スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

リセットしました。

こんにちは、どにゃです。


白点の蔓延によりどうにもならなくなったのと、サンゴが成長しすぎて色々不都合も出てきたので、かねてより計画していたリセット(砂の入れ替え)をゴールデンウィークに行いました。



直前の全景です。

20160503170115-230.jpg

とりあえず、片っ端からサンゴを取り出していきます。
20160503182500-925.jpg

なるべく水質変化を抑えたかったので、濁らないうちに飼育水を確保していきます。
20160503182451-973.jpg

なおそんなに大容量の容器はないので、巨大なビニール袋を使って浴槽を使いました。(笑)

幅30cm近い、我が家の御神体。
20160503182508-386.jpg
元は握りこぶし大くらいの大きさでした。
ハナガサのはずが、なぜかテーブル状になってしまいました。


と、巨大なトゲ。
20160503184848-243.jpg

当初はフラグだった痕跡が。(笑)
20160503184921-422.jpg
まさかここまで大きくできるとは・・・。
このトゲは成長も色ももう満足したし、大きすぎるので欲しいという知人にあげちゃいました。


来た当時の画像。(2013/1)
20130128000945-466_2015020411430907d.jpg


LRも全出し完了。
20160503193259-243.jpg


部屋はこんな状態・・・。
20160503193439-874.jpg
妻子は3日ほど実家に帰ってもらったので気兼ねなく自分のペースで作業が出来ました。
協力的な嫁ちゃんに感謝です。


砂も全出ししてピカピカに。
20160503205854-80.jpg

ちなみに、砂の中は変色や異臭などもなくキレイな状態でした。
さすが本物のライブサンド、といったところです。


画像だと分かりにくいですが、マスキングテープの少し上に、横にキズが入っています。
コケ取り時にフリッパーとガラスの間に貝が挟まってつけてしまったようです。
20160503205837-523.jpg

この機会なので酸化セリウムとサンダーで磨いてみました。

時間が遅かったのでサンダーの長時間使用が出来ず(サンダーはやかましい)、完全には消せませんでしたが少し薄くなりました。
水を入れれば気にならないくらいにはなると思います。
昼間にやるべきだった。(笑)
20160503212930-353.jpg
しかし翌日に持ち越したくはないので妥協しました。


よーーーく濯いでRO漬けしておいたkzサンドを二袋入れ、クリーニングしたLRをレイアウトしました。
20160503234743-68.jpg
砂の厚さは1cm程度です。


今まではLRとガラス面を開けていましたが、左右と背面をギリギリまで使って手前を空けて広々した感じにしてみました。
20160503234832-333.jpg


そして水を入れてサンゴを入れてとりあえず手を放せるようになったのは午後4時頃から始めて17時間ほど経った午前9時でした。(疲)

サンゴのレイアウトや微調整、後片付けまで完全に終了までは丸3日ほどかかりました。

もう二度とやりたくないです。(切実)


当然ながらサンゴの色や調子は落ちましたが、3週間ほど経ってやっと徐々に回復してきました。
全景はそのうちに・・・。






スポンサーサイト
[ 2016/05/25 ] 日々のこと。 | CM(16)

ショップツアー2016年5月編。


こんにちは、どにゃです。

今月のツアーに行ってきました!
メンバーはあなごんべさん、親方~さん、mjnekoさん、のみやさんに加えて、ゲストで「さいたまの海」のムコタマさんが参加されました!


1店目 AQUA LOVERSさん

20160515110047-947.jpg

開店時間に到着すると閉まっている。(笑)

ほどなくしてジャイアン登場。
お忙しいようで・・・お疲れ様です。

20160515112924-320.jpg

20160515112936-111.jpg

20160515113931-972.jpg

20160515113616-862.jpg


在庫はいっぱいで相変わらずのハイクオリティです。

好みをいくつか・・・。

20160515113848-526.jpg

20160515113901-0.jpg

20160515115003-468.jpg

20160515113950-345.jpg

やっぱりエチナタが好き。(笑)

ラヴァーズさんは決して激安店ではありません(笑)が、魚もサンゴも安心して買えるお店ですね。
いくら安く買っても、初期状態が原因で死んでしまってはただの丸損です。
実際にいろんなお店に行って、店頭で生体現物を見比べてみると良くわかります。


ユラユラ系は癒されますね~。
20160515113102-8.jpg

ハイドラの赤みは好みが分かれるところですね。
20160515113603-172.jpg

憧れのキャンディ!
20160515113033-276.jpg
いつかは飼いたいですね。

こちらでは欠品解除されたZEObakを購入しました。



1.5店目 Big Boy

珍しく?いや、初めて?混んでましたね。(笑)


2店目 コスタリアさん

20160515134948-115.jpg

コスタリアさんは店内のweb公開がNGなのでご紹介できませんが、キラリと光る何かが毎回あります。
バブルディスク(オレンヂ)がキレイでした!

看板が新しくなってたのは見逃しませんでしたよ。(笑)



3店目 B松さん

20160515143549-681.jpg

写真を撮り忘れましたが展示に使われていた大型水槽とキャビネットが売りに出ていました。
○○○さんいかがですか?(笑)


ブルーのコエダがキレイでした。
20160515143806-998.jpg
いつも言ってる気がする。(笑)


上物のマメスナ。
20160515143655-857.jpg

マメスナは感覚がないのでわかりませんが、ブルーのライトで眺めたいですね。



4店目 B八さん


店頭取り忘れました。

20160515155345-632.jpg
こちらにもブルーの枝が。
最近人気ないのでしょうか?


