スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

待ちわびた日。


先日、こどにゃがめでたく1歳の誕生日を迎えました。

IMG_3150.jpg




あの悪夢の日から、間もなく1年が経とうとしています。

「1年過ぎればひとまず安心して良いでしょう」という医師の言葉から、この日をどれほど待ち望んだことか。


当時は沢山の方からご心配や応援を頂き、本当にありがとうございました。

おかげさまで、あれから何事もなく徐々に通院頻度や薬が減っていき、1つの異変もなくこの日を迎えることができました。

無事に成長したご報告をさせて頂きたいと思います。

IMG_3169.jpg


スポンサーサイト
[ 2014/07/22 ] 日々のこと。 | CM(30)

Jebaoのウェーブポンプその後。

こんにちは、どにゃです。

先日は、「Jebao、フォルスのウェーブメーカーを使ってる人に聞きたい。」という記事にたくさんの方からコメントを頂き、誠にありがとうございました。


「掃除したら直った」という意見をいくつか頂きましたので、そういえば掃除してなかったな・・・と振り返り、とりあえず掃除してみることにしました。

ポンプを分解してクエン酸で一晩漬け置きして石灰藻を落とし、クエン酸では落ちないコケ・藻落としにハイターで一晩漬け置き、二日かけてフルクリーニングしてみました。




その結果・・・


20140719003934-763.jpg


画像ではわかりにくいですが
完☆全☆復☆活!!www


それも3個全部。
まぁ厳密に新品時と同じ(無劣化)かどうかはわかりませんが、とにかく元のようなパワフルな流量に回復しました。



単に汚れが原因だったようです。
お恥ずかしい・・・。

お騒がせして申し訳ありませんでした。(滝汗)



もちろん掃除が必要なことは知っていましたが、そこまで石灰藻まみれ、コケまみれってワケでもなかったんですよ!w(言い訳)

今までVorTechのMP10やコラリアなんかを使ってきましたが、正直、あんまり掃除しなくてもこれほどの流量低下を感じることはなかったので、清掃を軽視していました。
反省・・・。


ポンプの構造上(形状)のせいなのかどうかはわかりませんが、このポンプは汚れによる流量低下が顕著なようです。


これからはちゃんと掃除します・・・。



コメントを下さった皆様、ありがとうございました!


みんなも掃除してみたらいいよ!w






[ 2014/07/19 ] 機材のこと。 | CM(10)

照明の違いによるサンゴの見え方について。

こんちは、どにゃです。


今回は照明の違いによるサンゴの見え方について語ってみたいと思います。

さて、先日のツアーでオージーミドリイシのスパスラータを購入したワケですが、オージーサンゴはインドネシア産に比べ蛍光色が強いように感じます。
サンゴの蛍光タンパクには様々な役割があるとされていますが、紫外線防御もその一つです。
オーストラリアはオゾンホールの影響で紫外線が強いことが知られていますが、それがサンゴにも影響しているのかもしれません。


この蛍光ビッカビカなスパスラータも然り。
これは店頭にて撮影した画像です。
20140713173342-9381.jpg


ウチの水槽に入れて見てみると、店頭よりは若干劣りますが割と近い感じに見えています。
コチラが自宅にて。
IMG_3046.jpg

しかし、後日あなごんべさんとメールでやり取りしたところ、あなごんべさんの水槽では上から見ても店頭で見たようなビカビカ感がないとのことでした。

これは照明に起因すると考えていいでしょう。



そこで、それぞれの照明環境を確認してみました。


あなごんべさんのメイン照明はメタハラ、レフムーブ2+アストロビーム(250W)です。

アストロビーム
250Wのメタハラとはいえレフムーブ2は基本的に散光灯具なのでピークパワーは低いですが広く照らします。
逆にMTは超集光なので直下はすさまじいですがちょっと外れるとガクンと下がります。


ウチはLEDのKR93SP+XP(30インチ120W)ですが、スパはSP直下に置いています。

SP30インチ
これは現行Verのスペクトルなので私の旧Verとはちょっと違いますが、それのデータがないので仮に。



店頭ではマリンブルーを含むスーパークール多灯+Razorという組み合わせでした。
なのでここではひとまず一番影響していると思われるマリンブルーとします。
マリンブルー


各グラフの紫色の面積にご注目下さい。


そしてそれぞれの波長を重ねるとこうなります。

ab,MB,SP


この図はそれぞれのてっぺんを揃えただけのグラフなので単位はありません。
上のグラフを見ればわかるようにピークの強さ(数値)はそれぞれ異なっていますので、このグラフは「他の照明に対しての強さ」を表したものではありません。
ま、あまり深く考えずに「それぞれの照明の波長バランスはこんな感じ」程度にご覧下さい。


このスパスラータの蛍光タンパクをF.P.Drでチェックしてみたところ、365nmから420nmくらいまでがストライクゾーンでした。(365nm以下は不明)
システム上380nmからしかグラフがありませんが、紫色の部分です。

ab,MB,SP


つまりこの波長領域を多く含む照明ほど、このスパの蛍光がギラギラして見えるわけです。
しかし個体(蛍光タンパク)によってストライクゾーンは変わりますので、これがすべてのサンゴに当てはまるわけではありません。
あくまでこのスパのお話です。


KR93SPは400nmこそ豊富なものの、390nmから急激に落ち込んでいるのに対し、マリンブルーは380nmでも50%近くの強度があり、さらにグラフ外の350nmあたりまで伸びています。
こんなの多灯したらそりゃギラギラにもなりますねw
アストロビームは、意外とUVの割合は少ないようですね。

おおよそ、それぞれの照明での見え方と合致しているとみていいのではないでしょうか。



これが、照明によるサンゴの見え方の違いです。



そういえば私がメタハラ(コーラルグロウ)からフルスペに変えたとき、今まで見えなかった色が見えたことにすごく感動したことを思い出しました。



あ、これは決してアストロビームがダメという意味ではありませんので誤解のないようお願いしますね。
やはりブルー球はサンゴ飼育の基本ですし、マリンブルーが合わないサンゴもあるでしょう。
ちなみにメタハラブルー球は基本的にどれも似たり寄ったりです。

HID Blue








こりゃヲタクと言われてもしゃーないか・・・w










資料提供1.023World







[ 2014/07/18 ] サンゴのこと。 | CM(6)

ツアーで買ったサンゴ三個。

こんにちは、どにゃです。

今日は先日のツアーで購入したサンゴをご紹介します。


まずは1店目のAQUA LOVERSさんで購入したかなりパステルなブルーのツツ系。

20140717004318-980.jpg

店頭でもキレイでしたが、ウチの水槽に入れるとフルスペ効果でよりキレイに見えますw

コチラは入口のZEOvit水槽に入っていたもので、あなごんべさんが購入しようとした際に

「それいいですよね」と言ったら
「じゃあ割る?」ってコトで、お店のバンドソーでまっぷたつ。
価格もまっぷたつになりました。


手前に見えている切断面は小さいですが傷口なのでしばらくはRTN感染等の注意が必要ですが、早々にポリプを出して調子は良さそうなので、すぐに修復されることを期待しましょう。

