スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

高級人工海水 トロピックマリン プロリーフ。

こんにちは、どにゃです。


海水魚飼育において必要不可欠なアイテム、人工海水。
ナチュラルシステムの場合は100%天然海水での管理というのが理想かもしれませんが、現実的にはなかなか難しいので人工海水を使用する方がほとんどだと思います。


現在、人工海水はたくさんの銘柄がありますが、目で見ても違いが判らないのでどれがいいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
いや、使っても違いが判らない場合もあるかもしれませんw

メーカーの謳い文句も、高品質な~とか、最適なバランス~とか、どれも似たり寄ったりです。


飼育生体やスタイル、求めるもの、または個々の水槽によってもベストな選択が変わるでしょうし、その性質上、使用感を短期的に判断することも難しいので悩ましいですよね。


唯一公平な判断基準となるものは「価格」しかありません。
特にビギナーのうちは「価格」が最重要視されるでしょうし、私もそうでした。


次に気になるのが「評判」ですかね。
ただこれも、同じ銘柄でも人によって様々だったりするのでなかなか困惑させてくれます。
逆に言えば、塩の違いなんてその程度でしかないのかもしれません。

ZEOやBAなどはシステム指定の塩がありますから、個人的には絶対にそれを使うべきだと思います。


あとは実際に自分で使ってみて判断するしかありません。



では実際に人工海水の銘柄による違いは大して無いのでしょうか?

答えはNOです。

違います。

かなり違います。


そう言い切れる根拠は例のトリトンです。


各塩への言及は控えますが、それぞれに特徴があってなかなか興味深かったです。

気になる方は是非ご使用の塩を計ってみると面白いと思います。



さて、私が現在使っている人工海水はクマリンシーソルトプレミアムですが、ロットのせいかもしれませんが以前計った時よりちょっとCaとMgが低い(開封したばかりの新品試薬での測定)ため、添加剤で補っていました。

しかし添加剤で水槽内の値を理想値に上げても、人工海水の値がそれを下回っていると換水した分だけ下がってしまうことになります。
つまり換水の度に海水と添加剤を捨てて、捨てた分の添加剤をまた入れる、ということ・・・。

なんのこっちゃw

よくよく考えてみると、ただ添加剤と試薬と手間を捨てているだけ・・・。(汗)(汗)(汗)



これではあまりにもバカらしいので塩を変えることにしました。

Caリアクターも最大300Lクラスの物なので少し非力ですし、減りやすい基礎パラメータは飼育の推奨値より高い方がいいですしね。

あ、これは決してクマリンシーソルトプレミアムが良くない塩というワケではありませんので誤解の無いようお願い致します。
高カルシウムが要求されるSPS水槽ではちょっと物足りないかな、という印象ですが、SPSメインでなければコスパの良い塩だと思います。



というワケで、フンパツしてトリトン推奨かつ海外でも評判がいいらしい「Tropic Marin PRO-REEF」を購入してみました。

20150312232822-69.jpg

どうでもいいですが、このようなバケツタイプの塩を買うのは初めてです。
空になったバケツは便利ですが、そんなに何個も要らないよね・・・。
捨てるのメンドクサイなぁ。

価格的にはかなり高価です。

公式サイトをよく読むとやはり色々と謳い文句が書いてありますが、要約すると医薬品グレードの塩を使って厳格な品質管理のもと、天然海水から見つかった70種類の主要・微量元素を正確な割合で含み、天然海水の組成に近づけた塩だと書いてあります。

まぁ謳い文句を鵜呑みにしてもうまくいかないのがアクアですから話半分に聞くとしても、値段が高いものにも安いものにもそれだけの理由があると私は思いますのでとりあえず使ってみようと思います。


早速水質測定してみたところ、なかなかいい感じです。

Salinity 35ppt
KH 8.8
Ca 440
Mg 1400

ちなみに公称値は
KH 7
Ca 440
Mg 1350
です。

カルシウムはもう少し欲しいところですが、メーカーはリアクターとの併用を推奨しているのでまぁこんなもんでしょう。

とは言えいきなり大量換水するのも不安なので、公式サイトの説明通り、週に10%の換水で進めてみようと思います。



さらに海水の作り方について今一度勉強し直したところ、メーカーや人によって説明がバラバラなのでこれも困惑しますね。

・溶けたらすぐ使ってOK
・○時間以上は撹拌するな
・最低24時間以上は撹拌しろ

撹拌の仕方も、

・エアレーションしろ
・エアレーションはするな

水温も、

・塩を溶かしながら温めろ
・水は使う直前まで温めるな

塩の入れ方も、

・全量分入れる
・少しずつ入れる

等色々です。
それぞれ理由はあるそうですが、同じ塩なのに何が違うんでしょうね。

ビギナー向けの説明だと、大体各項目の一つ目であることが多いですね。
まぁあまり仰々しくなると敬遠されますしカンタンな方がいいですからね。


もっとも、ちゃんとしたメーカーならキチンと理由があって出しているガイドラインだと思うので素直にメーカーの指示に従うのが間違いないでしょう。
例えばコーラルプロソルトは使用経験ありませんが、オフィシャルは4時間以上撹拌するなと言ってますね。
長時間撹拌すると白濁するそうです。







