2016年、御仕舞。

こんにちは、どにゃです。

さて、今年も残すところあとわずかとなりましたので本年最後の記事とさせて頂きます。


今年は何があったかなぁ・・・と振り返ってみても、なかなかパッとは思いつきませんね。
こういう時はブログをやっててよかったと思います。


今年も1月からLEDを作りましたね。
20160122004625-93.jpg

自分用にバータイプなんかも。
s-IMG_3690.jpg


リンを添加したこともありました。(笑)
20160201173510-344.jpg



2月には雫來さんと初対面を果たし、ミスズさん宅のスイハイという二つの念願が叶いました。
s-20160228102144-655.jpg
雫來さんドクり中。(笑)



3月には3年超の飼い込みキイロハギを淡水浴の失敗で死なせてしまったことはとても悲しかった。
20160217082458-528.jpg



4月には白点パンデミックとの格闘。
20160316225938-36.jpg



サンゴが育ちすぎてギチギチの水景と、いつまでも消えきらない白点が嫌になり、5月にリセットをしました。
20160503205854-80.jpg
二度とやりたくない。(笑)


記事にはしていませんでしたが、5月には私も参加させて頂いているフェイスブックのSeascapes Aquarium(通称SSA)というコミュニティでオフ会もありました。
15672573_683086918531811_6140229512222558930_n.jpg
楽しかったなぁ。



6月には2年ぶり2回目の宮古島へ。
s-20160618_093155.jpg
前回は夢中過ぎてやり残したことも、今回は少しだけ冷静に見ることができました。
白化の影響は甚大なようですが、また必ず行きます。



9月にはツアーで大阪に行きましたね。
夢だったブルーハーバーさんへ行けて感激でした。
20160918_095425.jpg



こちらも記事にしていませんが、11月はアクアリウムバスへ。
前夜祭では普段なかなか会えない仲間との楽しいひと時を過ごしました。
img_12.jpg


バスではお初の方ともご挨拶ができ、また一つ交友の輪が広がりました。
s-20161127_123148.jpg



そして12月の先日、上記のSSAで忘年会的な会合がありました。
15775077_943857862411146_3738596103143819876_o.jpg
SSAメンバーのとあるお方のご自宅での開催となりましたが、集まったメンバーがとてつもない方々ばかりで、あまりにも楽しすぎて夢見心地なまま一瞬で終わってしまいました。

こんな素晴らしいケーキまで用意されていました!
s-20161226_171840.jpg


そしてやはり一番の出来事は、何と言ってもマリンアクアリストに掲載して頂いたことです。
s-20161217_125437.jpg


改めて振り返るまでもなく、今年はイベントが多くアクアを始めてから一番楽しかった一年でしたね、間違いなく。
水槽自体よりも、仲間とのコミュニケーションの方が癒されています。(笑)
やはり同じ趣味の仲間は最高です!



これもひとえに、まずは何不自由なく許してくれる妻、そしてお友達に限らずショップさんなども含めて私が関わった全ての皆様のお陰です。
心よりお礼を申し上げます。
本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願い致します。




ヤフブロのreefさんが管理人を務める、FBのマリンアクアコミュニティ「SSA」にご興味がおありの方はこちらまでどうぞ。
なお非公開コミュニティとなっておりますので、入会にはまず申請をお願い致します。(要実名アカウント)
SSA.jpg

非公開だと「マニアだけの閉鎖的な空間なんじゃ・・・」と思われるかもしれませんが、ビギナーさんも多く、この記事執筆時点でのメンバー数は330名以上ですのでとても和やかな空間です。
reefさんの管理が行き届いた、秩序あるコミュニティですのでご安心下さい。
特にベテランさんはブログ等をやられていない方も多いので、ここでしか聞けない情報もとてもたくさんあります。

ジャンルもミドリイシに限らずマリンアクア全般ですので、皆さん気軽にアドバイスを下さいますよ。
また来年もオフ会等の計画があるようですので、アクアライフをより充実させたい方は是非どうぞ。


それでは皆様、よいお年を!!!