個人的にツツ系はやや深場っぽいような気がしますので、水槽の端に、ひとまず切断面が観察できるように置きました。




続いてCoral Labさんで買ったフラグ個体。

IMG_3033.jpg

コレがまた儚い淡いピンクでキレイなんです。
あなごんべさんが買った、例の超絶激美個体の枝なので、うまく育てればアレになるハズ・・・w

ちなみに周りにあるのは色揚げ実験用に待機中のストロベリーのフラグです。




そしてコチラもあなごんべさんと分割したグリーン先端オレンジ?のスパスラータ。

IMG_3052.jpg

コチラも6:4くらいに分割し、お値段も6:4に。
私は4の方です。


結構な塊状だったので切断面が広く、コチラも調子は良さそうですがしばらくはちょっと心配。

IMG_3032.jpg

見栄えは悪いですが、共肉が巻くまでは切断面を観察できるように手前に向けて置きました。
見えないと発見が遅れて被害が拡大したりしますからね。

落ち着いたら置き直したいと思います。



[ 2014/07/17 ] サンゴのこと。 | CM(8)

ショップツアー2014年7月編。


ども!どにゃです。

ここの所私はテンション低めのツアーが続いておりましたが、珍しく(笑)水槽が好調なので久々に購入意欲を持って参加してまいりました!

nekoさんはすでにアップ済みで画像も多いので是非ご覧あれ。

メンバーはいつものあなごんべさん、親方~さん、mjnekoさんと私。
ホント居心地の良い方々です。

この「月に一度」ってスパンがまた絶妙なんですよね。
いつまでも続くといいなぁと願っています。

コースは前回と同じ、今までの逆回りコースです。
というワケでしゅっぱーつ!


1店目 AQUA LOVERSさん

20140713121507-205.jpg

今回はヤマダ電機なしw

私は2週間前にも来ていますが、急遽オージーが入荷したらしく在庫は賑わっていました。
キレイなスパがたくさんありました!
詳細はnekoブログでw


手前からT5、
20140713111247-58.jpg

KR92+KR93SP、
20140713111259-198.jpg

奥の2本はMTからT5へ変更されています。
20140713111410-873.jpg

共にATI dimmです。
20140713111419-683.jpg

理由は省エネと、メタハラは合う合わないがハッキリ出るがT5はそれよりマイルドとのこと。
個人的にはSC水槽にして欲しかったです。
そうすればT5、LED、SCと比較できて面白そうなんだけどな。

撮り忘れましたが看板のZEO水槽から1つ、あなごんべさんと分割購入しました。



1.5店目 餃子の王将さん

王将は数年振りでしたが安くてウマい。



2店目 コスタリアさん

20140713133531-88.jpg

ココは外せない穴場なんですが、今回は皆さん特に気になる物はナシで早々に移動。




3店目 B松さん

20140713144106-249.jpg

入荷したてですがベントラが調子良さそうでした。
欲しいけどトリオで4万弱はちょっとカンタンではない・・・。

ハナダイ系はどれも華やかですが、やっぱベントラの美しさは別格ですね。
値段もだけどw



4店目 B八さん

20140713151647-693.jpg

ミドリイシは特に魅かれるものは無く・・・。
あまり言いたくはないですが、以前(メタハラがあった頃)は入荷時より色揚がりしている個体もありましたが、メタハラがT5に変わってから色落ちする個体が多くなったように思います。
明らかに光量不足な気が・・・。
さらにT5はメタハラよりシビアな水質管理が求められると思うので、お店の事情もあるのでしょうけど頑張って頂きたいと思います。

ブリードも以前と比べるとキレイなのが増えたと思いますが、ちょっと見飽きた感が否めない。
完全に見る目「だけ」が肥えて贅沢になっていますw


LEDのアクティフ水槽。
20140713152809-83.jpg

↓の黄緑のウスエダとこのトゲと右のショウガはず~っとキレイですね。
20140713152820-415.jpg


B八さんではお魚とマガキ5匹を購入しました。



5店目 CoralLabさん

どうやら直前情報でオージーの入荷があったらしく、じゃあ行ってみようということでラボさんへ。

20140713172849-383.jpg


すると水槽いっぱいにキレイなオージーが入荷していました。
20140713173259-296.jpg

20140713173312-353.jpg

20140713175647-827.jpg


やっぱオージーは素晴らしいですね。

20140713173454-763.jpg

20140713173440-18.jpg

20140713173419-553.jpg

20140713173342-938.jpg

20140713173350-406.jpg

20140713173330-536.jpg


中でも飛び抜けてた個体がコチラ。

20140713174235-248.jpg

フルピンクです。
20140713174243-558.jpg

大塚さん曰く、Acropora microcladosではないか、とのこと。
てことはストロベリー系だと思いますが、よく見るストロベリーとは明らかに違う。
同じ学名でもいくつかタイプがあるのかもしれませんね。


とても画像で伝えられるモノではありません。
色、形、サイズ、どれを取ってもパーフェクトでシビレました。


久々に買いたくて飼いたくて震えるレベルw

でもデカすぎて置けるワケもなく・・・。


そうしてみんなで水槽を眺めていると、偶然にもお友達のチェルブさんが来店!
こないだはラバーズでミスズさんと会うし、偶然とは重なるものですね。

おっさんばかりでなくたまにはかわいこちゃんと会いt



こちらではフラグを1個と、またしてもあなごんべさんと分割購入したのはスパスラータ。
分割したがるメタハラーあなごんべさんと、スパを敬遠するT5組w

私も今月はお金が厳しかったので相当悩んだんですが、あなごんべさんとT5組に押し切られ・・・w



この後東京サンマリンさんへ行く予定でしたが、時間的に無理だったのでnekoさんちへ。




6店目? nekoさんち

分割購入したサンゴをカットさせてもらうため、そうそう個人で所有している人はいないであろう例のバンドソーをお借りしました。

カット中。
20140713192812-75.jpg

塊状だったので高さがあり、四苦八苦しましたがなんとかカット完了。


そして自宅まで送ってもらい、解散となりました。

今回の収穫はまた後日発表します。


皆さん、今回もありがとうございました!



もう来月は買えないわ・・・。








[ 2014/07/15 ] ツアーのこと。 | CM(14)

Jebao、フォルスのウェーブメーカーを使ってる人に聞きたい。

こんちは、どにゃです。

今やすっかりウェーブメーカーの定番となった、Jebao(フォルス)のWP(WMP)シリーズ。

初代WP-25はこんなパッケージでした。
20130722225251-994.jpg


コスパのいいポンプとして大ヒットしていますね。

あちこちのブログでも購入記事を見かけることが多く、私も昨年の7月にWP-25のレビューを書いて以来、MCや新サイズ発売などの記事を何度か書いています。


そこで、ユーザーの方に聞きたいことがあります。


ズバリ、「設置当初に比べ、出力落ちていませんか?」



というのも、1号機は昨年7月、2・3号機は今年の4月に購入し(記事は5月)、MPから移行して最終的にはWP-25を3台使っていたワケなんですが、



明らかに出力が低下しています。




24Vのフルパワーで回そうものなら1台ですらかなりの水流が巻き起こるのはユーザーさんはもちろん、私の紹介記事をご覧頂ければわかるかと思います。

設置直後は出力を絞っても水しぶきが飛ぶくらいだったのに、気が付けば徐々に電圧を上げていき、最終的には3台フルパワーにも関わらず水面はそよそよ~程度で砂も捲れない状態にまでなってしまいました。

体感的には半分程度にまで下がっているような感じです。

これは明らかにおかしい。
それも3台全部が全部なので、故障の可能性は低いでしょう。

まして2・3号機なんてまだ3ヶ月程度しか使ってないのに!(怒)
1号機はそこまで早くなかった気がするけどMPx2と併用してたので気付かなかっただけかもしれません。

壊れないだけマシだけど、いくら安いとはいえあまりにも性能低下が早すぎやしないかい?



でもこれは私1人の所感なので、他のユーザーの皆さんの声をお聞かせ願えればと思いました。

是非皆さんの使用期間と感触を教えて下さい!

