スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

宮古島旅行記 ~2日目~

さて、続いて2日目の宮古島です。


今日は・・・長いですぜw


ミスズさんのテルテル効果でスカッと快晴!
IMG_0635.jpg

ホテルで朝食をとり・・・
IMG_0636.jpg



今日はいよいよ海に潜ります!

今日のポイントまでは船で行くため、さすがにこどにゃは連れて行けないので、B8さんの奥さまに預けさせて頂き、私と嫁ちゃんの2人で出かけました。
IMG_0649.jpg
こどにゃゴメンね。
今日だけワガママさせて。
奥さま、申し訳ありませんがよろしくお願い致します。


まずはB8さんのご自宅へ向かい、こどにゃをお願いし、そこから3人で狩俣(かりまた)の港へ。
IMG_0651.jpg


地図で言うと北端のY字になっているところ。

map2.jpg

その北西にあるのが池間島(いけまじま)です。

目的地は池間島よりさらに北にある、「八重干瀬(やびじ)」という有名なサンゴ礁です。

八重干瀬 - Wikipedia

日本のグレートバリアリーフと言ってもいいでしょう!

なんとそこへ連れていって頂けると聞き、とっても楽しみでした。




このやびじ、年に一度「超大潮」になる時期があり、その干潮の際にはサンゴ礁の一部が完全に露出してしまうそうです。
そこへフェリーで渡してもらい、露出したサンゴ礁を散策する観光ツアーが人気だそうです。

サンゴ礁の魅力満喫/八重干瀬観光が開幕

しかしこのツアーには賛否があります。
あとで水中写真を紹介しますが、やびじはほぼ隙間なくサンゴが密集しているため、そこを歩くとなるとサンゴを踏まずにいることなどまず不可能です。
つまり数百人がグシャグシャとSPSを踏み潰しまくるワケです。
サンゴを飼育している者からしても、いくらチャイロイシとはいえ気分のいいものではないですよね。

主催しているフェリー会社にとっては大事な観光収入なのもわかりますが、サンゴ礁を必死で保護している人たちにとっては発狂モノでしょう。

しかし、今建設中の「宮古島と伊良部島を渡す橋」が完成すればフェリーの運航はなくなるそうなので、このツアーもなくなるかも?とのこと。



さて、話を戻します。



港ではB8さんのお仕事のパートナーである漁師さんお二人(男性と女性)を紹介してもらいました。

私の「漁師」のイメージは、ぶっきらぼうというかつっけんどんな感じでしたが、このお二人はとっても優しくて気さくなステキな方々でした。

他にも漁師さんのお客さんの方2名がいらっしゃったので、合計7名での出船です。


IMG_0652.jpg

お天気はやや薄曇りですが、カンカン照りよりはかえってよかったです。
IMG_0661.jpg

あの橋をくぐっていきます。
IMG_0653.jpg
手前の白い部分は浅瀬。

しばらく行くと深い海の色に。
遠くに見えるのが大神島です。
神様が宿る神聖な島だとか。
IMG_0656.jpg


港から30~40分ほどで、やびじに到着。

実は私、全く泳げないわけではないんですがハタチぐらいの頃に海でちょっと無理をして溺れて死ぬかと思った経験があり、それ以来ぶりの海なんです。
なので結構怖いw

緊張で呼吸が早まり、シュノーケルもお風呂で練習したんですが波で揺れてうまく息ができず、しかもここが結構深いし流れもあって、超ビビりましたw

ライフジャケットはお借りしたんですが、そんなワケで海に入った瞬間に船のハシゴにしがみつき

「あ、コレ無理だわ」と思いましたw

でも一瞬だけ海の中を見てみたらそこには・・・





※ここからの画像は急遽用意した安い水中デジカメで、WBの設定のせいか写真の外周部が赤っぽくなってたりします。
おまけに波に揺られながらの撮影の為、ほとんどがブレやピンボケしています。(それでも選別した結果ですが)
安カメラなので色の表現も悪いですし、枚数が多すぎて補正も面倒なので無編集でお届けします。

泳ぎも得意ではないですし、シュノーケリングも初体験なので最初の方はシャッター押すだけで精一杯!!
それでもなんとか頑張って撮ってきたので雰囲気だけでも伝われば、という程度にご覧下さいw








水面からは見えない、
キラッキラの海で輝く一面のサンゴ礁が目に飛び込みました!!



