スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

非魔人化した結果。

どうも、魔人ナンバー002のどにゃです。


当方の換水ペースは毎週40Lです。
魚やサンゴの生体数が少ない頃は20Lでしたが、これはSPSメインの水槽になってからはほぼ欠かさずやってきたペースです。

たまの大量換水などでこれを上回る事はあっても、下回る事はありませんでした。


しかし11月は試験的に毎週40Lのペースを隔週にしてみました。
これでは魔人之会の規定(100L/月)を満たさないので欠格です。

理由は特にありません。
好奇心です。

あと某会長の真似っこ。(笑)

特に変わらないなら換水は少ない方がいいよね、という程度。

リン酸もこないだ計ったら「0ppb」だったし。






で、1ヶ月過ごしてみた結果・・・


明らかに水の透明度は下がり、サンゴはやや色落ちし、3個溶けました。


一失敗例として画像を公開します。

IMG_1836sss.jpg

おそらく今までの強光障害で先端から共肉が薄くなっていたところに換水不足でトドメとなったと思われます。
共肉が消失し骨格が露出してしまっています。


別個体。
IMG_1837ss.jpg

緑丸はギザギザした骨格が露出してしまっています。
赤丸はうっすら膜のように共肉が写っていますが、もうこれは復活しません。

これらの個体は触るとガサガサでミューカスも出しません。



比較用に、健常な個体の先端。
IMG_1840ss.jpg

共肉にしっかりと肉厚があり、触るとヌルっとしておりミューカスを出します。



おさかなは変化なし。


まぁ溶けた3個のうち2個はその前から状態イマイチ(多分強光障害)で怪しかったんですけど。(言い訳)

ある日先端からお肉がぴらぴら~っと・・・。(涙)

ギリギリ保っていたところに留めとなってしまったようです。



ゴメンなさい。

悪気は無かったんです。

とはいえ生き物であるサンゴを死なせてしまったことには違いありませんから反省しています。

この実験は大きな被害となってしまいました。


なので即刻中止し、いつもの倍の80L換水しました。


20131201175903-280.jpg


茶色い・・・。





サボったせいか、水もだいぶ黄ばんでいました。

20131201175926-721.jpg

右が新水、左が飼育水です。

いくら栄養塩が低い飼育水であっても、目視ではこんなに汚いんですね。


いい水は栄養塩が低いですが、栄養塩が低い水がいい水とは限らないということですね。
この飼育水は栄養塩こそ低いですが、どう見てもいい水には見えません。


淡水のブラックウォーターや金魚のグリーンウォーターの例もありますから、色がついてる水がダメとも限りませんが、ことサンゴ飼育に関してはやはり透明なほどいいと言って差し支えないのではないでしょうか。



この黄ばみの正体は「フミン酸」と言われています。
フミン酸の除去には活性炭やオゾンが有効とのことですが、じゃあそれらでフミン酸だけなくせばいいのか?というと、そういうワケでもないでしょう。

それ以外にも蓄積された余計な物があるでしょうし、逆に消費されて少なくなった物もあるはずです。
それらを一括でリセットするためにも換水が一番安心確実なんだと思います。

※あくまでウチの場合。






ちなみに最近は添加剤はあまり入れてません。

ヨウ素を少な目に入れるくらい。
今まで炭素源を入れてましたが止めて、Sponge Powerに切り替えてみました。
(Sponge Powerが炭素源の替わりになるという意味ではありません、念のため。)



あとは換水時にアミノ酸をちょっと、それとZEObakです。
ただこのZEObakも古いのでどこまで効いてるのか微妙ですが、嫌な匂いはしてないので貧乏性で入れてます。

色揚げ系、色抜き系は控えていますが、使っていた時と比べて何か違うかといわれるとう~ん・・・、て感じです。
この辺はやっぱりZEO環境じゃないとイマイチなのかもしれません。




ということで、次の実験はその検証として、毎週40Lを毎週80Lに強化してみたいと思います。
これもかつてやった事が無いペースです。


ちなみにウチの水槽はおそらく実水量が160-170L前後と思われるので、40Lは約1/4、80Lは約1/2くらいになるはずです。



果たしてサンゴの色は取り戻せるのか!?






