スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

デバスズメダイとアオバスズメダイ。

こんちは、どにゃです。

海水魚の代表で、海水水槽経験者なら誰もが一度は飼ったことがあるであろう魚、スズメダイ。
特に企業やレストランなどの展示水槽には、100%入っていると言っていいでしょう。
一般の方でも「スズメダイ」という名前は知っている人も多いと思います。

ウチの水槽にも、スズメが10匹います。
それもほとんどの人が飼育経験者であろう、デバスズメ。

気の強い種が多いスズメダイでも、一般種の中では一番と言っていいくらい温和で、丈夫で安くて群れが楽しめるイイ魚ですよね。



色は決してハデではありませんが、よく見るとブルーグリーンに光ってとてもキレイです。
英名もそのままBlue-green chromisです。

IMG_3200.jpg


ウチの水槽にもデバが1匹だけいます。

IMG_3212.jpg


1匹?

そう、1匹だけです。


実は、他の9匹のデバはデバではありません。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、この魚はデバに非常によく似た「アオバスズメダイ」です。

IMG_3196.jpg


ショップで「アオバスズメダイ」として売られていることはありません。
デバとして入荷し、デバとして販売されています。

おそらくですが・・・デバと混在して入荷する為でしょう。
それをわざわざ手間をかけて分ける必要もない程に似ている魚です。


これがデバ。
IMG_3222s.jpg


これがアオバ。
IMG_3210s.jpg


でも、よ~く見ると違いが分かります。
見分け方は・・・


ココ。

IMG_3222ss_20150212175939365.jpg
IMG_3210ss_2015021217593977e.jpg


胸鰭の基部が黒くなっていないのが「デバスズメダイ」(上)で、黒くなっているのが「アオバスズメダイ」(下)です。
黒の上部分にはブルーの縁取りも光ります。


それ以外にも、目の回りや目から鼻にかけてのブルーのラインの発色がアオバスズメの方が濃く、光っています。

それと水面から見ると分かりやすいのですが、アオバは背鰭の基部と側線にブルーのラインが入っていて、ブルー光が当たるとキラキラ光っているんですが、デバにはそれがありません。


個体差もあるかもしれませんが、全体的な体色のブルーもアオバの方が半トーンくらい濃いように感じます。

まぁでも並べないとわかりませんがw


まとめると、デバはのっぺりとした印象で、ブルーが光るアオバの方がちょっとキレイです。



性格に関しては若干アオバの方が強いようで、僅かな小競り合いはあります。

でも本人(魚)たちも別種の認識がないのか?デバだけを責めたりすることもなく、10匹でいつも群れています。



自然界で混在しているのか?
各産地から集まった問屋で混ざるのか?
は定かではありませんが、必ず混ざっているワケでもなければ均等に混ざっているワケでも無いようです。
大抵の場合は、どちらかに偏っていることが多いとのこと。
そして通常は、混ざっていても選ってくれることは少ないでしょう。

あるいは顔馴染みのショップで、仲の良い店員さんに、お客さんが少なく店がヒマそうな時に頼んでみると聞いてくれる「かも」しれませんw
忙しい時に頼むのは自粛しましょう。

どちらにしてもよく群れてくれる飼いやすい魚なので、もう少し増やしたいと思っています。



皆さんちのデバはデバですか?アオバですか?




2/14追記:このことを知ったのはB-BOX松戸店さんの2014年7月のブログ記事でした。

http://boxmarinem.exblog.jp/20033662/

スポンサーサイト
[ 2015/02/13 ] おさかなのこと。 | CM(12)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。