しかし今回この塩の使用にあたって海外のフォーラムの情報をいくつも見ましたが、このプロリーフに関しては24時間以上は撹拌した方がよいとの意見が多かったのでそうしようと思います。

溶けてすぐは見た目が透明でも、化学変化(pH)は落ち着いていないそうです。


エアレーションは特に記載が無いので不要かな?

なお水温が上がるとカルシウムが沈殿し白濁するので常温にて撹拌し、使用前に加温するのがいいそうです。
これについては他の塩で経験済みで、確かに夏場、高水温になった時に白濁したことが良くありました。
やはり化学変化が安定する前に水温が一定以上上がってしまうと、このようなことが起きるのかもしれません。
高KHの塩も白濁しやすいですね。


それと撹拌力が弱いと、塩を一気に入れた時に一時的に沈殿した部分が飽和状態となってしまい、成分の結合?析出?が起きる可能性がある為、本当は沈殿しないように少しずつ入れた方がいいみたいです。


その為、撹拌には低発熱でハイパワーなポンプが良いです。
今使っているのはRio+2100なんですが、コレが結構発熱するんですよね・・・。
余ってるDCウェーブポンプとかでもいいんですが、イチイチアダプターやコントローラーを引きずり回すのは使い勝手が悪いので、コラリア等のコンセントにブスリで使えるACウェーブポンプが良さそうです。
夏までに用意しようかな。


まぁ気にしたらキリが無いのですが、今後は丁寧な海水作りを心掛けてみたいと思います。


換水直後にサンゴがポリプを引っ込めたりミューカスを出していたら、それはストレスになっているハズですので海水の作り方を見直してみるといいかもしれませんね。


関連記事
[ 2015/04/08 ] 水質のこと。 | CM(10)

こんばんは。
水替えの多いベルリンでは塩のバランスは大切ですよね。
プロリーフはスペック良さげですが、ロット毎のブレもそれなりにあるみたいですね。
たしかアメリカのTAKAさんからそのようなコメントをされていたのを見たことがあります。
プロリーフ行くなら、一緒にトリトンメソッド行くのも良いのでは。
[ 2015/04/08 22:10 ] [ 編集 ]

最新号のマリンアクアリストにも人口海水について掲載されてましたが、めんどくさがりな私はバケツに水入れて一気に塩入れて手でかき混ぜて、溶けたらOK的なwww海水は1番重要なんだからもっと気を使わないとですねorz
[ 2015/04/08 23:03 ] [ 編集 ]

こんばんは!
私はいつもバケツで買ってるので沢山あります。
もうこれ以上は要りませんねw
温める前に入れた方が良いのですね!
温めてから溶かしてました。
次回から変えてみます。
もう、温かくなってきたので微妙ですが・・・・
家も同じメーカーの塩なのでいい結果を期待しています!
[ 2015/04/08 23:35 ] [ 編集 ]

mjnekoさん

> こんばんは。
> 水替えの多いベルリンでは塩のバランスは大切ですよね。

どもー。
そうですね。
でも多いと言っても今は週に10%しか換えてません。
もうしばらくしたらまたトリトンしようかと思っています。
プロリで大型水槽の大量換水はコスト的に大変ですw


> プロリーフはスペック良さげですが、ロット毎のブレもそれなりにあるみたいですね。
> たしかアメリカのTAKAさんからそのようなコメントをされていたのを見たことがあります。

ロットのブレはどうなんですかね。
輸送の振動の影響でバケツの上と下で結構違うことはあるようなので、海外フォーラムではバケツを床でローリングしろって書いてありましたw


> プロリーフ行くなら、一緒にトリトンメソッド行くのも良いのでは。

興味はあるんですけどね・・・。
せっかく回帰したのでもうちょっとベルリンで遊びます。
砂抜くのがメンドイとも言うw
[ 2015/04/09 11:01 ] [ 編集 ]