[ 2016/12/30 ] 日々のこと。 | CM(14)

ショップツアー2016年12月編。

ども、どにゃです。

絶賛手抜き中のツアー記事です。

もはや義務感記録用で書いております。(笑)


ツアー自体は楽しいんですけどね・・・回を重ねるごとに、特筆することは無くなってきますね。

これもアクアリストとして成熟してきたということなのでしょうか。

そういうことにしときましょう。


今回のメンバーはあなごんべさん、親方~さん、mjnekoさん、haseさん、レオさん、そして初参加のプーさんです。
プーさんは期待の大型新人!
アクアテンションアゲアゲでございます。
こちらもいい刺激になりますね。

例によってツアー詳細はnekoさんブログをどうぞ。(笑)



1店目 AQUA LOVERSさん
s-20161218_105539.jpg


やはりラバーズさんは生体のクオリティが素晴らしく、間違いの無いショップさんです。
同じ魚や似たようなサンゴをもっと安い値段で売る店はありますが、過去の経験上、やはりかかっている手間はコストに反映されますから「似て非なる物」と考えるべきです。
現地での採取から日本へ輸送されるまでの手間も含まれますから、当然仕入れ値も違っているはずです。

用品のように「どこで買ってもモノは同じ」というワケではありませんし、状態のいい生体を手に入れることが飼育の第一歩であり、飼育難易度を大きく下げることにもなりますので、ラバーズさんのように安心して買えるショップさんはありがたいですね。
ま、用品も良店で買う方がいいですけどね。

お店も人間ですから、自分が店主だったらどんなお客さんを大切にしたいか?を考えれば、それがそのまま自分へ返ってきますからね。

近隣にショップがない場合はどうしても通販しかなくなってしまいますので、いくつものお店に直接行ける環境は我ながら恵まれているなと思います。


というワケで(どういうワケで?w)、久々のブリードミドリイシを1つ購入。




1.5店目 Big Boy

プーさんが一番行きたがっていたショップ。(笑)
あちこちにありますけど?(笑)


2店目 コスタリアさん
s-20161218_143044.jpg


多分初めて見た?変わったディスクを、分割したがっていたお二人をねじ伏せて奪い取りました。(笑)

s-20161222_202439.jpg

グリーンとシアンとブラウン(笑)のマルチカラーでキレイです。
最初は何者か、正体がわかりませんでした。(笑)



3店目 B松さん
s-20161218_154424.jpg

特になし。
この先どうなってしまうのか、少し気になります。



4店目 B八さん

個人的に大好きなお店。
品揃えが豊富で質、量、価格のバランスが良く、ビギナーからハイマニアまで客層も広い。
こういう「入り口的なお店」に頑張ってもらわないと、業界は繁栄しませんね。

おそらく国内いや世界?初入荷の、「宮古島産」ナンヨウハギ。
他産地との差異は特にありません。(笑)
s-20161218_174122.jpg


水槽にニモとドリーがいると来客や子供ウケが抜群ですし、個人的に宮古島には思い入れがありますのでどうせ買うならこちらを買いたいところですが、ちょっと大きかったかなぁ。
ただでさえ成長早いですからね。
そして強い。(汗)




以上で2016年ファイナルツアー終了となりました。


メンバーの皆様、今年も色々お世話になりましてありがとうございました!
また来年もよろしくお願い致します。




[ 2016/12/29 ] ツアーのこと。 | CM(2)

目標、一つ達成。

こんにちは、どにゃです。


恥ずかしながら、先日発売されたマリンアクアリストNo.82に私の水槽を掲載して頂きました!!

s-20161217_125346.jpg
しかも偶然ながら、表紙が一番好きなお魚のスミレヤッコだなんて嬉しいです。(今はいませんが(汗))