なるべく多くの方のご意見をお聞きしたいので、初めましての方や、友人知人の話などでも結構です。
どうぞお気軽にコメントをお寄せ下さい。

よろしくお願い致します。





これがTUNZEとの値段の違いか・・・




7/19 追記
掃除したら復活しました。
Jebaoのウェーブポンプその後。
[ 2014/07/12 ] 機材のこと。 | CM(22)

宮古島で上がったテンションの矛先は・・・。


こんにちは、どにゃです。


先日の白点祭りは重症の魚だけ治療してみたものの、水槽に戻すとすぐに再発したので、気合を入れてnekoさんのアドバイスに従い、レイアウトを全出しして砂をこれでもかと掻き混ぜまくり(白点虫を孵化させる)、プロホースでデトなどの沈殿物を吸い出して多めに水換えしました。
ベルリンにはできないワザだw

ある程度濁りが取れたところで、その日はLRとサンゴだけ戻しました。
あ、どなたかの予想通り、やはり物足りなくてLRは買い足しましたw

孵化した白点の仔虫が魚に寄生できず死ぬまで(2~3日らしい)の間、魚はバケツで低比重(1.008)にした海水を毎日全換水で3日キープしたのち、水槽へ戻しました。

その2日後くらいにキイロハギにだけ2~3白点が見られましたがすぐに完治し、その後は発生していません。

これでやっと新しい魚が入れられると思うと苦労した甲斐があった!
nekoさんありがとう!



そして宮古島に行って素晴らしいサンゴ礁を目の当たりにして、すっかりテンションが上がった私。

サンゴも調子は上昇傾向にあるし、「今年一番の在庫量!」という記事を見ていてもたってもいられなくなり、ふと気が付くと宮古帰りの翌々日には成田にいましたw


ひとラバ。

20140629133807-879.jpg


お昼すぎくらいに着きましたが店内はジャイアンのみ。


ジャイアンのサンゴ講義を受けつつまったりと店内を物色していると、徐々にお客さんが増え始め、珍しく(失礼)たくさんのお客さんが!


他のお客さんの応対をするジャイアンを尻目にサンゴを物色していると、


「どにゃさん!」


と私を呼ぶ声がしたので


「えっ?」と思って振り向くと、なんとミスズさん!
しかも初ラバーズとのこと。

ショップで偶然仲間に会うっていうのは嬉しいものですね。


そして私は購入するサンゴの候補を3つまで絞ったもののウダウダと悩み続け、気が付けばまた店内には私だけw

どうにか絞り込みパッキングしてもらったものの、もう1個も気になる・・・。


1つだけにしようと思っていたけどガマンできず、結局2個も買ってしまいました。


たっぷりの水でパッキングされたクッソ重いビニール袋をぶら下げ、雨の中ヒーヒー言いながら電車で帰りました。



それがコチラ。


緑・黄色系が欲しかったので、鮮やかなグリーンのウスエダと
IMG_2998s.jpg


イエローの・・・何かw
IMG_2999s.jpg
コレ何系ですかね?



ともにインドネシアですがオージーと遜色ないと思っています。


やっぱ黄色は良いですね。
水槽が一気にハデになりました。



他のもジワジワ良くなってるし、いい感じです♪




[ 2014/07/10 ] サンゴのこと。 | CM(12)

宮古島で採取したもの。

こんにちは、どにゃです。

実は宮古島で一点だけ採取して持ち帰ったものがあります。


ショウガじゃないよw







20140628224353-78.jpg


はい、天然海水です。

でもただの天然海水ではなく、あれだけのサンゴ礁が育つ海の海水です。

まさに、サンゴに最も適した海水であることは間違いありません。

どんなパラメータなのか、興味があります。



例によってB8さんの奥さまに「そんなの持ってってどうするの?」と聞かれたので、
「水質を計ります。コレ、きっと知りたい人は多いと思いますよ。」と答えたら
「ふーん。てか完全にオタクだねw」
と言われてしまいました。

否定はしないけどせめて「マニア」と言って欲しいw



オタの境界線はどこからなんだろうか・・・と悩みながら水質測定してみました。



20140628234552-153.jpg




ということでオタの皆さんへ送るw

コレが宮古島天然海水のパラメータだッ!
(正確には最終日の来間島)


pH 8.4
Salinity 34‰ (比重1.025)
KH 6.7-7.0
Ca 490-500
Mg 1200
K 380-390
NO3 0ppm
PO4 0ppt


鉄とかヨウ素も計ってみたかったけど試薬を持っていません。
KH、Ca、Mg、Kはそれぞれ2回計りましたが、ほとんどブレはなかったです。


どうでしょうか。

試薬の精度の問題もあるでしょうが、Caが少し高いくらいで、あとはお手本というか教科書通りというか、普通ですね。

逆に言えば、これが本来目指すべき、安定させるべき基本値なんでしょう。


ZEOvitの推奨値と比べても、Ca以外はほぼ合致しています。

zeovit.jpg

つまり、ZEOvitという色揚げに特化した人工的なシステムですら自然の海が前提であり、この環境なくしてはサンゴの色揚げはおろか飼育すらままならないという証拠なのではないでしょうか。



機材や情報が豊富な現在、水槽のサイズにかかわらず、照明や水流に関しては最低限の条件は満たしている方が多いと思います。

ではなぜこうも「水槽は大きい程いい」と言われるのか。

比率で言えば小さい水槽の方が圧倒的に多いはずなのに、キレイなサンゴ水槽は大きいことが多いのか。


お金かけてるから?
上手だから?
まぁそれもあるでしょう。


でも、ご存知の通り水質変化のスピードは水量に直結します。

私は大型水槽は未経験ですが、サンゴが5個入っている100Lの水槽と、25個入っている500Lの水槽とでは密度こそ同じものの、現れる挙動はかなり違うような気がします。

微量元素やアミノ酸なども大切ではありますが、それはそのあとの話。
むしろ水槽が小さければ小さいほど、基本パラメータに目を向けることの方が大切だと私は思います。





[ 2014/07/08 ] 水質のこと。 | CM(12)

宮古島旅行記 ~4日目~(最終日) ※費用追記。

さて、楽しい時間は早いもので、夢の宮古島は早くも最後の日となってしまいました。

この景色ともお別れです。
IMG_2744.jpg
ずっとお天気に恵まれ、雨が降ったのは初日の夕方の僅かな間だけでした。
もう一泊くらいしたかったなぁ・・・。


最後の朝食。
IMG_0788.jpg

心配だった息子の体調も終始良く、むしろこっちより元気でした。
IMG_0776.jpg



宮古島東急リゾートにはプールとプライベートビーチがあり、そちらには未だ入ってなかったので午前中はそこで遊ぶことにしました。


まずはプール。
IMG_2906.jpg


IMG_2751.jpg


プールには水着姿のピチピチギャルがいっぱい・・・どころか一人もいませんでした。
チッ。


仕方なくこどにゃと戯れることに。

IMG_0790.jpg

お風呂みたい。
IMG_0795.jpg


プールは怖がりませんね。
IMG_2755.jpg


キリッ!
IMG_2756.jpg


特技は水面叩き。
IMG_2759.jpg


大体自爆します。
IMG_2764.jpg





お次は海!