IMG_0027.jpg


IMG_0028.jpg

この瞬間の感激ったらもう・・・
心の中で「すげえええええぇぇぇぇぇぇぇえぇぇぇ!!!!」と叫びましたよ!!w

写真なんかでは全然伝わらないキレイな景色ですよ!


でも怖すぎて一回船上へ戻りましたw


どうしよう・・・怖い・・・でもせっかくここまで来たのにここでビビってたら勿体なさ過ぎる・・・でも怖い・・・みたいな葛藤w

B8さんも「ここは上級者向けですねw」とか言ってるしw
いやあの私初級どころか思いっきり初めてなんですけど・・・w

でもやっぱり「サンゴ見たい!」という気持ちが強く、シュノーケルの角度を見直し、再度入水。

今度はうまく息ができました。
どうやらシュノーケルの角度が悪かったようです。
でも緊張でハァハァと息が荒い。

怖くてハシゴから離れられないw

とりあえずつかまってれば流される心配はないので、ひとまず海中を覗きながら息を整えていると、そんなチキりまくっている私を見かねたのかB8さんが遠くから戻ってきて

「息は普通にできますよね?コレにつかまって下さい」と棒を差し伸べてくれました。

ハシゴと棒のどっちを離すか一瞬迷ったんですが、ライジャケ着てれば死にはしないだろう、と意を決してハシゴを離しました!
今、私の命はB8さんにかかっていますw


そうして私を少し離れた浅めのところまで連れて行ってくれました。
私はその間シュノーケルでうおー!うおー!言いまくり、シャッターを押すのに必死w


谷のようになっていたり
IMG_0029.jpg

キレイなグリーンとパープル。
IMG_0031.jpg

濃いパープルのスゲかな?
IMG_0034.jpg


この辺は少し浅くなります。
と言っても足はつきません。
水深2~3mくらいでしょうか。
IMG_0035.jpg

でも所々高くなっている場所があり、ギリギリ足がつくような所もありました。
波があるのでとても立ってはいられませんが。

IMG_0036.jpg

色のついたサンゴは浅い場所の方が多かった気がします。
IMG_0037.jpg

色んな種類のサンゴがひしめき合っています。
IMG_0038.jpg

もうとにかくサンゴがいっぱいですごいすごい!
色がどうとかよりもその景観に圧倒されっぱなしです!
IMG_0039.jpg

どこまでも透明な宮古島の海。
IMG_0041.jpg

視界は何mあるのでしょうか。
IMG_0042.jpg

パープルのスゲ?をグリーンのウスコモンが取り巻いています。
サンゴ同士の熾烈な勢力争いを感じさせます。
IMG_0044.jpg

ピンクのショウガ?ハナヤサイ?
IMG_0046.jpg

海の中ではピンクが目立ちます!
IMG_0047.jpg

こんなところをサンゴを踏まずに歩けますか?
IMG_0049.jpg

キレイなグリーンのテーブル。
IMG_0051.jpg

地形は複雑です。
IMG_0053.jpg

サンゴまで数mはありますが、視界はとってもクリアーでサンゴがハッキリクッキリ見えます。
IMG_0054.jpg

こういう窪んで深くなっているところにはお魚もいっぱいいたんですが、遠いし速いしでうまく撮れませんでした。
かろうじてチョウチョウウオ。
IMG_0056.jpg

お気付きかもしれませんが、このポイントにはスギなどのエダ系がありません。
おそらく流れが強いからでしょう。
IMG_0058.jpg
ほとんどが塊状のコリンボースタイプです。
あとテーブル。
やはりテーブルは水流がお好きなようです。
参考になりますね。

ハナヤサイの軍団。
ピンクの隣に茶色があります。
IMG_0059.jpg
光も水質も水流も最高で、全く同じなのにね。
生息している環境と、色が揚がる環境は必ずしもイコールではないってことですね。
あるいは、ピンクになる素質を持っていない個体なのか・・・私にはわかりません。


浮いている嫁ちゃんw
IMG_0064.jpg
後ろが船です。
船の近辺は深かったです。
水深の感覚がないので定かではありませんが、5m~7mくらいかな?