答えは1ヶ月後に。



関連記事
[ 2013/12/06 ] サンゴのこと。 | CM(10)

こんばんは
初めましてsiokazeと申します。よろしくお願いします。

実は以前から、よくどにゃさんのブログを拝見させていただいておりました。
つまり読み逃げしてました(爆)
すみません^_^;

リーフタンクの水替えって大変ですよね
RO水作って混ぜてってするの…
私も以前は毎週40ℓとか60ℓとか換水してましたw

今はバイオアクティフにしたので、2週に1回10%の換水でOKになりました(^^♪
っていうか、塩の性質上それ以上やったら溶けます(あくまで私の経験上ですが…)
換水に疲れたら、一度検討してみてはいかがですか?
[ 2013/12/06 17:24 ] [ 編集 ]

おはようございます。

なんか気があいますね。
僕も最近、週60から80Lの水換えを
この一ヶ月40まで落として試してみました。

微妙な感じです。
明日は休みなので60くらい換水しようかと思ってた所です。

うちは炭素源を添加しウールボックスに活性炭入れてるので透明度はあまりかわらないとおもってましたが、いつも海水をそのまま捨ててたので一度確認してみます。
[ 2013/12/07 09:20 ] [ 編集 ]

うう~、どにゃさん、0ppbでこんなに勤勉に換水されているのですね。。。というか、もしかしてこれってSPS飼育者の標準的なノルマなのでしょうか。。。

確かに栄養塩が低い=水質が良いってことではなさそうですよね。ウチもバイオペレットリアクター入れてから爆裂に栄養塩が低下したはずなのに、最近の餌付けのために給餌量増やしたら、がっつり苔生え始めましたから。

やはり行き着くところは、換水という地味で献身的な営み、というわけですね。。。
(T-T)
[ 2013/12/07 11:31 ] [ 編集 ]

どにゃさんこんにちは!
しかし、凄い量の換水ですね!
家は、週一で15lです。(10%程度)BIO-Actifなのでこにくらいで良さそうです。気合い入れて100lのタンク買ったのですがなかなか、使う機会ありませんw調子悪くなったとき大量に換水してしまいましたが、BPの場合は、あまり良くないようです。私は、試しに2週に1度にしてみようかな!
[ 2013/12/07 13:34 ] [ 編集 ]

siokazeさん

> こんばんは
> 初めましてsiokazeと申します。よろしくお願いします。

siokazeさん初めまして!
コメントありがとうございます。
こちらこそよろしくお願いします。


> 実は以前から、よくどにゃさんのブログを拝見させていただいておりました。
> つまり読み逃げしてました(爆)
> すみません^_^;

ホントですか!
ありがとうございます。
読み逃げ歓迎ですよ。
コメントは大歓迎です。(笑)


> リーフタンクの水替えって大変ですよね
> RO水作って混ぜてってするの…
> 私も以前は毎週40ℓとか60ℓとか換水してましたw

換水は皆さんあまり好きじゃないようですね。
私は結構好きですのでそれほど苦ではありませんよ。
強いて言えば排水場所が遠いので長いホースを使うのが億劫なくらいです。


> 今はバイオアクティフにしたので、2週に1回10%の換水でOKになりました(^^♪
> っていうか、塩の性質上それ以上やったら溶けます(あくまで私の経験上ですが…)
> 換水に疲れたら、一度検討してみてはいかがですか?

ZEOもそうですが、その量で済むならとても楽ですね。
とは言え全ては生体密度で決まると思います。
ウチは水量の割にサンゴも魚も多いのでw

[ 2013/12/07 13:58 ] [ 編集 ]

vivimiuさん

> なんか気があいますね。
> 僕も最近、週60から80Lの水換えを
> この一ヶ月40まで落として試してみました。

あら、ホントですね。(笑)


> 微妙な感じです。
> 明日は休みなので60くらい換水しようかと思ってた所です。

微妙ですか~。
私も明日換水します。


> うちは炭素源を添加しウールボックスに活性炭入れてるので透明度はあまりかわらないとおもってましたが、いつも海水をそのまま捨ててたので一度確認してみます。

私もいつもは直排水です。
試しに見比べてみるのも何か分かるかもしれませんね。
[ 2013/12/07 14:00 ] [ 編集 ]

