スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

デバスズメダイとアオバスズメダイ。

こんちは、どにゃです。

海水魚の代表で、海水水槽経験者なら誰もが一度は飼ったことがあるであろう魚、スズメダイ。
特に企業やレストランなどの展示水槽には、100%入っていると言っていいでしょう。
一般の方でも「スズメダイ」という名前は知っている人も多いと思います。

ウチの水槽にも、スズメが10匹います。
それもほとんどの人が飼育経験者であろう、デバスズメ。

気の強い種が多いスズメダイでも、一般種の中では一番と言っていいくらい温和で、丈夫で安くて群れが楽しめるイイ魚ですよね。



色は決してハデではありませんが、よく見るとブルーグリーンに光ってとてもキレイです。
英名もそのままBlue-green chromisです。

IMG_3200.jpg


ウチの水槽にもデバが1匹だけいます。

IMG_3212.jpg


1匹?

そう、1匹だけです。


実は、他の9匹のデバはデバではありません。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、この魚はデバに非常によく似た「アオバスズメダイ」です。

IMG_3196.jpg


ショップで「アオバスズメダイ」として売られていることはありません。
デバとして入荷し、デバとして販売されています。

おそらくですが・・・デバと混在して入荷する為でしょう。
それをわざわざ手間をかけて分ける必要もない程に似ている魚です。


これがデバ。
IMG_3222s.jpg


これがアオバ。
IMG_3210s.jpg


でも、よ~く見ると違いが分かります。
見分け方は・・・


ココ。

IMG_3222ss_20150212175939365.jpg
IMG_3210ss_2015021217593977e.jpg


胸鰭の基部が黒くなっていないのが「デバスズメダイ」(上)で、黒くなっているのが「アオバスズメダイ」(下)です。
黒の上部分にはブルーの縁取りも光ります。


それ以外にも、目の回りや目から鼻にかけてのブルーのラインの発色がアオバスズメの方が濃く、光っています。

それと水面から見ると分かりやすいのですが、アオバは背鰭の基部と側線にブルーのラインが入っていて、ブルー光が当たるとキラキラ光っているんですが、デバにはそれがありません。


個体差もあるかもしれませんが、全体的な体色のブルーもアオバの方が半トーンくらい濃いように感じます。

まぁでも並べないとわかりませんがw


まとめると、デバはのっぺりとした印象で、ブルーが光るアオバの方がちょっとキレイです。



性格に関しては若干アオバの方が強いようで、僅かな小競り合いはあります。

でも本人(魚)たちも別種の認識がないのか?デバだけを責めたりすることもなく、10匹でいつも群れています。



自然界で混在しているのか?
各産地から集まった問屋で混ざるのか?
は定かではありませんが、必ず混ざっているワケでもなければ均等に混ざっているワケでも無いようです。
大抵の場合は、どちらかに偏っていることが多いとのこと。
そして通常は、混ざっていても選ってくれることは少ないでしょう。

あるいは顔馴染みのショップで、仲の良い店員さんに、お客さんが少なく店がヒマそうな時に頼んでみると聞いてくれる「かも」しれませんw
忙しい時に頼むのは自粛しましょう。

どちらにしてもよく群れてくれる飼いやすい魚なので、もう少し増やしたいと思っています。



皆さんちのデバはデバですか?アオバですか?




2/14追記:このことを知ったのはB-BOX松戸店さんの2014年7月のブログ記事でした。

http://boxmarinem.exblog.jp/20033662/

関連記事
[ 2015/02/13 ] おさかなのこと。 | CM(12)

前回のハナゴンベちゃんの記事、コメ入れようと思いつつ、多忙につき機を逸しました。。。超かわいいっすね。ぜひ将来の候補に。。。

にしてもデバとアオバの違い!これはすごいトリビアっすね。きっとうちの近所のショップの店員さん知らないっすよ。こんどジロジロ見てきます。
[ 2015/02/13 12:56 ] [ 編集 ]

これはしりませんでした!
以前デバ飼ってましたが今となってはどっちだったか…

個人的にはアオバの方が好きです^o^
[ 2015/02/13 17:38 ] [ 編集 ]

はなちゃんパパさん

> 前回のハナゴンベちゃんの記事、コメ入れようと思いつつ、多忙につき機を逸しました。。。超かわいいっすね。ぜひ将来の候補に。。。

ハナゴンベかわいいですよ!
ただし超ビビりなので導入時は気を使います。
是非ハナちゃんパパになって下さいw


> にしてもデバとアオバの違い!これはすごいトリビアっすね。きっとうちの近所のショップの店員さん知らないっすよ。こんどジロジロ見てきます。

トリビア懐かしいw
まぁ確かに知ってても特に役には立たないムダ知識ですね。
1歩マニアに近づくだけというw
[ 2015/02/13 18:15 ] [ 編集 ]