次はもっと浅いポイントへ連れて行ってもらいました。

移動中。
気持ち悪い写真だなぁ。
ダメだこのカメラw
IMG_0066_201407021637481b7.jpg
次の機会はもうちょっといいの買おう。



次のポイントは一変して初心者向けでした。

コレコレ!
コレが本来の景色です。(嫁ちゃんコンデジ)
IMG_0664.jpg
ココはさっきよりずっと浅そうです!

おお!浅い!
どのぐらい浅いかというと・・・
IMG_0070.jpg

このくらいw
IMG_0078.jpg

約1mです。
IMG_0080.jpg
ココの地面はほぼ平らでした。

流れもゆったりで、コレなら怖くない♪
IMG_0111.jpg

ココが最初だったら、シュノーケリングにも少し慣れてさっきのところもあそこまで怖くなかったかなぁ~なんて思いながら、安心してじっくり楽しませてもらいました。


ん?ゴルフボールみたいのがある?と思ったらキクメイシでしたw
IMG_0067.jpg

イエローのテーブルがキレイでした!
IMG_0077.jpg

コレもなかなかキレイ。
IMG_0074.jpg

肉眼ではもっとキレイなんですが・・・。
IMG_0069.jpg

色なしもあります。
IMG_0075.jpg

コレは激美でした!
ブリード物サイズ、持って帰りたかったw
IMG_0089.jpg

ブルー系。
IMG_0092.jpg

イエロー系のパステル。
全然色が表現できてないのが残念。
IMG_0083.jpg

それのすぐそばにあった、コチラはピンク系のストロベリーっぽい個体。
ホント、肉眼ではキレイなんですよ。
水槽の照明当てたら絶対キレイだと思います。
IMG_0084.jpg


ちょっと遠いけどルリスズメがキレイでしたよ~♪
IMG_0085.jpg

クリックしないとわからないかな。
IMG_0097.jpg


まっピンクのハナヤサイ。
IMG_0095.jpg


黄色いベラが数匹の群れで泳いでいました。
IMG_0099.jpg


色は薄いけどスギノキ発見!
IMG_0101.jpg

でっかいテーブル。
2m以上あったかも。
IMG_0106.jpg


ピンクハナヤサイ。
IMG_0108.jpg


ルリは海でもケンカしてました。
IMG_0109.jpg


大きいナントカチョウチョウウオw
チョウは全然わからない・・・。
IMG_0113.jpg
2匹だけで寄り添っていたのでペアだと思います。


いろんなおさかながいましたね。
IMG_0114.jpg


立派なテーブルサンゴのそばにはキクメイシが転がっています。
IMG_0115.jpg


コレもキレイだった~!
IMG_0117.jpg


ちょっと赤っぽいクシハダ?
IMG_0119.jpg



このポイントは、なんていうか・・・「死にゆくサンゴ礁」という印象を受けました。
ご覧のとおり、さっきのやびじに比べてサンゴの密度も低いし、色の薄い個体が多かったです。
パステルと言えば聞こえはいいですが、要は半白化です。
イエローもほとんどの場合はグリーンが薄くなったもの。