はなちゃんパパさん

> うう~、どにゃさん、0ppbでこんなに勤勉に換水されているのですね。。。というか、もしかしてこれってSPS飼育者の標準的なノルマなのでしょうか。。。

0ppbでもサンゴはキレイにならないことがわかりましたのでw

う~んどうでしょう。
システムや生体密度(特に魚)にもよりますから一概には・・・。
こればっかりは増やしたり減らしたりして自分でベストを見つけるしかないと思いますよ。
そういうのを探すのもまた楽しみかと思います。
誰かが定めた事をやるだけではただの「作業」なので面白くありません。(私は)


> 確かに栄養塩が低い=水質が良いってことではなさそうですよね。ウチもバイオペレットリアクター入れてから爆裂に栄養塩が低下したはずなのに、最近の餌付けのために給餌量増やしたら、がっつり苔生え始めましたから。
>
> やはり行き着くところは、換水という地味で献身的な営み、というわけですね。。。
> (T-T)

コケはZEOでも出ますからね。
ウチなんてZEOに比べたら富栄養ですよ。
バイオペレットについては経験がないのでぴ@先生に聞いて下さいw
ただ、やはり現状では一番簡単で確実な方法は換水だと思います。

[ 2013/12/07 14:18 ] [ 編集 ]

コーレタンさん


こんにちは!

> しかし、凄い量の換水ですね!

そうですかね?
これでも生体が増えてきた最近は不足だったのかもしれません。
週に1/4と考えれば大したことない割合ですからね。
もっと大きなタンクの人は100L単位ですからねぇ・・・。


> 家は、週一で15lです。(10%程度)BIO-Actifなのでこにくらいで良さそうです。気合い入れて100lのタンク買ったのですがなかなか、使う機会ありませんw調子悪くなったとき大量に換水してしまいましたが、BPの場合は、あまり良くないようです。私は、試しに2週に1度にしてみようかな!

BPの場合はよくないようですね。
これは個人的なイメージですが、BPはサンゴに特定の要素を消費させる為に敢えて水質を徐々に傾けて(太らせて)いくものだと思っています。
褐虫藻を強制的に抜いて足りなくなったものを他で補うように仕向けて行くというか、サンゴを偏食家にさせるというか。
(ZEOとActifはちょっと方向が違いますが)

そのため、大量換水をすると今まで使っていた栄養素なりバクテリアなりが豊富な「太った水」がいきなり「痩せた水」になってしまうため調子を崩すのだと思います。
ベルリンは逆に「痩せた水を戻す」作業なので、両システムのそれは真逆の意味になるのでしょう。

特に魚が多いと給餌量も多くなりますから「汚れた水」になり、それを排出する為の換水が多く必要になりますよね。
ベルリンでは「痩せ」と「汚れ」を同時に解消できる換水が、BPでは「汚れ」だけでなくせっかく太らせた水も一緒に捨ててしまう上にその水の太らせ方も極めてシビアな為、魚いっぱいとの両立を難しくしているのかな?と思います。

だからZEOのサンゴの色を保ちつつ魚いっぱいにするのは私の夢ですが、事実上不可能でしょうねw





[ 2013/12/07 15:30 ] [ 編集 ]

こんばんわ。

うちも最近、忙しさにかまけて50L/週なんですが、
やっぱり、これじゃ調子悪いですね。

先日BPリアクターを稼動させましたが、調子が戻るまで
80Lくらいにしようと思います。

なかなか魔人活動から足を洗えませんw。
せめて2週に1度ならとも思いますけど、もう慣れてますので
あまり苦ではないんですけどね。
[ 2013/12/12 00:46 ] [ 編集 ]

あくあ12さん


こんにちは~。

> うちも最近、忙しさにかまけて50L/週なんですが、
> やっぱり、これじゃ調子悪いですね。

あくあさんトコで50じゃちょっと足りないかもですね~。


> 先日BPリアクターを稼動させましたが、調子が戻るまで
> 80Lくらいにしようと思います。

やはり元祖魔人に見習って100L/Wでしょうw


> なかなか魔人活動から足を洗えませんw。
> せめて2週に1度ならとも思いますけど、もう慣れてますので
> あまり苦ではないんですけどね。

換水が苦であるようじゃ魔人之会員にはふさわしくありませんからねw
私も特に苦ではないんですが・・・。
[ 2013/12/12 11:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。