東洋一とも言われる与那覇前浜ビーチです。

昨日のトコの方がキレイでしたけどw
まぁまぁ、それでも十分キレイなビーチです。
IMG_2770.jpg
人もホテル客くらいなのでほとんどいません。


めちゃくちゃキレイな砂浜です。
IMG_0837.jpg


パウダーライブサンドw
IMG_2799.jpg
砂を掘ってみましたが、ワラワラもゴカイも二枚貝も何にもいませんでした。
貧栄養でプランクトンが少ない証か。


ビーチチェアーは常設、無料です。
IMG_2766.jpg


ビーチの全長は7kmもあるとか。
IMG_2775.jpg
奥に見えるのは来間島です。


やっぱソロは無理w
IMG_2778.jpg


ちょっとお昼寝。
IMG_2787.jpg


こどにゃはもうすぐ1歳の誕生日。
IMG_2794.jpg
あの悪夢のような日から、もうすぐ一年が経とうとしています。

元気になって本当に良かった。




B8さんには「東急のビーチはキレイだけど、魚がちょっといるくらいでほとんど何もいませんよ」と言われていましたが、私はすっかりシュノーケリングにハマり、ここでも潜ってみました。
IMG_0827.jpg



砂が細かいからなのか少し濁ってますが、ヒレの長いちょっと大きめの白いお魚がいました。
IMG_0277.jpg


しかもコイツら、人に慣れてるのか餌付けされてるのかやたらとまとわりついてきて、集団で囲まれた時はちょっと怖かったですw
IMG_0274.jpg
手で触れる距離まで寄ってきました。


混じってコトヒキも。
IMG_0285.jpg


岩が転がっている場所には他のお魚も少しいました。
IMG_0278.jpg
ナントカハギも。


サンゴはありません。
ビーチとしてはキレイだけど、シュノーケリングして楽しいビーチではないですね。
それならブリーズベイマリーナの方がいいでしょう。


キレイさならこっちかなぁ~。
IMG_2774.jpg


昨日のトコロがキレイすぎて、ここが普通に感じてしまいますケドw



チェックアウトの時間になったのでフロントに荷物を預け、ホテル内を散策してみました。

まずは屋上からの眺め。

IMG_2844.jpg

ひゅ~♪最高!!

来間島。
IMG_2806.jpg


橋で繋がっています。
IMG_2832.jpg


いあ~、しかし晴れ続きでよかった♪
お天気は大事ですね。
IMG_2814.jpg


楽しそう。
IMG_2838.jpg


海の色の境目がハッキリしてますね。
IMG_2816.jpg


アイスブルーな海の反対側にはグリーンが広がっています。
IMG_2835.jpg


9階のEVホールから。
IMG_2855.jpg



下に降りて、ホテル内を散歩。

IMG_2864.jpg


売店にも水槽が。
IMG_2865.jpg



庭に出てみました。
IMG_2902.jpg


真っ赤なハイビスカスが咲いています。
IMG_2881.jpg


南国らしさ満点。
IMG_2900.jpg



東屋で休憩。
IMG_2885.jpg


またいつか、同じ景色を見せてあげたい。
IMG_2887.jpg





ホテルを出たあとは、島内観光へ。


まずはすぐ近くの来間島へ行きました。
IMG_2951.jpg



理由は、橋でこういう写真を撮りたかったからw
IMG_2967.jpg


交通量少ねぇw
IMG_2959.jpg


橋から見た海もやっぱりキレイ。
IMG_2956.jpg


橋を渡って、来間島へ。


するとすぐ右手に、こんな場所が!

IMG_2923.jpg


ここもめっちゃキレイ!
IMG_2937.jpg
つかホテルよりキレイじゃね?w
ただし右手がすぐ漁港になっているため、ここは遊泳禁止になってました。
だからキレイなのかも?

橋をバックに。
IMG_2930.jpg



「あたしあの先端に行きたい!」と走っていった嫁ちゃん。
IMG_2928.jpg


映画とかドラマみたいな場所ですね。
IMG_2927.jpg


宮古島サイコー!!
IMG_2936.jpg


の瞬間、風で帽子が落ちてヘコむ嫁ちゃんw
IMG_2946.jpg


宮古まもる君と。
IMG_2921.jpg


そのあとはB8さんおススメのお店へお土産を買いに行き、だいぶ遅めのお昼ごはん。


「古謝そば屋」さんです。
20140627165325-977.jpg


ソーキソバ美味しかったです。
IMG_0852.jpg
左下の「じゅーしー」という炊き込みご飯?が激ウマ。


その後、お別れのご挨拶にB8さんちへ。


子供たちはすっかり仲良しに♪
IMG_2989_20140704185421512.jpg


幸いなことに奥さん同士も気が合ったようで、旅行中は「アクアリストの嫁あるある」で盛り上がったりしていましたw
IMG_2976.jpg
耳鼻科に行きたくなります。


男同士はなにやらゴニョゴニョ・・・w
IMG_2984.jpg


再会を誓って、Baseの前で記念撮影。
IMG_2986.jpg


「また来てくださいね、次はウチに泊まって下さい。」


と最後まで温かく見送って下さったB8さんファミリー。

B8さんファミリーには家族揃って終始お世話になりっぱなしで、おかげで何のトラブルもなく、最高の旅、最高の思い出になりました。

サプライズのプレゼントを頂いたり、おススメを教えてくれたり、移動中にも色んなお話をしてくれて、色んなことを教えてくれて、退屈する瞬間など微塵もありませんでした。
本当にプロのガイドさんみたいで、B8さんがいなかったらこの半分も楽しめていなかったと思います。


本当に本当にありがとうございました!



TOMY8の発展をお祈りしつつ、またお会いできる日を楽しみにしています。



ここでB8さんファミリーとお別れし、レンタカーを返して宮古空港へ。


いよいよ夢から現実へと戻ろうとしている自分の中に、あー帰りたくねぇ~!という気持ちがこみ上げてきます。
たったの3泊4日でしたが、ここで暮らしたくなる気持ちがわかります。
次はいつ来られるのかな・・・。
やっぱ4泊にすればよかったw



空港で荷物を預けていると、こんな張り紙が。
20140627190512-921.jpg
一瞬ギクッ!としたけど何も持ってなかったw


搭乗待ち中。
もう、宮古島ともお別れです。
IMG_2994.jpg


離陸する飛行機のタイヤが地面から離れた瞬間、なんだかとっても切ない気持ちになりました。





そして羽田へ到着。

あぁ、現実に戻ってきてしまった・・・。

飛行機が若干遅れ、夕食を買って自宅に着いたのは深夜の25時頃。

すぐに水槽を確認・・・異常なし。
まぁ毎日朝晩カメラでチェックはしてましたけどw

フタをして行ったせいか?トゲが若干色落ちしたかな?くらいで全くと言っていいほど変化なしでした。





これで今回の宮古島旅行記はおしまいです。

何のオチもなかったけど、少しはお楽しみ頂けましたでしょうか。

サンゴを愛する皆さんに、自然のサンゴ礁を少しでもお伝えできていたら幸いです。

動画も撮りたかったんですが、SDカードの容量の都合で画像のみとなってしまいました。
もっと大きいの持っていけばよかった。


記事を読んで頂いた方、ありがとうございました。



宮古島旅行記 完。




また行きたい。



7/7 追記

参考までに、旅行にかかった費用も書いておきます。
ツアーをネットで注文しました。

基本料金(大人) 81,300 x 2 = 162,600 (レンタカー付き)
宿泊割増(大人) 25,800 x 2 = 51,600 (部屋をアップグレード)
朝食代金 4,500 x 2 = 9,000 (朝食ビュッフェ付加)
フライトセレクト 4,700 x 2 = 9,400 (那覇経由を直行便へ変更:往路)
フライトセレクト 2,700 x 2 = 5,400 (那覇経由を直行便へ変更:復路)
------------------------------
合計  238,000円

プラス、羽田空港の駐車場代、現地での交遊費、ガソリン代、お土産代、食事代など入れて大体33万円くらいだと思います。

[ 2014/07/05 ] 日々のこと。 | CM(20)

宮古島旅行記 ~3日目~

さてさて、宮古も3日目となりました。

今回も長いよ!w



今日もスズテル効果抜群!
ちなみにこの日、梅雨明けしたと後で知りました。
IMG_0697.jpg


今日はフェリーに乗って宮古島のさらに離島、「伊良部島(いらぶじま)」へ行きます!

