね。
下手に添加剤でうまくいかないくらいなら、砂厚めにして放っておいた方が安定すると思います。(※個人の感想ですw)
[ 2016/04/20 02:58 ] [ 編集 ]

砂、薄めにするの?

じゃあ、例の砂返らない作戦ぜひやってみてd( ̄0 ̄)

調子いいのは惜しいけど、
白点スパイラル考えたら一度そうするのもありかと。
季節もいいしね♪
[ 2016/04/21 23:33 ] [ 編集 ]

親方~.さん

> 砂、薄めにするの?
>
> じゃあ、例の砂返らない作戦ぜひやってみてd( ̄0 ̄)

とりあえず厚い砂は気が済んだので、今度は薄くしてやってみようと思います。
あれですね・・・w
どうしようか悩んでますw


> 調子いいのは惜しいけど、
> 白点スパイラル考えたら一度そうするのもありかと。
> 季節もいいしね♪

そうですね。
水景もちょっと飽きたので気分を変えます!
[ 2016/04/22 11:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。