最初のポイントはイエローなんてなかったし、パープルもグリーンも濃い色でしたもんね。
そう、まさにメタハラベルリンのあの色。

ここは褐色の個体も色が薄く、チャイロイシというよりベージュイシです。

でも小ぶりな個体があるってことは、最近育っているという表れでもあるし、う~ん・・・。
私の勝手な思い込みであればいいのですが。



ここで漁師さんが獲ったシャコガイ!
IMG_0120.jpg
デカすぎw


休憩中の私。
IMG_0663.jpg
私、船も過去にひどく酔ったトラウマがありまして、この辺から若干船酔いが・・・w
走ってれば全然平気なんですがね。



そしてまた移動。

次は水深3mくらいの中級者コース。

もうずいぶん慣れたので怖くはありませんでした。

ちょっと深いせいか、パープルっぽいピンクハナヤサイ。
IMG_0127.jpg


薄いブルー系のスギノキ。
IMG_0129.jpg


ツノダシがいた!
IMG_0146.jpg
ショップで見る魚を海で見るとなぜか感動しますw


数メートル級のテーブル。
IMG_0150.jpg
何年かかったんでしょうかねぇ~。

コレもデカい。
IMG_0151.jpg


コレは結構キレイなブルーのスギ系。
IMG_0154.jpg
隣はトゲサンゴでしょうか?


付着物の少ない、ZEO向きな枝状ライブロックがたくさんw
IMG_0148.jpg


根元からもげてひっくり返った巨大なテーブルが!
IMG_0156.jpg

大きくなればなるほど、水の抵抗が増えますからね。
台風とか来るとサンゴ礁はグシャグシャになるそうですよ。


あ、あとカクレ付きハタゴもいましたよ!
ちょっと深くて寄れなかったので、翌日のポイントにもいてイイ画が撮れたので次回に。


絶賛船酔い中w
IMG_0666.jpg
もう遠くしか見れないw

降りたら降りたで波酔いするし・・・。


でもそろそろ時間も時間なので帰路につきました。(ホッw)

IMG_0669.jpg

漁師さんとB8さんはハタゴやイボハタ、ソフトコーラルなどを少し採取していましたが、素潜りなのでハタゴ1匹獲るのに3人で数十分かかってましたよ。
沖縄ではタンク背負って漁をしてはいけないんだそうです。
しかもほとんどがデカいノーマルカラーなので、キレイで小さい沖縄産ハンドコートハタゴは高くて当然だな、と思いました。


てことで港に到着。

いや~、船酔いはちょっとキツかったものの、サイッコーに楽しかったです!
感動、感激の連続で、本当に素晴らしい体験でした!!
海で見る雄大なサンゴ礁の美しさ、素晴らしさを実感しました。


サンゴを飼育しているからこそ楽しめた部分も多かったと思います。
海の生き物にとって、水槽がいかに異質な空間かがよくわかりましたよ。
ましてや色揚げなんてね・・・。

色々感じたことはありますが、とにかく楽しかった!感動した!それだけです!

八重干瀬、ありがとう!!





そしてB8さんちに帰り、こどにゃを連れてホテルへ戻りました。
ちなみに一度も泣かなかったそうな。
奥さまにご迷惑をおかけせずに済んでよかった。
偉いぞこどにゃ!
でもゴメンね。


夕食は今日の漁師さんお二人とB8さんファミリーと私たちでご一緒させて頂きました。


お店はこちらの「海鮮 悟空」

IMG_0744.jpg


B8Jrはまぁ~人懐っこくてめちゃくちゃかわいいんです。
IMG_0676.jpg


そんな子供たちと戯れながら、船盛りなんかを頂きました。
IMG_0687.jpg



奥のお二人が漁師さんで、手前がB8さんと私。

ダイバー(漁師さん)が獲り、シッパー(B8さん)が送り、ユーザー(私)が買う、というアクアリウムの流れの出来上がりw
IMG_0688.jpg

この漁師さん達がとにかくいい人で、さすがB8さんのパートナーだなぁと思いました。

私たちが漁のことを知らないように、漁師さんたちもまた、アクアのことなど全く知りません。
それがお互い妙に面白くて、めちゃくちゃ盛り上がりました♪

「色がキレイで小さい沖縄産ハタゴなら東京で買ったら○万円ですよ」→「どひゃー!!」 とか、
海で石ころのように転がってるマガキは向こうでは食用で、ボイルして1個1個手間かけて剥いたむき身がキロ700円だとか。(むき身でキロって何匹なんだ!?)