午前中にB8さんちへ向かいます。

なんでも昨日は3時まで飲んでたとか・・・w

オールアメリカンフードなハンバーガー屋さんでお昼を頂きつつ、港でフェリーの時間を待ちます。
IMG_0703.jpg

みなと。
IMG_0708.jpg


フェリーにはクルマが満タン。
端っこ怖ぇw
IMG_0729.jpg


遠くに見えるのが建設中の橋。
IMG_0724.jpg
完成したらフェリーはなくなるとのこと。


伊良部島についてまず向かったのは下地空港。
空港と言っても一般用ではなく、パイロットが離着陸の練習をするためだけの空港だそうです。
飛行機のタイヤが地面に着地したらまたすぐに離陸することから、タッチ&ゴーと呼ばれているそうです。

この時は残念ながら飛行機は見られませんでした。

が、目的は空港ではなくその目の前の海!!










やべええええええええぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!

IMG_0731.jpg


すげええええええええぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!


IMG_2662.jpg


とんでもなくキレイすぎる!!!

もうね、水がアクリルみたいに透明!!!


IMG_0732.jpg

これぞ「極美」!
ここ日本じゃないですよね?って感じ。
これが本当の海の色なのか・・・。


IMG_2671.jpg


ヤバい!
ステキすぎる!!


IMG_2667.jpg


ここってもしかしたら日本で一番海がキレイなんじゃ?
マジで見てるだけで心が洗われます。


伊良部島すげぇ・・・。

IMG_0730.jpg



こんなキレイなのに誰もいないのもすごい。
何も書いてなかったけど入ったらダメなのかな?



「じゃあ潜るとこ行きましょうか」とB8さんに連れられ、ちょっとだけ移動。


海の反対側にはサトウキビ畑が続いています。
IMG_0736.jpg


漁港。
IMG_0738.jpg


外国みたいです。
IMG_0739.jpg



すぐに今日のポイントへ到着。

B8さん「ここから入りましょう!」


ここもすげええええええぇぇぇぇ!!!

IMG_2675.jpg

こんな海に入れるなんて!!
テンションは上がりっぱなし!w

IMG_2679.jpg

岩の感じとかがいいね!
まっ平らなビーチより生き物も多そう!
20140626134444-157.jpg


おっと、忘れないうちに現地調査もしなければ。

とゴソゴソと取り出し・・・


この為だけに持ってきたぜ!w
照度測定www

B8さんの奥さまに引かれてたような気もするけど気にしないんだから!w

IMG_2661.jpg

はい、13万オーバーです!!


nekoさんこれでいい?w




さぁ!レッツゴー!!

だ~れもいない海~♪

IMG_2705.jpg

こどにゃは人生初海です!

なんて贅沢な奴だw
IMG_2680.jpg
大きくなった時に覚えてないだろうことが幸いか・・・w


恐怖におののくこどにゃ。
IMG_2682.jpg


こわいよぅ・・・と言わんばかりにしがみつく。
IMG_2684.jpg


ちょっとだけ足をつけてみよう!
IMG_2685.jpg


ビエーン!
IMG_2686.jpg


こわいいぃぃ!
IMG_2688.jpg


波が怖いのか、音が怖いのか、何なんですかね。
IMG_2690.jpg
景色は超最高!!


こちらは楽しそうにはしゃいでいます。
IMG_2691.jpg
こんな海で育ったらもう九十九里とか入れないだろうなぁ。


完の全に貸切。
IMG_2708.jpg


しばらくしたら慣れてきたのか?
笑顔が見え始めました。
IMG_2714.jpg


でもソロだと泣くw
IMG_2715.jpg


やっぱり波が怖いのかな?
ちょっと奥に行ってみよう。
IMG_2722.jpg


大丈夫そう?
IMG_2738.jpg


じゃあもうちょっと・・・
IMG_2742.jpg


やはり波がないところは怖くないらしい。
IMG_0209.jpg


波(音?)が怖かったのね。
IMG_0228.jpg


みんなで遊ぶと楽しいね!
IMG_0234.jpg


あの私潜りたいんですけど・・・w
IMG_0190.jpg




ココからは水中編。

水深は大体1m前後です。


早速砂地にハタゴ発見!
IMG_0172.jpg


カクレもいます♪
IMG_0174.jpg


砂地なのでアマモが生えています。
IMG_0178.jpg


アマモの中に、ブルーのミドリイシ。
IMG_0177.jpg



ごっついチャイロユビ。
IMG_0179.jpg



太陽で見るルリはアレンズ並にキラッキラ輝いてとてもキレイ。
IMG_0185.jpg



ここはショウガがキレイでしたのでまとめてみました。


グリーンショウガ。
IMG_0272.jpg


ちょい濃い目のピンクもいいですね。
IMG_0262.jpg


これはハナヤサイかな?
IMG_0270.jpg



先端イエロータイプ。
IMG_0196.jpg
欲しい・・・w


もいっちょ。
IMG_0204.jpg
欲しい・・・w
このタイプ輸入物であります?



らぶりーピンク。
IMG_0194.jpg
キレイ!超欲しい!w


これは色も形も最高!
IMG_0265.jpg
これも欲しいぃ!w


キレイなショウガがいっぱいでした♪


ぴかぴかイエローのテーブル。
IMG_0189.jpg
あーこれも欲しい・・・w


そりゃ欲しいよね、だって全部0円なんだもの♪
でも取ったらタイホなんだよなぁ・・・。くそぅ。

関門は空港だけだから宮古島に住めば好きなの取りほうd



1.5m級の巨大なヒラウネタケ。
IMG_0200.jpg
これは絶対的にいらないwww



その横にはユビ。
ここは岩のてっぺんで、この時は干潮で水面下50~70cm程度。
IMG_0203.jpg
照度は13万超でしたね。
波長はフルスペ以上にフルスペクトル。
水質、水流は当然カンペキ。
でも茶色。
全く参考にならんw
色揚げって何なんでしょうね。


このポイントはキレイなの多かったです。


撮ってないだけで普通に茶色いのもありますけど。
(端が赤いのはカメラのせい)
IMG_0211.jpg

IMG_0212.jpg

潜って顔を近づけてじ~っと見ていたんですが、この時は水流はとてもゆったりでした。
ポリプもちょっとしか出てないけど、自然界ではそれが普通ですよね。


ふと、根元から折れて地面に落っこちていた立派なスギノキを見つけたので、ちょっと空中で撮影してみました。
IMG_0181.jpg
今は先端だけですが、コレ多分フルパープルになるやつでしょ!
あなごんべ水槽に入れれば間違いないw

よし、こっそりパッキングしてもってk
あいや、ちゃんと元の場所に戻しておきましたw




浅瀬には何とヘコアユが!!
IMG_0220.jpg

最初はなんか違和感ある移動物体が視界に入り、なんだ!?と思って見てみたらヘコアユの群れでした。
沖縄にもいるんですねぇ~。
ヘンな魚だなぁ~と思いつつ、ちょっと感動。

