スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

イチゴスパ考察。~イチゴ編~

こんにちは、どにゃです。

イチゴスパゲティじゃないですよ。(笑)

acropora strawberry shortcake と acropora spathulata のことです。

ストロベリーとスパスラタ?スパスラータ?
オージー産を代表するサンゴですね。



さて、まずはウチに来てから約3週間になるイチゴちゃんの変化です。
実はサンゴ初通販でした。
購入先はブルーハーバーさんです。



まずコチラが10日ほど経過した頃のお姿。

20130213025257-149.jpg

到着時とほぼ変わらずといったトコロ。
超激美。
びゅーちほー。

ひと口にストロベリーと言っても色々な色味のものがありますが、私はこの白っぽい淡い感じが好きです。
是非ともこのまま維持したい!


ちなみにコレ、KRレビュー賞受賞者割引(当月限定)が適用されて激安!
それを聞いて買うしかねぇ!wってことで即決衝動買いです。






そしてコチラが昨日のお姿。

20130222233600-333.jpg
(ポリプが出てないのは触ったせい)


細かい設定が固定できないスマホ撮影ですのでアレですが、光の当たりにくい根元部分が若干褐色になってきました。

側生ポリプのピンクについては、先端の方はキレイなのですが根元の方からやや薄れてきたように感じますがこれは褐色化による「見え方」のせいでしょう。

しかし、画面右下方向へ張り出してる部分についてはほぼ変わらず維持できています。
もっとすぐ茶色になると思っていたので想定よりはずっと好成績です。(笑)
この辺はフルスペだから成せる技でしょうか。



照明条件はKR93SP(水面20cm)のサークル直下から数cm後方、フルパワーのみ8時間という設定です。
配置面の水深は約25cmくらい。



色素構成をチェックしてみると、白い幹が蛍光タンパク(400nm)、側生ポリプのピンク色がレッド蛍光タンパク(475-500nm)であることが読み取れました。



そこで、海外サイトから生息深度を調べてみるとおよそ5-15Mほどとやや深い場所に生息しているようです。
これは、蛍光反応が長波長側へ振れるほど生息域が深くなることからおよそ想定通りです。
深いところまでは届かない、中長域の波長を蛍光によって作り出す為ですね。

水流に関してはかなり強めが良いようです。

従って、ストロベリーの基本は「光はほどほど、水流は強め」という感じでしょうか。(有田海水さんも以前書かれていましたね)



フルスペのフルパワーは3-5Mの水深を再現したものですから一般的な生息深度よりはやや浅い事になりますが、先端は維持ができていることから大間違いしている事もないでしょう。(たかが3週間だけど(汗))


(海と水槽じゃあその他の条件がまるで比較になりませんから、個人的には必ずしも自然と同じ水深設定がベストとは限らないと思っています。近付けるべきではありますが参考程度に留め、あくまでサンゴ1つ1つの反応を見て判断するべきだと思います。)



褐色化するということは「光量不足」「カロテノイドの励起波長が相対的に強い」等が考えられますが、光や水流が当たりやすいであろう「枝が寝ている」「先端」部位は維持、「枝が立っている」「密集している」部位が褐色化しているのですから、スペクトルバランスに問題があるというよりは光や水流の当たり方の問題かもしれません。

光や水流が不足→栄養・代謝不足→褐虫藻増加(or白化)という図式はあると思います。



こないだLSSの岡部社長ブログにてケントパパ氏の水槽動画が公開されましたが、やはりあのくらい必要なんですね・・・。
エーエイトさんにも指摘されましたがウチはSPS水槽にしては水流が弱いので強化を構想中です。



あるいは水質も十二分に考えられますが、私のような経験の浅い人間が複合的にいじると混乱するのでまずはわかりやすいところから詰めていきます。


ということで、おそらく若干の光量不足なのではないかという結論に達し、該当のサンゴにLR片を噛ませて5cmほどリフトアップしてみました。

コピー ~ 20130223004422-905



しかしあまり光(白ch)が強いと赤の蛍光は飛びやすいため、SPの設定をフルパワー8Hから白50:青100を2H→白90:青100を6Hへと変更しました。


またリフトアップに加えて、MP10の位置を少しずらしてより水流が当たるように調整しました。
ポリプが今までと全く違って「びゅわんびゅわん」なびいています。


これでしばらく様子を見たいと思います。




長くなったのでスパ編はまた後日・・・。



関連記事
[ 2013/02/23 ] サンゴのこと。 | CM(8)

こんにちは~

イチゴ良い感じですね!
その色を維持できるなら最高ですね!
私のイチゴはほぼ真っ白に、、
イチゴの右の水色のサンゴも素敵です。
[ 2013/02/24 17:28 ] [ 編集 ]

どにゃさん、こんにちは。

ウチには高級サンゴが入っていません。。。
一度はオージー逝ってみたいとは思っていますが、なかなか手が出ないですね。

2インチリフトアップwの効果出るといいですね。
ロールがきつくなって・・・違うかww
[ 2013/02/25 11:02 ] [ 編集 ]

有田海水さん


こんにちは~。

> イチゴ良い感じですね!
> その色を維持できるなら最高ですね!