「こっちじゃ生きたままで3個700円ですよ」→「ええー!」 とか、とにかく面白かったです。

まぁ浜値と小売り比べてもアレなんですけどね。




でも、漁師さんに言われちゃいましたよ。


「でも、サンゴとか魚とか水槽で飼って何が面白いの?」って。


そりゃそう思うでしょうねw
生まれた時から目の前にあの海があるんですもの。


なんて言えばいいのかわからなかったので、

「こっちにはあんな海はないので、こういう水槽を家で眺めたいんです。」

と言って、ウチの水槽が一番キレイだったとき(笑)の画像を見せたら

「何これすごい!これサンゴ!?生きてるの!?作り物じゃないの!?」ととても驚いていました。

海ではほとんどが茶色ですからね。

キレイなミドリイシ水槽がいかに不自然なものなのかが実によくわかりましたw




皆さんならなんて答えますか?





大いに盛り上がった夜は時間が経つのも早く、あっという間にお開きに。

とってもとっても楽しかったです!

B8さんと漁師さんは2軒目に行かれたようですが・・・w


昼は船と波に、夜は酒にと1日中酔いましたが最高な1日でした♪




明日も潜るよ!!





関連記事
[ 2014/07/03 ] 日々のこと。 | CM(12)

こんにちは~
いや~楽しそうw
最高ですね!
海の男に悪い奴はいないと信じてるA8ですw

B8さんもすっかり現地人化してますね(^O^)
いい人達と巡り会えて良かったですね。
こういう人と人の繋がりが大好きです。

私は沖縄は慶良間しか潜ったことないのですが、宮古は比較にならないですね!
必ず行きます!


ってどにゃさん、海苦手だったのねwww

悪いけど爆笑させてもらいましたw

慣れてないと船酔いも波酔いも辛いですよね(>_<)

毎日海に入れば直ぐになれますよw
一ヶ月休暇もらって住み込みすれば・・・w?


[ 2014/07/03 12:38 ] [ 編集 ]

どにゃさん、こんちは

わかるうう
船酔い

でも楽しそう!!
[ 2014/07/03 14:27 ] [ 編集 ]

いやはや、本日も楽しませてもらいました。

海中でご覧になった景色はまさに絶景ですね。
自然界での領有権、日照権争いは熾烈だということを痛感しますね。

ワタクシ事ですがパラオで見たナカモトイロワケハゼのペアを現地
ガイドさんに「日本では10万以上」だよと言ったら固まってましたw

こどにゃちゃん 超カワユス♪
[ 2014/07/03 15:10 ] [ 編集 ]

こんばんは〜
沖縄旅行とは羨ましいです!
たくさんの写真、見てて自分も沖縄にいるような気分になりました!
とても楽しませて貰いました。どうもありがとうございます!
思ってたより魚が少ない印象でした。

次の記事も楽しみにしてま〜す!!

[ 2014/07/03 21:49 ] [ 編集 ]

どにゃさんこんばんは!
素晴らしいですね。
私も今からワクワクしてますw
この趣味やってると自然のサンゴを見る目も違いますよね!
小ぶりで綺麗なのを探してしまいますねw
[ 2014/07/03 22:26 ] [ 編集 ]

こんばんは
海怖いですよね。深い海を見るだけで…以前は水槽の水流を上から見るのも少し苦手でした。
色はともかく、どのサンゴも良い形していますね。やっぱり水流が大切なのかな…どれぐらいの勢いだったのか後で教えてください。
[ 2014/07/03 22:43 ] [ 編集 ]

エーエイトさん

> こんにちは~
> いや~楽しそうw
> 最高ですね!
> 海の男に悪い奴はいないと信じてるA8ですw

こんちは!
最高に楽しかったですよぉ!
いや、この漁師さんが被害に遭った悪い奴の話も聞きましたよw
人の良い方で全然怒ってませんでしたがw


> B8さんもすっかり現地人化してますね(^O^)
> いい人達と巡り会えて良かったですね。
> こういう人と人の繋がりが大好きです。

ですね!
船でどこでも好きなところ連れてってあげるよ!と仰ってくれるくらいいい人でした!