他にも、ヒザから腰くらいの水深でもいろんな魚がいました。
いつか子供と魚取りしたら楽しいだろうなぁ。

1~2cmサイズのセナキルリスズメとかもいて、めっちゃかわいかったです。
でもデバはいませんでした。


岩にめり込んでるキレイなシャコガイ。
IMG_0227.jpg




B8さんに誘われて少し奥に進んでみるとそこはスギ林でした~♪


IMG_0238.jpg

この辺は1~1.5mくらいです。


赤みがきもちわりーw
何なんだこのカメラは・・・。
IMG_0244.jpg
でもパープルのはこんな色でしたね。

透明度は若干低いですが。(実際はこんなに暗くないですよ)
IMG_0248.jpg


茶スギの中にパープルが♪
IMG_0253.jpg


ちょっと細いタイプですね。
IMG_0250.jpg


ダイナミックなレイアウトですw
IMG_0251.jpg


ブルーっぽいのも。
IMG_0241.jpg


複雑に絡み合っています。
IMG_0243.jpg


サンゴの逞しさ、力強さを感じます。
IMG_0245.jpg


この場所には残念ながら真っ青のスギノキはありませんでした。
B8さん曰く、別のところに行けばスゴイ青いのありますよ、と。
見たかったなぁ。


スギ林に見とれていると、なんか小魚の魚群がぶわ~っと横切って行きました。
IMG_0239.jpg
じゃあ後ろからでっかい魚来るかな~?っと見てましたが来ませんでしたw


と!

またニモ付きハタゴ発見!
IMG_0256.jpg


頑張って潜って接写してみました。
IMG_0257.jpg
やっぱ海で見ると感動しますw


背景にはスギの丘。
IMG_0261.jpg
イイ画でしょ?


これだけちょっと補正してみました。
IMG_0261 - コピー
うん、実際はこんな感じですね。



70~80cm級のハタゴ。
IMG_0269.jpg



そういえば昨日から白化してるサンゴってないなぁ~と思っていると、白化したての真っ白になったショウガ?がありました。

IMG_0267.jpg


なんか水槽で白化したような不自然さに、しばし見つめてしまいました。


そばにいたB8さんがチョイチョイと指差した先を見ると・・・




IMG_0268.jpg


すぐそばにいました、「オニヒトデ」

サンゴを食害する生物です。


なるほど・・・、そういうことか。



とまぁ色んな生き物が見られて楽しかったです。



このポイントは浅いし波もないし魚もサンゴも色々いて、シュノーケリング初心者には最高の場所でした!


あと久々の海水浴で改めて気付いたのは、潮の流れによってか泳いでいて急に温くなったり冷たくなったりと、結構な温度変化を感じました。
特にこんな浅い場所なら潮の干満や天候で照度も波長も幅広く変化することでしょう。

「急に変化させない」ことが生き物飼育の基本ですが、実際の海の中ではめまぐるしく状況が変化し続けているんだなぁ~と改めて思いました。

とても水槽なんかじゃマネなんてできない。

自然界のサンゴも時期などによって色が随分と変化するそうですし、入荷時の色を完璧にキープするということはその瞬間の海況と同じ環境の水槽を用意しろということ。
んなもん不可能ですよね。

だからやっぱり海と水槽は別モノ、切り離して考えなきゃいけないんだと思います。


海は偉大です。





後ろ髪を引かれつつ宮古島に戻りました。



夕食はB8さんファミリーと、ブリーズベイマリーナで鉄板焼き♪

IMG_0750.jpg


宮古牛、美味しかったです♪
IMG_0753.jpg


このホテルにも水槽がありました。
20140626184932-492.jpg



その後はB8さんの案内で某所にてヤシガニ探索ツアー♪

ビー玉くらいのかわいいオカヤドカリがウジャウジャいました。

これはでっかいオカヤドカリ。
IMG_0773.jpg
ハサミがデカくて怖いw


で、目的のヤシガニも見れたんですが残念ながら撮り損ねました。

とりあえずデカかったw




明日はいよいよ採取最終日です・・・。










[ 2014/07/04 ] 日々のこと。 | CM(8)

宮古島旅行記 ~2日目~

さて、続いて2日目の宮古島です。


今日は・・・長いですぜw


ミスズさんのテルテル効果でスカッと快晴!
IMG_0635.jpg

ホテルで朝食をとり・・・
IMG_0636.jpg



今日はいよいよ海に潜ります!

今日のポイントまでは船で行くため、さすがにこどにゃは連れて行けないので、B8さんの奥さまに預けさせて頂き、私と嫁ちゃんの2人で出かけました。
IMG_0649.jpg
こどにゃゴメンね。
今日だけワガママさせて。
奥さま、申し訳ありませんがよろしくお願い致します。


まずはB8さんのご自宅へ向かい、こどにゃをお願いし、そこから3人で狩俣(かりまた)の港へ。
IMG_0651.jpg


地図で言うと北端のY字になっているところ。

map2.jpg

その北西にあるのが池間島(いけまじま)です。

目的地は池間島よりさらに北にある、「八重干瀬(やびじ)」という有名なサンゴ礁です。

八重干瀬 - Wikipedia

日本のグレートバリアリーフと言ってもいいでしょう!

なんとそこへ連れていって頂けると聞き、とっても楽しみでした。




このやびじ、年に一度「超大潮」になる時期があり、その干潮の際にはサンゴ礁の一部が完全に露出してしまうそうです。
そこへフェリーで渡してもらい、露出したサンゴ礁を散策する観光ツアーが人気だそうです。

サンゴ礁の魅力満喫/八重干瀬観光が開幕

しかしこのツアーには賛否があります。
あとで水中写真を紹介しますが、やびじはほぼ隙間なくサンゴが密集しているため、そこを歩くとなるとサンゴを踏まずにいることなどまず不可能です。
つまり数百人がグシャグシャとSPSを踏み潰しまくるワケです。
サンゴを飼育している者からしても、いくらチャイロイシとはいえ気分のいいものではないですよね。

主催しているフェリー会社にとっては大事な観光収入なのもわかりますが、サンゴ礁を必死で保護している人たちにとっては発狂モノでしょう。

しかし、今建設中の「宮古島と伊良部島を渡す橋」が完成すればフェリーの運航はなくなるそうなので、このツアーもなくなるかも?とのこと。



さて、話を戻します。



港ではB8さんのお仕事のパートナーである漁師さんお二人(男性と女性)を紹介してもらいました。

私の「漁師」のイメージは、ぶっきらぼうというかつっけんどんな感じでしたが、このお二人はとっても優しくて気さくなステキな方々でした。

他にも漁師さんのお客さんの方2名がいらっしゃったので、合計7名での出船です。


IMG_0652.jpg

お天気はやや薄曇りですが、カンカン照りよりはかえってよかったです。
IMG_0661.jpg

あの橋をくぐっていきます。
IMG_0653.jpg
手前の白い部分は浅瀬。

しばらく行くと深い海の色に。
遠くに見えるのが大神島です。
神様が宿る神聖な島だとか。
IMG_0656.jpg


港から30~40分ほどで、やびじに到着。

実は私、全く泳げないわけではないんですがハタチぐらいの頃に海でちょっと無理をして溺れて死ぬかと思った経験があり、それ以来ぶりの海なんです。
なので結構怖いw

緊張で呼吸が早まり、シュノーケルもお風呂で練習したんですが波で揺れてうまく息ができず、しかもここが結構深いし流れもあって、超ビビりましたw

ライフジャケットはお借りしたんですが、そんなワケで海に入った瞬間に船のハシゴにしがみつき

「あ、コレ無理だわ」と思いましたw

でも一瞬だけ海の中を見てみたらそこには・・・





※ここからの画像は急遽用意した安い水中デジカメで、WBの設定のせいか写真の外周部が赤っぽくなってたりします。
おまけに波に揺られながらの撮影の為、ほとんどがブレやピンボケしています。(それでも選別した結果ですが)
安カメラなので色の表現も悪いですし、枚数が多すぎて補正も面倒なので無編集でお届けします。

泳ぎも得意ではないですし、シュノーケリングも初体験なので最初の方はシャッター押すだけで精一杯!!
それでもなんとか頑張って撮ってきたので雰囲気だけでも伝われば、という程度にご覧下さいw








水面からは見えない、
キラッキラの海で輝く一面のサンゴ礁が目に飛び込みました!!