マニラベントラが再入荷していました!
20160515155310-377.jpg
やっぱベントラ好きだー!
買いませんでしたが。(笑)

いつか「全部ください」と言ってみたいものです。

前回より少し大きめで、色も良かった気がしますがサイズのせいかも。
オスはいませんでした。


お隣にハナゴイ。
20160515155316-937.jpg

ドハデなピンクパープルの美しさはベントラに勝るとも劣らないですが、お値段は確たる差が・・・。
こっちは「全部ください」も可能ですが、生存率が厳しすぎるのが難点です。
このテの生存率はもう少し何とかなりませんかねぇ・・・。


やっぱりシャコガイはキレイです・・・。
20160515162428-953.jpg
常時上から見ていたい。(笑)


2階の展示水槽。

20160515160812-978.jpg

この水槽はなぜかトゲがいつもキレイなんですよね。
Razorと相性がいいのかなぁ?

フラグ水槽はできたてフラグがたっぷり。
20160515160428-898.jpg

トンガのイエローハナヤサイがキレイでした。
20160515160732-552.jpg

ふと見ると、新型コラリア。
20160515160419-376.jpg

ACポンプではありますが、信頼性はDCに勝ります。
角度の自由度が向上していますね。



こちらではおさかなと、用品を少々、あとサンゴを一つ買いました。

死ななければいつかご紹介します。(笑)



いつものコースでしたが、久しぶりに「買い物した感」があるツアーでした!
今回も楽しかったです!

皆様お疲れ様でした~。



[ 2016/05/16 ] ツアーのこと。 | CM(12)

水流ポンプ等をカンタンにピカピカにする方法。

こんにちは、どにゃです。


だいぶ前になりますが、mjnekoさんからブログにまとめろと言われていた件です。
遅くなってスミマセン。(笑)



水槽内で使用している器具にはコケや石灰藻が付着しますが、頑固にこびりついているのでブラシでこするくらいではなかなか取れませんし、ポンプのように複雑な形状のものは特に面倒ですよね。

20160504011725-973.jpg

そんな面倒な掃除をカンタンに、かつピカピカにする方法をご紹介致します。

20160504011735-763.jpg

コケと石灰藻を2回に分けてクリーニングします。

まずはコケから。
ご存知の方もいらっしゃるかとは思いますが、台所用の漂白剤、いわゆる「ハイター」です。
ドラッグストアや100均やホームセンターで売ってる、安いので十分です。

20160504011822-468.jpg

なるべく小さい容器に入れると量を節約できます。
まずは原液をドボドボとぶっかけます。

20160504011841-118.jpg

量は本当にテキトーです。
多い程短時間でキレイになります。

20160504011910-3.jpg

今回は1Lのプラケにこのくらい。
強アルカリはタンパク質を溶かすので手につくとヌルヌルが取れないのでご注意を。
特に原液は強力です。

そしたら対象物が浸るまで、お湯を注ぎます。

20160504011947-818.jpg

熱湯はプラスチックなどにダメージがあるといけないのでダメです。
お風呂くらいのお湯でOKですし、別に水でも構いません。
ただお湯の方が処理が早い「気がする」だけです。(笑)

するとこのようにコケが変色してきます。

20160504013242-876.jpg

石灰藻も白くなりますが、漂白剤では除去できません。

濃度にもよりますが、およそ数十分から1時間くらい経ったら水でよく濯げばこの通り。
もう一度言いますが手につくとヌルヌルが取れないのでご注意を。臭いし。(笑)

20160504024305-575.jpg

少し残っていても指で軽くこするだけでキレイになります。


続いて石灰藻です。
漂白されて白くなっています。

20160504024322-555.jpg

石灰藻にはクエン酸です。
ハイターと同じ場所で購入できると思います。
これはドラッグストアで買ったものですが、ダイソーだと200gで108円なのでかなり安いです。

20160504024344-444.jpg

コレは顆粒状なので、良く掻き混ぜて溶かしてからポンプなどを沈めた方がいいですね。
あ、こっちは確実にお湯の方が反応が早いです。

20160504024621-81.jpg

ポンプのスリットに沿って細かい気泡が上がっています。
石灰藻が酸と反応してじっくりと溶けていきます。


石灰藻の主成分は炭酸カルシウムです。
炭酸カルシウムの溶解力は塩酸>クエン酸ですが、塩酸は取り扱いに注意が必要な上に金属(ポンプのステンレスシャフトなど)を腐食させる危険があるので手軽に使えるクエン酸の方がいいです。



石灰藻が多少残っていても脆くなっているので爪やブラシでこすると取れますが、一度では完全には取りきれないことも多いので、長時間置く、濃度を高くする、クエン酸溶液を作り直すなど工夫をしてみて下さい。
濃度を高めにして長く放置すれば取れやすいと思います。

最後は流水でよく濯いでおしまいです。

この後のアフター画像は撮り忘れましたが、ピカピカになりました。
ハイターとクエン酸の順番はどっちが先でもいいと思います。


なお、今までに何度もこの方法で掃除していますが、ハイターとクエン酸によるプラスチック、ゴム、セラミック、金属などへの攻撃性を感じたことはありません。


あ、ちなみにこするだけでは取れないスキマー本体の黄ばみもクエン酸漬け置きで取れます。
白や透明のアクリルは黄ばみが目立ちますから、スキッとクリアーになると気持ちいいです。
クエン酸で取れなかったらハイター漬け置きで多分取れると思います。

[ 2016/05/09 ] 日々のこと。 | CM(4)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。