> 私は沖縄は慶良間しか潜ったことないのですが、宮古は比較にならないですね!
> 必ず行きます!

B8さんも石垣とかいろいろ行かれたようですが宮古が一番と言ってましたね。


> ってどにゃさん、海苦手だったのねwww
>
> 悪いけど爆笑させてもらいましたw

ええ実は・・・w
後半はずいぶん慣れたんですけど最初はマジビビってましたw


> 慣れてないと船酔いも波酔いも辛いですよね(>_<)

クルマは全然平気なんですが船はダメです・・・。


> 毎日海に入れば直ぐになれますよw
> 一ヶ月休暇もらって住み込みすれば・・・w?

帰りたくなくなること必至w
[ 2014/07/04 10:06 ] [ 編集 ]

vivimiuさん

こんちは~。

> わかるうう
> 船酔い
>
> でも楽しそう!!

viviさんも船酔いしますか?

めっちゃ楽しかったですよ♪
[ 2014/07/04 10:07 ] [ 編集 ]

ミスズさん

> いやはや、本日も楽しませてもらいました。

楽しんで頂けて嬉しいです!


> 海中でご覧になった景色はまさに絶景ですね。
> 自然界での領有権、日照権争いは熾烈だということを痛感しますね。

やびじは建物が密集する東京のような感じでしたね。


> ワタクシ事ですがパラオで見たナカモトイロワケハゼのペアを現地
> ガイドさんに「日本では10万以上」だよと言ったら固まってましたw

貨幣価値も違うでしょうからねぇ。
パラオも行ってみたいな~。

> こどにゃちゃん 超カワユス♪

ありがとうございますw
嫁ちゃんが喜んでましたw
[ 2014/07/04 10:11 ] [ 編集 ]

oriftaさん

> こんばんは〜
> 沖縄旅行とは羨ましいです!

こんちは~。
oriftaさんもいつか是非!
リーファー垂涎の海が楽しめますよ。

> たくさんの写真、見てて自分も沖縄にいるような気分になりました!
> とても楽しませて貰いました。どうもありがとうございます!

いえいえ。
少しでもお楽しみ頂ければ嬉しいです!

> 思ってたより魚が少ない印象でした。
>
> 次の記事も楽しみにしてま〜す!!

魚は居るにはいましたけどウヨウヨって感じではなかったですね。
多分もう少し深いところだと思います。

[ 2014/07/04 10:15 ] [ 編集 ]

コーレタンさん

> どにゃさんこんばんは!
> 素晴らしいですね。
> 私も今からワクワクしてますw

こんにちは!
やびじは本当に素晴らしいですよ!


> この趣味やってると自然のサンゴを見る目も違いますよね!

キレイなの見るとつい値段をつけてしまいますw


> 小ぶりで綺麗なのを探してしまいますねw

はいw
あと発泡とビニール袋も・・・w
あ、でも海でしか見られない巨大な群体も圧巻ですよ!

[ 2014/07/04 10:20 ] [ 編集 ]

mjnekoさん

> こんばんは
> 海怖いですよね。深い海を見るだけで…以前は水槽の水流を上から見るのも少し苦手でした。

こんちは。
nekoさんも海苦手ですか。
ってそこまで!?

> 色はともかく、どのサンゴも良い形していますね。やっぱり水流が大切なのかな…どれぐらいの勢いだったのか後で教えてください。

確かにカタチはどれも美形でしたね。
水流に由来するのは間違いなさそうです。

勢いですか?
写真を撮ろうとした瞬間に体が数十センチくらいグワッと動くくらいですw
[ 2014/07/04 10:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。