ですです!
でもちょっと茶色くなってきちゃいましたw

> 私のイチゴはほぼ真っ白に、、
> イチゴの右の水色のサンゴも素敵です。

写真では水色に写ってますが現物はもっと黄色っぽいです。
なかなか上手く写せなくて・・・。
[ 2013/02/25 16:37 ] [ 編集 ]

ぴろっく@さん


会長こんちは!

> ウチには高級サンゴが入っていません。。。
> 一度はオージー逝ってみたいとは思っていますが、なかなか手が出ないですね。

私も通常価格ではとてもとても・・・。
イチゴは割引価格だったので思い切りました。
スパも色落ち価格でしたのでw


> 2インチリフトアップwの効果出るといいですね。
> ロールがきつくなって・・・違うかww

サスコンで調整できるとラクなんですがw
水流のダウンフォースはアップしてますw
[ 2013/02/25 16:42 ] [ 編集 ]

ちは!
イチゴちゃんきれいですね。
オージーは価格はべらぼうに高いですが、結構強いのでは?と感じてます。
といっても、うちのスパは一日で逝っちゃいましたが(T_T)
両方、早く大きくしてね^m^
[ 2013/02/25 21:58 ] [ 編集 ]

旦那(HISHI)さん


こんにちは!

> イチゴちゃんきれいですね。

はい、なぜなら買ったばかりだからです。(笑)


> オージーは価格はべらぼうに高いですが、結構強いのでは?と感じてます。
> といっても、うちのスパは一日で逝っちゃいましたが(T_T)

通常価格はべらぼうに高いですね、とても買えません・・・。
私の購入価格はスパもイチゴもインドネシアと変わりません。(笑)
色維持は難しいようですが、性質自体は丈夫という意見が多いですかね。


> 両方、早く大きくしてね^m^

大きくなったら割りますね!
でもスパは3ヶ月ほど経ちますがほとんど成長してないような・・・。(笑)
[ 2013/02/26 11:25 ] [ 編集 ]

照明は難しいですね^^;

照明だけでなく、水流とかサンゴは
サンゴは難しいですね。

LEDは、BHのKR93シリーズがやっぱり最高峰でしょうが、
LED素子をパターンで置いてるので
肉眼では均一な色に見えても、実はかなりのムラがあったりして^^;

それに、ワイドに照らせるといっても、
光の直進性で影になる部分も蛍光灯やメタハラに比べるとあるのでしょうか?

貴重なKRレビュー記事ですので、また落ち着いた時にでもご報告くださいo(^▽^)o
[ 2013/03/02 08:42 ] [ 編集 ]

しぇとらんさん


> 照明だけでなく、水流とかサンゴは
> サンゴは難しいですね。

そうですねぇ。
ミドリイシの色揚げは本当に難しいです。


> LEDは、BHのKR93シリーズがやっぱり最高峰でしょうが、
> LED素子をパターンで置いてるので
> 肉眼では均一な色に見えても、実はかなりのムラがあったりして^^;

波長によって比視感度は変わりますが、色(波長)の異なる素子を使っている以上はムラがあったら均一な色にも見えませんよ。
単純に、その他が同じ条件なら種類対総数の比率が低いほどムラは顕著になります。

60cm水槽用と仮定すると、こうなります。
KR93SP-24  7種類91素子 1種類当たりの平均13個
MazzaraP+420 6種類32個(2灯) 1種類当たりの平均約2.6個(5.3個)
RazorM16000 6種類26個(120Wモデル) 1種類当たりの平均約4.3個

これは単純比較なので、実際は素子位置や駆動電力、レンズ角の違いもありますけどね。



> それに、ワイドに照らせるといっても、
> 光の直進性で影になる部分も蛍光灯やメタハラに比べるとあるのでしょうか?

蛍光灯に陰が無いのは拡散光のためというよりは、そもそも光線自体が弱いため照射面と陰のコントラストが弱いからです。
それに加えてZEOで陰の部分まで褐虫藻が抜けている為、どこから見ても(人間には)明るく見えます。
逆に言えば非ZEOでは光量的に厳しいかと。

LEDやメタハラで陰が目立つのは光線が強いからです。
そのため非ZEOでも照射面は褐虫藻が抜けて明るく見えますが、陰の部分の褐虫藻は抜けにくいので余計にコントラストが強く見えます。

個人的にはT5はZEO専用、メタハラは光量の調整が難しい為ZEOには不向きでベルリン向き、
LED(フルスペ)はベルリンからZEOまでイケると思っています。
私もいずれはZEO化するつもりですし。


> 貴重なKRレビュー記事ですので、また落ち着いた時にでもご報告くださいo(^▽^)o

最近なかなか記事を書く時間が取れないのですが、その際にはよろしくお願いします。
[ 2013/03/02 18:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。