IMG_0027.jpg


IMG_0028.jpg

この瞬間の感激ったらもう・・・
心の中で「すげえええええぇぇぇぇぇぇぇえぇぇぇ!!!!」と叫びましたよ!!w

写真なんかでは全然伝わらないキレイな景色ですよ!


でも怖すぎて一回船上へ戻りましたw


どうしよう・・・怖い・・・でもせっかくここまで来たのにここでビビってたら勿体なさ過ぎる・・・でも怖い・・・みたいな葛藤w

B8さんも「ここは上級者向けですねw」とか言ってるしw
いやあの私初級どころか思いっきり初めてなんですけど・・・w

でもやっぱり「サンゴ見たい!」という気持ちが強く、シュノーケルの角度を見直し、再度入水。

今度はうまく息ができました。
どうやらシュノーケルの角度が悪かったようです。
でも緊張でハァハァと息が荒い。

怖くてハシゴから離れられないw

とりあえずつかまってれば流される心配はないので、ひとまず海中を覗きながら息を整えていると、そんなチキりまくっている私を見かねたのかB8さんが遠くから戻ってきて

「息は普通にできますよね?コレにつかまって下さい」と棒を差し伸べてくれました。

ハシゴと棒のどっちを離すか一瞬迷ったんですが、ライジャケ着てれば死にはしないだろう、と意を決してハシゴを離しました!
今、私の命はB8さんにかかっていますw


そうして私を少し離れた浅めのところまで連れて行ってくれました。
私はその間シュノーケルでうおー!うおー!言いまくり、シャッターを押すのに必死w


谷のようになっていたり
IMG_0029.jpg

キレイなグリーンとパープル。
IMG_0031.jpg

濃いパープルのスゲかな?
IMG_0034.jpg


この辺は少し浅くなります。
と言っても足はつきません。
水深2~3mくらいでしょうか。
IMG_0035.jpg

でも所々高くなっている場所があり、ギリギリ足がつくような所もありました。
波があるのでとても立ってはいられませんが。

IMG_0036.jpg

色のついたサンゴは浅い場所の方が多かった気がします。
IMG_0037.jpg

色んな種類のサンゴがひしめき合っています。
IMG_0038.jpg

もうとにかくサンゴがいっぱいですごいすごい!
色がどうとかよりもその景観に圧倒されっぱなしです!
IMG_0039.jpg

どこまでも透明な宮古島の海。
IMG_0041.jpg

視界は何mあるのでしょうか。
IMG_0042.jpg

パープルのスゲ?をグリーンのウスコモンが取り巻いています。
サンゴ同士の熾烈な勢力争いを感じさせます。
IMG_0044.jpg

ピンクのショウガ?ハナヤサイ?
IMG_0046.jpg

海の中ではピンクが目立ちます!
IMG_0047.jpg

こんなところをサンゴを踏まずに歩けますか?
IMG_0049.jpg

キレイなグリーンのテーブル。
IMG_0051.jpg

地形は複雑です。
IMG_0053.jpg

サンゴまで数mはありますが、視界はとってもクリアーでサンゴがハッキリクッキリ見えます。
IMG_0054.jpg

こういう窪んで深くなっているところにはお魚もいっぱいいたんですが、遠いし速いしでうまく撮れませんでした。
かろうじてチョウチョウウオ。
IMG_0056.jpg

お気付きかもしれませんが、このポイントにはスギなどのエダ系がありません。
おそらく流れが強いからでしょう。
IMG_0058.jpg
ほとんどが塊状のコリンボースタイプです。
あとテーブル。
やはりテーブルは水流がお好きなようです。
参考になりますね。

ハナヤサイの軍団。
ピンクの隣に茶色があります。
IMG_0059.jpg
光も水質も水流も最高で、全く同じなのにね。
生息している環境と、色が揚がる環境は必ずしもイコールではないってことですね。
あるいは、ピンクになる素質を持っていない個体なのか・・・私にはわかりません。


浮いている嫁ちゃんw
IMG_0064.jpg
後ろが船です。
船の近辺は深かったです。
水深の感覚がないので定かではありませんが、5m~7mくらいかな?






次はもっと浅いポイントへ連れて行ってもらいました。

移動中。
気持ち悪い写真だなぁ。
ダメだこのカメラw
IMG_0066_201407021637481b7.jpg
次の機会はもうちょっといいの買おう。



次のポイントは一変して初心者向けでした。

コレコレ!
コレが本来の景色です。(嫁ちゃんコンデジ)
IMG_0664.jpg
ココはさっきよりずっと浅そうです!

おお!浅い!
どのぐらい浅いかというと・・・
IMG_0070.jpg

このくらいw
IMG_0078.jpg

約1mです。
IMG_0080.jpg
ココの地面はほぼ平らでした。

流れもゆったりで、コレなら怖くない♪
IMG_0111.jpg

ココが最初だったら、シュノーケリングにも少し慣れてさっきのところもあそこまで怖くなかったかなぁ~なんて思いながら、安心してじっくり楽しませてもらいました。


ん?ゴルフボールみたいのがある?と思ったらキクメイシでしたw
IMG_0067.jpg

イエローのテーブルがキレイでした!
IMG_0077.jpg

コレもなかなかキレイ。
IMG_0074.jpg

肉眼ではもっとキレイなんですが・・・。
IMG_0069.jpg

色なしもあります。
IMG_0075.jpg

コレは激美でした!
ブリード物サイズ、持って帰りたかったw
IMG_0089.jpg

ブルー系。
IMG_0092.jpg

イエロー系のパステル。
全然色が表現できてないのが残念。
IMG_0083.jpg

それのすぐそばにあった、コチラはピンク系のストロベリーっぽい個体。
ホント、肉眼ではキレイなんですよ。
水槽の照明当てたら絶対キレイだと思います。
IMG_0084.jpg


ちょっと遠いけどルリスズメがキレイでしたよ~♪
IMG_0085.jpg

クリックしないとわからないかな。
IMG_0097.jpg


まっピンクのハナヤサイ。
IMG_0095.jpg


黄色いベラが数匹の群れで泳いでいました。
IMG_0099.jpg


色は薄いけどスギノキ発見!
IMG_0101.jpg

でっかいテーブル。
2m以上あったかも。
IMG_0106.jpg


ピンクハナヤサイ。
IMG_0108.jpg


ルリは海でもケンカしてました。
IMG_0109.jpg


大きいナントカチョウチョウウオw
チョウは全然わからない・・・。
IMG_0113.jpg
2匹だけで寄り添っていたのでペアだと思います。


いろんなおさかながいましたね。
IMG_0114.jpg


立派なテーブルサンゴのそばにはキクメイシが転がっています。
IMG_0115.jpg


コレもキレイだった~!
IMG_0117.jpg


ちょっと赤っぽいクシハダ?
IMG_0119.jpg



このポイントは、なんていうか・・・「死にゆくサンゴ礁」という印象を受けました。
ご覧のとおり、さっきのやびじに比べてサンゴの密度も低いし、色の薄い個体が多かったです。
パステルと言えば聞こえはいいですが、要は半白化です。
イエローもほとんどの場合はグリーンが薄くなったもの。

