スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

ショップツアー2015年5月編。

こんちは、どにゃです。


今月も、毎月恒例のショップ巡りツアーへ行って参りました。

今月は乗車定員MAXの7名での出動!

あなごんべさん、親方~さん、mjnekoさん、greenさん、haseさん、それと私の旧900水槽を引き取って頂いたのみやさんが初参戦となりました。

なもんでおしゃべり多めだったので写真はほとんど撮ってませんw


コースは前回と同じです。

1店目 AQUA LOVERSさん

20150517105916-581.jpg

店頭のZEO水槽はリセット中とのことで空でした。


前日にオージー入荷したてだったので激美がいっぱいありました!
なぜか画像が曇ってます。カメラが結露したかな?

手前から。
20150517111448-458.jpg

これはZEO水槽に入ってたやつかな?
キレイです。
20150517111454-23.jpg

KR水槽。
20150517111510-502.jpg

前回?入荷分ですがヤセミドリイシ。
ポリプフサフサで色もキレイでした。
20150517111519-423.jpg

それと超高額の「Acropora fuego」(アクロポラフエゴ?スペイン語で「火」?) ※学名か流通名かは不明
20150517111541-858.jpg
どこらへんが火っぽいのかはわかりませんw
実物はオージーらしい蛍光キラキラで激美でした。
写真撮ってたらジャイアンに「写真は1枚500円すよ」と言われ、2枚撮ったので1,000円払いました。(嘘)


現在在庫のほとんどはオージーとのこと。
20150517112137-508.jpg

一番奥のピンク水槽はイチゴ祭り開催中でしたw
20150517112237-247.jpg

イチゴ!
20150517112415-93.jpg

イチゴ!!
20150517112329-746.jpg

ブルーのウスエダとイチゴ!!!
20150517112426-853.jpg

ビッカビカのハリエダ!
20150517112358-616.jpg

こちらはトンガですがトンガのトゲはピンクが濃いです!
20150517112419-795.jpg

やっぱオージーはキレイですね。
画像の写りは悪いですが実物はホントキレイですよ。
本来は入荷したてのミドリイシは白化のリスクが高いので避けたいところですが、ラバーズさんのオージーは状態抜群なのでその点も安心ですね。


1.5店目 うどん屋さん

どにゃ「あっ!サイフ忘れるの忘れた!w」
あなごんべさん「じゃあ奢らないw」

くっそーw



2店目 コスタリアさん

20150517131147-788.jpg

ミドリイシはお買い得価格のコスタリアさんですが、今回は特になし。


3店目 B松さん

20150517134722-543.jpg

写真忘れましたがアイスブルーのコエダ?がいっぱいありました。
こちらではLRを1つ購入。


4店目 B八さん

20150517145016-886.jpg

残念ながら気になる生体は特になし。
2週間ほど前に1人で来た時にあった個体がまだあれば買おうかと思ってたんですが、売れてしまったのか無くなっていました。


前回同様、この後は東京サンマリンさんへ行く途中の我が家で落っことしてもらい、一足お先に離脱させて頂きました。


今回の収穫は、
・石(LR)
・水(あなごんべさんからの水質検査依頼)
・うどん(親方~さんからのお土産)
・ミニカー(haseさんからのこどにゃへのお土産)

というドコに行って来たのかわからない謎の組み合わせとなりましたw


今回は大人数で楽しかったですね!
皆さんお疲れ様でした!
またよろしくお願い致します。


今回画像が少ないのでおまけ。

20150517164910-737.jpg

20150517165020-899.jpg

haseさんありがとうございました!







スポンサーサイト
[ 2015/05/18 ] ツアーのこと。 | CM(14)

失われた成長点を復活させてみた。

こんにちは、どにゃです。


半月ぶりくらいのブログですね。(汗)
ネットで素晴らしい水槽を眺めてため息をつき、己の水槽と比較してため息をつく日々を送っております。

私ミドリイシは4年目となってますが、未だに上達した感触が無いです。
どうも私には才能がないようです。(笑)


まぁ愚痴はこの辺にして、今日の本題へ。



ミドリイシの美しさは成長点にあり。
成長点は褐虫藻密度が低く、色もキレイだったりしますよね。

というのは大方の皆さん共通の認識だと思いますが、飼育してしばらくすると、ひとつの個体で成長する枝としない枝が出てきたりしますよね?

それくらいならまだいいですが、さらに不調が進行すると枝の先端がすぼまって、完全に成長点が消失してしまうことがあります。


例えばこの茶スギ。
20150426021942-370.jpg


赤丸の部分が完全にそれです。
通常であれば先端に頂端ポリプ(いわゆる成長点)がありますが、それが完全に無くなってしまっています。
こうなるとこの部分は成長しませんし、待ってても成長点が再び現れた経験もありません。
そして観賞的な満足度も下がりますね。


そこでふと思いました。

今までの経験上、先端が白化して折ったりぶつけて折れてしまったりした部位はほとんどの確率で頂端ポリプが再生されます。

これを故意に再現してみようという実験です。

同じ症状の箇所はいくつかあるのですが、とりあえず1カ所だけ先端を5ミリくらい切除してみました。
この真ん中の枝です。

20150426021942-37.jpg


拡大してみます。
20150426021942-370のコピー

これは切除直後ではなく数日経過後の画像なのですが、画像では到底わかりませんが既にうっすらと蛍光の共肉が覆い、ポリプが顔を覗かせています。
しかしピントも合ってないしスマホのデジタルズームでは写りませんね。


そこから11日後。

20150507214105-598.jpg

成長点らしい骨格が盛り上がってきています。
よく見ると左の枝も成長していますね。


さらに8日後。

20150515204223-683.jpg

完全に成長点復活!
もうしばらくすれば左の枝のように自然な感じになりそうです。


解りやすく3枚をGIFにしてみました。

20150426021942-370.gif


毎日見てると分かりませんが、こうやって見るとたった1週間くらいでも確実に伸びてますね。
1年くらい毎週撮影してタイムラプス動画にしたら面白そうです。



というワケで今回の実験は成功です。
この新しい成長点からグイグイ伸びてくれることを祈ります。



た・だ・し!

サンゴをキズつけるわけですから当然リスクはあります。
キズから白化したりRTNになったりする可能性も考えられますので、やる場合は自己責任にてお願い致します。






[ 2015/05/16 ] サンゴのこと。 | CM(8)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。