スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

アクア履歴を振り返る。(前編)

こんにちは、どにゃです。

ブログを始めたので、今までのアクア履歴を簡単に振り返ってみたいと思います。



小学生~中学生くらいの頃、60cm水槽でグッピーなどの熱帯魚を飼っていました。(父親が元アクアリスト)
この時はただ漠然となんとなく飼っていただけで、稚魚が産まれて喜んでいた、そんな感じでした。
ご多分に漏れず、殖え過ぎて崩壊のパターンだったと記憶しています。あと、飽きた気がする。(笑)


時は流れ、27歳になった2010年。
父親とともに釣り好きで魚好きのわたくしは、
今の嫁ちゃんと同棲していた賃貸で、ふと軽い気持ちで「久しぶりに熱帯魚でも飼おうかな」と思い、
実家に転がっていた小さな水槽と、貯まっていた楽天ポイントで最低限の器具を揃えて実費1,000円くらいで部屋の片隅にグッピー水槽を置きました。

夜明けのマリンブルー

これが始まりでした。
部屋に魚が泳いでいるというだけで癒されていました。

昔から憧れだったリアルレッドアイアルビノジャパンブルーネオンタキシードを買いました。
夜明けのマリンブルー



そして、思い立ったが吉日、ガマンのできない超絶熱しやすい性格のわたくし(笑)は、この2週間後には60cmを立ち上げ、
夜明けのマリンブルー


その1ヶ月後には本格ブリード体制となり、
夜明けのマリンブルー



水草にハマり半年後にはこんな状態に!
夜明けのマリンブルー

この時には嫁ちゃんに「これ以上水槽増やしたら水槽の家賃貰うからね!」と言われていました。
まぁ、わからんでもない。(笑)


この頃の水景はこんな感じ。
夜明けのマリンブルー


この頃は5本の水槽の週1換水とメンテで、帰宅後はほぼ毎日管理に追われていました。
そして年が明け、ふと、趣味なのに苦痛になっていることに気付いてしまいました。



いつも行くアクアショップで覗いていた海水の世界。
淡水に比べるととんでもなくカラフルでキレイでずっと憧れだったけど、
とにかくお金がかかりそうな上に難しそうで踏み出せずにいました。

でも、やってみたい。
管理も1本ならそれほど大変じゃないはずだ。

自分なりのシステムで初期費用を計算する。
それほどぶっ飛んだ金額ではないが・・・う~ん・・・なんとか・・・なる・・・いや、なんとかしよう!


そうして機材を揃え、アク抜きと水漏れテストの為にとりあえず水道水で満たしたのが2011/3/10でした。
そう、東日本大震災の前夜です。


翌日、あの大震災が起こり、わたくしの地域は震度5強という揺れで、大変な恐怖を感じました。
当時は仕事中でしたが、近所の為、許可を貰って一時的に帰宅をしてみると・・・


わざとらしく後編に続くw
関連記事
[ 2012/07/04 ] 日々のこと。 | CM(2)

1. 無題

緑の水景美しいですね!癒されそうです。
淡水→海水の経歴の方はやはり多いですね!
うちはUFOキャッチャーのミドリフグからの海水のパターンでしたw
地震大変でしたよね…。
いつも1時間半ほどの道のりを5時間ほどかけて
帰宅しました…orz

もしよろしければ、ブログにリンク貼らして頂いてもよろしいでしょうか??
[ 2012/07/04 16:47 ] [ 編集 ]

2. Re:無題

>にこさん
>緑の水景美しいですね!癒されそうです。
最初は癒されてたんですが、1週間で何センチも伸びるのでサンゴとは違う意味で維持が大変でした・・・。

>淡水→海水の経歴の方はやはり多いですね!
大半の方がそのパターンでしょうね~。
熱帯魚はそれこそ数千円でそれなりに飼えますからね。

>うちはUFOキャッチャーのミドリフグからの海水のパターンでしたw
UFOキャッチャーパターンの方も意外と多いですね!

>いつも1時間半ほどの道のりを5時間ほどかけて
帰宅しました…orz
帰れただけマシな方でしたね・・・。電車の嫁は帰ってこれませんでした。
千葉方面にクルマで迎えに行ったら、3時間かかっても隣の駅にすら辿りつけず、諦めましたw


>もしよろしければ、ブログにリンク貼らして頂いてもよろしいでしょうか??
もちろんです!
では相互リンクとしましょう♪
[ 2012/07/04 17:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://donyafullspe.blog.fc2.com/tb.php/3-17be69de







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。