予てより夢だった、雑誌掲載・・・。
MAは海水飼育当初から読んでいたので、「自分もいつかは・・・」なんて夢見ていました。

マリンアクアを始めて早5年半・・・まさか現実になるとは、と自分でも驚いています。
私のような何の取り柄もない一般庶民は雑誌などの媒体に掲載されることなど到底有り得ないことなワケで、いささか動揺しております。

s-20161217_125437.jpg


実は今までにも何度かそのようなお話に触れることはあったのですが、とてもじゃないけど雑誌に載れるような水槽である自信なんて微塵もありませんでしたし、紙面を汚すだけだと思っていましたのでご遠慮させて頂いておりました。

それに、どうせ載るなら胸を張れる水景で載りたい、と思っていました。
しかしシステムに特徴的な珍しい点も特になく、サンゴもお魚もありふれた種ばかり・・・。
今の水槽は5月にリセットして間もないし、いわば「並べただけ水槽」です。
特筆すべき様な点は何一つない、極々「普通」の水槽です。

あ、唯一誇れるのはその「静粛性」だけですが雑誌では1ミリも伝わりませんwww


そんなワケで現状の水景は個人的にはそこそこ満足しているものの、決して胸を張れるとまで思っているワケではありませんが、とあるお方からの強めの推薦を頂き、断るに断れないと言った感じでこの度取材を受けるに至りました。

s-20161217_125455.jpg

ちなみに嫁ちゃんは以前から私が家で雑誌を読んでいるところを見る度に、「いつ載るの?いつ載るの?」と聞いてきていましたので、今回のことを話したら私本人より喜んでいました。(笑)
なので今となってはそのお方にはとても感謝しております。(笑)


顔や本名を出すかどうかは迷いましたが、せっかくの機会でしたし、嫁ちゃんは写りたそうだったので(笑)家族での写真も載せてもらうことにしました。

s-20161217_132830.jpg


何よりこの水槽は日頃からの嫁ちゃんの協力なくしては成し得なかった水槽です。
日常的な水槽のメンテにかかる手間の分、家事や育児ができなくなりますが、許容してくれています。
設置やリセットの際も、快くこどにゃをつれて家を空けて時間と空間を提供してくれました。
そういった意味でこの水槽は私と嫁ちゃんの共同制作と言っても過言ではありません。

もちろん機材や生体を私たちに提供して下さるメーカーさんやショップさん、普段お付き合いさせて頂いているアクア仲間・・・って書き出すとキリがないのでこの辺は年末の挨拶に取っておきます。(笑)


掲載においても1ページ載れば十分で、2ページも載れば大満足、と思っていたらまさかの4ページも使って頂いて恐縮しきりです。
私ごときは白黒の1/2ページ程度が身分相応だというのに、マリンアクアリスト紙もずいぶんな暴挙に出たものです・・・。
本当にありがとうございます。



まぁ基本的には普段からブログで公開している水槽ですので新鮮味や目新しさなどはありませんが、もしマリンアクアリスト紙をご購入の方がいらっしゃいましたらチラッとでもご覧頂ければ、恥ずかしながら大変ありがたく思います。


もしまたいつか次回の機会があれば、ここから成長したサンゴやおさかな達をお見せできればと思いますが、おそらく大半が入れ替わっているか茶イシ化しているでしょう。(汗)

そしたら次の取材はないか。(笑)

何はともあれ、アクアリウムにおける夢の1つだった雑誌掲載が叶い、大変嬉しゅうございます。
自分が作り上げたものがこのように評価して頂けるなんてとても幸せですね。
私は現在これ以外の趣味がないもので、上手くいかずに苦しい時も少なくなかったですが、頑張ってきてよかったなとちょっと思いました。(笑)


これでいつでも心置きなく引退・・・はしません。(笑)

まだまだやりたいことはありますからね。


というワケで、いつまで続くかわかりませんが今後ともよろしくお願い致します。
[ 2016/12/20 ] 日々のこと。 | CM(20)