照明追加とクリップソケットのフレキシブル化。

どーも、どにゃです。


水槽をサイズアップして1200にした結果、当然ながら900時代の照明では足りません。
前後方向は良いとして、横が暗い!

サンゴを増やす為には照明を追加するしかありません。

現在は左からスパクルを1灯当てていますが、約170Wも消費する照明はできれば外したい。
(計算してみるとスパクル1個だけで毎月1,200円くらい電気代がかかる)

というのもありますし、やはりフルLEDに拘ってみたいという気持ちもあります。


とりあえずはスパクルの反対側(水槽右側)が暗いので、こちらに照明を追加することにしました。


色々吟味、考慮した結果、セレクトしたのはスポットタイプのLED。

【Grassy LeDio RS122 Reef UV】
20150208115419-893.jpg

UV厨なもんでw

スペクトルはこんな感じ。

reefuv.jpg

素晴らしい。
光色は結構青い感じですが、ただのブルーLEDと違ってやや紫がかった、深みのある青です。
メタハラブルー球のギラッとした感じに似ています。

KR93XPは黄色味が強いので、補正的な意味ではかえって好都合です。


で、ヤザワのクリップソケットを購入して照明スタンドに取り付けてみると・・・


20150211143108-700.jpg


遠すぎ&暗すぎw
若干KRに遮られちゃってるし、これではイマイチ。
もう少し近づけないと!

これはダメでしょっw

てことで工作開始!w


同じくヤザワのこんなものを買いました。

どっちもクリップ。
20150211143145-854.jpg

ただ、単にコレを使うだけじゃクリップがゴテゴテして不格好なのでちょいと加工を施しました。


まず、裏側のナットを緩めて片方のクリップを外します。

20150212134111-857.jpg
スパナでは無理なのでメガネかボックスが必要です。


ネジ部分の径を測り、今度はソケットのクリップを取り外してステーの穴をボール盤で拡張します。

20150212135041-883.jpg


バリを取って仕上げたら、先ほど外したクリップ部分に取り付けます。

20150212135901-843.jpg


こんな感じ。

20150212135855-163.jpg


ソケットを取り付けて完成です。


20150212203326-933.jpg


約32cmほどのローダウンに成功しましたw
これならまぁ見た目もそこそこ悪くないし、位置や角度も自由自在。
フレキシブルアームの耐荷重も足りているので、ちょっと曲げたまま固定とかもできます。

どうせならケーブルもフレキシブル管の中を通したかったんですが、太さ的に不可能でした。


水槽を照らしてみると、やはり光の分離がありますね。
素子の種類が多いため、水面が揺れるとどうしても乱反射で分離します。

KRは何故かこれがほとんどないのでちょっと気になりますが、まぁじきに慣れるでしょう。

2/16訂正
改めてじっくり見てみたところ、分離はちょっと適切ではありませんでした。
2W素子のせいか、揺らぎは強く出るのですが色の分離までは気になりませんでした。
訂正してお詫び致します。



さて、このスポットが当たるサンゴにどんな変化があるのか・・・見守りたいと思います。








[ 2015/02/14 ] 機材のこと。 | CM(16)