スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

失われた成長点を復活させてみた。

こんにちは、どにゃです。


半月ぶりくらいのブログですね。(汗)
ネットで素晴らしい水槽を眺めてため息をつき、己の水槽と比較してため息をつく日々を送っております。

私ミドリイシは4年目となってますが、未だに上達した感触が無いです。
どうも私には才能がないようです。(笑)


まぁ愚痴はこの辺にして、今日の本題へ。



ミドリイシの美しさは成長点にあり。
成長点は褐虫藻密度が低く、色もキレイだったりしますよね。

というのは大方の皆さん共通の認識だと思いますが、飼育してしばらくすると、ひとつの個体で成長する枝としない枝が出てきたりしますよね?

それくらいならまだいいですが、さらに不調が進行すると枝の先端がすぼまって、完全に成長点が消失してしまうことがあります。


例えばこの茶スギ。
20150426021942-370.jpg


赤丸の部分が完全にそれです。
通常であれば先端に頂端ポリプ(いわゆる成長点)がありますが、それが完全に無くなってしまっています。
こうなるとこの部分は成長しませんし、待ってても成長点が再び現れた経験もありません。
そして観賞的な満足度も下がりますね。


そこでふと思いました。

今までの経験上、先端が白化して折ったりぶつけて折れてしまったりした部位はほとんどの確率で頂端ポリプが再生されます。

これを故意に再現してみようという実験です。

同じ症状の箇所はいくつかあるのですが、とりあえず1カ所だけ先端を5ミリくらい切除してみました。
この真ん中の枝です。

20150426021942-37.jpg


拡大してみます。
20150426021942-370のコピー

これは切除直後ではなく数日経過後の画像なのですが、画像では到底わかりませんが既にうっすらと蛍光の共肉が覆い、ポリプが顔を覗かせています。
しかしピントも合ってないしスマホのデジタルズームでは写りませんね。


そこから11日後。

20150507214105-598.jpg

成長点らしい骨格が盛り上がってきています。
よく見ると左の枝も成長していますね。


さらに8日後。

20150515204223-683.jpg

完全に成長点復活!
もうしばらくすれば左の枝のように自然な感じになりそうです。


解りやすく3枚をGIFにしてみました。

20150426021942-370.gif


毎日見てると分かりませんが、こうやって見るとたった1週間くらいでも確実に伸びてますね。
1年くらい毎週撮影してタイムラプス動画にしたら面白そうです。



というワケで今回の実験は成功です。
この新しい成長点からグイグイ伸びてくれることを祈ります。



た・だ・し!

サンゴをキズつけるわけですから当然リスクはあります。
キズから白化したりRTNになったりする可能性も考えられますので、やる場合は自己責任にてお願い致します。






関連記事
[ 2015/05/16 ] サンゴのこと。 | CM(8)

久しぶりの更新お待ちしておりました!成長点を作り出すとは凄い挑戦ですね!!更にそれを成功させてるとはっ!更なる高みを目指していって下さい!ブログ楽しみにしておりますよ(≧∇≦)
[ 2015/05/16 23:40 ] [ 編集 ]

こんにちは。
なぜか背後のハナヤサイにばかりに目が行ってしまいますw
[ 2015/05/17 07:30 ] [ 編集 ]

こんにちは!

珊瑚って、デリケートだけど、意外とたくましいですよね(^^;;
揚がりや色にこだわり出すとかなり壁は高くなりますが・・・・(つД`)ノ

私が維持だけじゃなく、成長をコントロール出来るのはいつのことやらヽ(;▽;)ノ
あっ・・・・、維持も怪しいかも( ;´Д`)


[ 2015/05/17 09:20 ] [ 編集 ]

おおーーーー。なんて斬新な発想!!!ミドリイシにとっても、いわゆる生存本能じゃないですけど、傷つくことで何らかの成長ホルモンみたいなものが分泌されるのかも知れないですよね。分からないけど。。。
[ 2015/05/17 21:23 ] [ 編集 ]

akiさん

> 久しぶりの更新お待ちしておりました!成長点を作り出すとは凄い挑戦ですね!!更にそれを成功させてるとはっ!更なる高みを目指していって下さい!ブログ楽しみにしておりますよ(≧∇≦)

お待たせしてスミマセン。(汗)
なんか最近ブログ書くのがメンドウで・・・w

今回は上手くいったので他の箇所もやってみようと思います。
[ 2015/05/18 10:47 ] [ 編集 ]

ミスズさん

> こんにちは。
> なぜか背後のハナヤサイにばかりに目が行ってしまいますw

こんにちは。
あのハナヤサイ、なかなか黒ずみが抜けません。
なぜでしょうか?w
[ 2015/05/18 10:48 ] [ 編集 ]

ムコタマさん

> こんにちは!
>
> 珊瑚って、デリケートだけど、意外とたくましいですよね(^^;;
> 揚がりや色にこだわり出すとかなり壁は高くなりますが・・・・(つД`)ノ

こんにちは。
この個体は見ての通り茶色いので丈夫ですw
ミドリイシはある程度褐虫藻が残っていれば、飼育自体はそこまで難しいとは思いません。
そこから「状態良く」「色もキレイに」「そのまま長期間」とだんだん難易度が上がりますね。


> 私が維持だけじゃなく、成長をコントロール出来るのはいつのことやらヽ(;▽;)ノ
> あっ・・・・、維持も怪しいかも( ;´Д`)

SPSは成長し続ける生き物なので、維持(飼育)=成長だと思います。
成長が止まってしまうのは生命活動に支障をきたしていると考えられるので、成長が止まったままだとダメになることが多いですね。
色に関しても、一時的にキレイになっても成長していないとそのまま通り越して死んでしまうことが多いです。
この場合は色揚がりではなく「色抜け」です。
成長と同時進行して初めて「色揚がり」と言えると思います。
[ 2015/05/18 11:11 ] [ 編集 ]

はなちゃんパパさん

> おおーーーー。なんて斬新な発想!!!ミドリイシにとっても、いわゆる生存本能じゃないですけど、傷つくことで何らかの成長ホルモンみたいなものが分泌されるのかも知れないですよね。分からないけど。。。

ミドリイシは、傷つくとその部位を修復するために他から優先的に栄養を回す事が知られています。
参考資料 http://www.amsl.or.jp/midoriishi/0306.pdf

今回は先端部位だったので頂端ポリプが再生されましたが、側面(側生ポリプ)の部位だったらどうなるか興味がありますね。
やっぱり成長点が出てくるような気もしますけど、機会があったらやってみたいですね。
[ 2015/05/18 11:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。