お疲れ様です!
先ほどはありがとうございます♪
ちょうど悩みカテゴリーがリンクしてとてもために記事でした!
海水作りは丁寧かつ用心してやらなければと痛感、、、
たまたま屈折計ではなく比重計で久しぶりに計ると明らかに低い…
慌てて屈折計を校正したら狂ってるありさま(笑)比重もどして再度やり直しですwド素人もいいところでした…涙。
[ 2015/04/09 11:01 ] [ 編集 ]

akiさん

> 最新号のマリンアクアリストにも人口海水について掲載されてましたが、めんどくさがりな私はバケツに水入れて一気に塩入れて手でかき混ぜて、溶けたらOK的なwww海水は1番重要なんだからもっと気を使わないとですねorz

あ、買ったけどまだ読んでませんw
それで問題ないのならおkですよ。

私のは自己満ですw
[ 2015/04/09 11:06 ] [ 編集 ]

コーレタンさん

> こんばんは!
> 私はいつもバケツで買ってるので沢山あります。
> もうこれ以上は要りませんねw

こんちは!
余ったバケツはどうしましょうw


> 温める前に入れた方が良いのですね!
> 温めてから溶かしてました。
> 次回から変えてみます。
> もう、温かくなってきたので微妙ですが・・・・

多分ですが、ビギナー向けの説明では溶かしてすぐ使うと思うのでその為に水温を上げるのかなと思います。
上げた方が溶けも早いですし。
溶かす前に温めても白濁が無ければ別に問題ないと思いますよ。

ただこの塩のように長時間の撹拌が必要だと、どうしてもポンプの発熱で水温が上がってしまうのでスタートは低い方がいいと思います。
まぁ日本の真夏は常温でも25℃超えますけどw


> 家も同じメーカーの塩なのでいい結果を期待しています!

塩の影響だけかはわかりませんが、実はこの塩ですでに4回換水していますが感触はいいです。
換水後にポリプが引っ込んだりすることが無くなりました。
水温と比重をしっかり合わせることも大事ですね。

[ 2015/04/09 12:21 ] [ 編集 ]

雫來さん

> お疲れ様です!
> 先ほどはありがとうございます♪

パイセンお疲れ様です!w

> ちょうど悩みカテゴリーがリンクしてとてもために記事でした!
> 海水作りは丁寧かつ用心してやらなければと痛感、、、
> たまたま屈折計ではなく比重計で久しぶりに計ると明らかに低い…
> 慌てて屈折計を校正したら狂ってるありさま(笑)比重もどして再度やり直しですwド素人もいいところでした…涙。

よく雑誌などでキレイな水槽をシンプルな管理で維持している方が「特別なことはしていない」と言っていたりするじゃないですか?
アレってきっとこういった取り上げるまでもないような基本の部分(比重や水温)が丁寧なんだろうなと思ったんです。
ていうかそれ以外に要因がないのでw

だから高価な機材や難しい管理が無くても、基本さえしっかりできていればそれなりの水槽は作れるハズ・・・と思って今挑戦しているトコロです。

あ、ちなみにMgは直近で1320でした。
ちょっと低いので添加中です。
ZEOmag20%入れてるんですけどね・・・どうもMgメディアは溶けが悪いです。
1300後半で維持を目標にしてます。
[ 2015/04/09 12:43 ] [ 編集 ]

たかが塩、されど塩。。。いや、たかが、ってことはゼンゼンないですよね。私も塩の影響ってもしかしたらすっごくでっかくない?ってヒシヒシと感じる今日この頃です。ちょっと前まで、どれも大して変わらんでしょ?いちおう魚が生きられるんだから、くらいにおもっちゃってましたけど、どうやら相当違うらしいですよね~。人間だって空気悪い所に住んでたら病気になりますもんね。大切ですよね。
[ 2015/04/10 01:24 ] [ 編集 ]

はなちゃんパパさん

> たかが塩、されど塩。。。いや、たかが、ってことはゼンゼンないですよね。私も塩の影響ってもしかしたらすっごくでっかくない?ってヒシヒシと感じる今日この頃です。ちょっと前まで、どれも大して変わらんでしょ?いちおう魚が生きられるんだから、くらいにおもっちゃってましたけど、どうやら相当違うらしいですよね~。人間だって空気悪い所に住んでたら病気になりますもんね。大切ですよね。


各種添加剤でコントロールする場合はあまり関係ないかもしれませんが、換水メインでとなるとやはり塩の影響はとても大きいと思われます。
人工海水による換水は必ずしも万能ではなく、換水量を下げたら調子が上がったという例もあります。
これは塩に何らかの過剰な成分が含まれていることが推察できます。

トリトンの登場は、今まで言わば目隠し状態で迷路のゴールを目指していたものが上空から見られるようになったというくらい革命的なものだと思います。

今後はイオンバランスに対する意識や管理水準が飛躍的に高まるでしょう。
各塩には特性がありますので、過剰になりがちなもの、または枯渇しやすいものがわかれば非常に管理しやすくもなりますね。

[ 2015/04/10 10:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。