りんこパパさん

> これはしりませんでした!
> 以前デバ飼ってましたが今となってはどっちだったか…

まぁショップではデバですからねぇ。
知ってても別にいいことはありませんがw


> 個人的にはアオバの方が好きです^o^

私もアオバの方が好きです。
なのでアオバを探してるんですが、ここ最近のデバは混ざってませんね。
[ 2015/02/13 18:24 ] [ 編集 ]

なぁるほど~

別種だったんですね。ってきり地域差かオスメス差ぐらいに思ってました(笑)
あらためて水槽内のデバ軍団を眺めると。。。デバが何匹でアオバが何匹とか判定できません(;´Д`)一応両方いましたけど、小さいと尚更困難。

しかしよくご存知でしたね。尊敬しますo(^▽^)o
[ 2015/02/13 20:19 ] [ 編集 ]

こんばんは〜
これは知りませんでした^ ^
今となっては知る由もないですが、今度飼育する機会があったら観察してみます。
豆知識、続編期待してます^ ^
しかし良く知ってましたね〜
勉強家のどにゃさんらしいですね‼︎
[ 2015/02/13 20:36 ] [ 編集 ]

こんばんは!

デバスズメって地味に見られがちですけど、うっすらと青くて、自然光に当てるとキラキラしてて綺麗ですよね〜

自然界だと、水面付近に群衆してるようですし海の青さとのコラボは秀逸ですよね(^^


地味な魚にしっかりとスポットを当てるどにゃさんも凄いです!

後で家に帰ったら確認してみよ〜っと。
[ 2015/02/13 22:44 ] [ 編集 ]

○○りあーのさん

> なぁるほど~
>
> 別種だったんですね。ってきり地域差かオスメス差ぐらいに思ってました(笑)

○○りあーのさんは違いにお気付きだったんですね!
さすがです。

> あらためて水槽内のデバ軍団を眺めると。。。デバが何匹でアオバが何匹とか判定できません(;´Д`)一応両方いましたけど、小さいと尚更困難。
>
> しかしよくご存知でしたね。尊敬しますo(^▽^)o

小さいのいっぱいいたらカウントは難しいですね。
いや~、以前に何かで見たんですよ。
別に尊敬される程の事ではないですw
[ 2015/02/14 10:36 ] [ 編集 ]

雫來さん

> こんばんは〜
> これは知りませんでした^ ^
> 今となっては知る由もないですが、今度飼育する機会があったら観察してみます。

こんちは!
デバを買う際はちょっと気にして見るのも楽しいかもしれません。

> 豆知識、続編期待してます^ ^

続編なんてないですw


> しかし良く知ってましたね〜
> 勉強家のどにゃさんらしいですね‼︎

以前たまたま何かで見ただけで・・・あっ!思い出した!
B-BOX松戸店さんのブログでした。

http://boxmarinem.exblog.jp/20033662/
[ 2015/02/14 10:52 ] [ 編集 ]

ムコタマさん

> こんばんは!
>
> デバスズメって地味に見られがちですけど、うっすらと青くて、自然光に当てるとキラキラしてて綺麗ですよね〜

こんちは!
やっぱ太陽は最高の演色性ですからね。
昨年見た宮古島のルリスズメは太陽光でアレンズダムセルのようにキラッキラ光ってました。


> 自然界だと、水面付近に群衆してるようですし海の青さとのコラボは秀逸ですよね(^^

デバは大型魚の被食者なので、すぐに隠れられるよう主に枝サンゴを棲み処にしています。
なのでどちらかというと底付近ですね。
http://blog-imgs-19.fc2.com/c/h/o/chocoaki/IMG_0994.jpg

超浅場ではそれが水面付近になることもありますが。
http://umima-ru-zamami.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2012/09/15/20120913.jpg

あの色はまさにキレイな海の色ですよね。
これも保護色なのかもしれません。



> 地味な魚にしっかりとスポットを当てるどにゃさんも凄いです!
>
> 後で家に帰ったら確認してみよ〜っと。


私は別に凄くないですw
スゴイのはやはりプロですよ。
[ 2015/02/14 11:33 ] [ 編集 ]

この二種が混在している事は、何年も前の海水を始めた頃に本で読んだ事がありますが、すっかり忘れていましたw
魚や昆虫は見分けがつかない程似た種がいる事が多く、同じ種が後々に別種として再分類される事もあるので、我々が今飼っている魚でも別種に分けられる物が出るかもしれませんね。
[ 2015/02/15 22:48 ] [ 編集 ]

イェーガーさん

> この二種が混在している事は、何年も前の海水を始めた頃に本で読んだ事がありますが、すっかり忘れていましたw

さすがベテランですね!
ま、知らなくても困りませんからねw


> 魚や昆虫は見分けがつかない程似た種がいる事が多く、同じ種が後々に別種として再分類される事もあるので、我々が今飼っている魚でも別種に分けられる物が出るかもしれませんね。

きっとあるでしょうね。
個体差や地域差、交雑種なんかが混じるなか、どうやって判断するのだろう・・・。
[ 2015/02/16 12:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。