最初のポイントはイエローなんてなかったし、パープルもグリーンも濃い色でしたもんね。
そう、まさにメタハラベルリンのあの色。

ここは褐色の個体も色が薄く、チャイロイシというよりベージュイシです。

でも小ぶりな個体があるってことは、最近育っているという表れでもあるし、う~ん・・・。
私の勝手な思い込みであればいいのですが。



ここで漁師さんが獲ったシャコガイ!
IMG_0120.jpg
デカすぎw


休憩中の私。
IMG_0663.jpg
私、船も過去にひどく酔ったトラウマがありまして、この辺から若干船酔いが・・・w
走ってれば全然平気なんですがね。



そしてまた移動。

次は水深3mくらいの中級者コース。

もうずいぶん慣れたので怖くはありませんでした。

ちょっと深いせいか、パープルっぽいピンクハナヤサイ。
IMG_0127.jpg


薄いブルー系のスギノキ。
IMG_0129.jpg


ツノダシがいた!
IMG_0146.jpg
ショップで見る魚を海で見るとなぜか感動しますw


数メートル級のテーブル。
IMG_0150.jpg
何年かかったんでしょうかねぇ~。

コレもデカい。
IMG_0151.jpg


コレは結構キレイなブルーのスギ系。
IMG_0154.jpg
隣はトゲサンゴでしょうか?


付着物の少ない、ZEO向きな枝状ライブロックがたくさんw
IMG_0148.jpg


根元からもげてひっくり返った巨大なテーブルが!
IMG_0156.jpg

大きくなればなるほど、水の抵抗が増えますからね。
台風とか来るとサンゴ礁はグシャグシャになるそうですよ。


あ、あとカクレ付きハタゴもいましたよ!
ちょっと深くて寄れなかったので、翌日のポイントにもいてイイ画が撮れたので次回に。


絶賛船酔い中w
IMG_0666.jpg
もう遠くしか見れないw

降りたら降りたで波酔いするし・・・。


でもそろそろ時間も時間なので帰路につきました。(ホッw)

IMG_0669.jpg

漁師さんとB8さんはハタゴやイボハタ、ソフトコーラルなどを少し採取していましたが、素潜りなのでハタゴ1匹獲るのに3人で数十分かかってましたよ。
沖縄ではタンク背負って漁をしてはいけないんだそうです。
しかもほとんどがデカいノーマルカラーなので、キレイで小さい沖縄産ハンドコートハタゴは高くて当然だな、と思いました。


てことで港に到着。

いや~、船酔いはちょっとキツかったものの、サイッコーに楽しかったです!
感動、感激の連続で、本当に素晴らしい体験でした!!
海で見る雄大なサンゴ礁の美しさ、素晴らしさを実感しました。


サンゴを飼育しているからこそ楽しめた部分も多かったと思います。
海の生き物にとって、水槽がいかに異質な空間かがよくわかりましたよ。
ましてや色揚げなんてね・・・。

色々感じたことはありますが、とにかく楽しかった!感動した!それだけです!

八重干瀬、ありがとう!!





そしてB8さんちに帰り、こどにゃを連れてホテルへ戻りました。
ちなみに一度も泣かなかったそうな。
奥さまにご迷惑をおかけせずに済んでよかった。
偉いぞこどにゃ!
でもゴメンね。


夕食は今日の漁師さんお二人とB8さんファミリーと私たちでご一緒させて頂きました。


お店はこちらの「海鮮 悟空」

IMG_0744.jpg


B8Jrはまぁ~人懐っこくてめちゃくちゃかわいいんです。
IMG_0676.jpg


そんな子供たちと戯れながら、船盛りなんかを頂きました。
IMG_0687.jpg



奥のお二人が漁師さんで、手前がB8さんと私。

ダイバー(漁師さん)が獲り、シッパー(B8さん)が送り、ユーザー(私)が買う、というアクアリウムの流れの出来上がりw
IMG_0688.jpg

この漁師さん達がとにかくいい人で、さすがB8さんのパートナーだなぁと思いました。

私たちが漁のことを知らないように、漁師さんたちもまた、アクアのことなど全く知りません。
それがお互い妙に面白くて、めちゃくちゃ盛り上がりました♪

「色がキレイで小さい沖縄産ハタゴなら東京で買ったら○万円ですよ」→「どひゃー!!」 とか、
海で石ころのように転がってるマガキは向こうでは食用で、ボイルして1個1個手間かけて剥いたむき身がキロ700円だとか。(むき身でキロって何匹なんだ!?)

「こっちじゃ生きたままで3個700円ですよ」→「ええー!」 とか、とにかく面白かったです。

まぁ浜値と小売り比べてもアレなんですけどね。




でも、漁師さんに言われちゃいましたよ。


「でも、サンゴとか魚とか水槽で飼って何が面白いの?」って。


そりゃそう思うでしょうねw
生まれた時から目の前にあの海があるんですもの。


なんて言えばいいのかわからなかったので、

「こっちにはあんな海はないので、こういう水槽を家で眺めたいんです。」

と言って、ウチの水槽が一番キレイだったとき(笑)の画像を見せたら

「何これすごい!これサンゴ!?生きてるの!?作り物じゃないの!?」ととても驚いていました。

海ではほとんどが茶色ですからね。

キレイなミドリイシ水槽がいかに不自然なものなのかが実によくわかりましたw




皆さんならなんて答えますか?





大いに盛り上がった夜は時間が経つのも早く、あっという間にお開きに。

とってもとっても楽しかったです!

B8さんと漁師さんは2軒目に行かれたようですが・・・w


昼は船と波に、夜は酒にと1日中酔いましたが最高な1日でした♪




明日も潜るよ!!





[ 2014/07/03 ] 日々のこと。 | CM(12)

宮古島旅行記 ~1日目~

こんにちは!
どにゃです。

宮古島から無事帰ってきました!



皆さんお待ちかね?の宮古島旅行記のはじまりはじまり~♪


あ、記事の構成上、写真の撮影日時が前後していることがあります。



24日の早朝、羽田空港発、宮古島直行便でレッツゴー!!

IMG_0607.jpg

うまく寝てくれた・・・。ホッ
IMG_0613.jpg

私はサンゴのお勉強w
IMG_0611.jpg



ちなみに宮古島はココです。

map.jpg

遠いですね~w

島はこんなカタチです。

map2.jpg

本州で海といえば太平洋か日本海ですが、ここはそのどちらでもなく「東シナ海」とのこと。
海外やんw


フライトはおよそ3時間弱、何事もなく宮古島へ無事到着しました!
人生2度目の沖縄県です。(1度目は本島)


荷物が流れてくる場所には宮古島のお魚水槽がありました。
宮古島にもキイロハギやパープルタンがいるんですね~。

IMG_2515.jpg

その隣には今回宿泊するホテルの看板が!

IMG_2516.jpg

すごいビーチですね・・・。
なんでもこの前浜ビーチは「東洋一」と言われているほどキレイなんだとか。
楽しみ~!



荷物を受け取り到着口から出ると、B8さんがお出迎えして下さいました!

その手には「どにゃサマ」と書かれたプレートがw
HNはちょっとハズかしかったですが嬉しかったですw

B8さんとは約1年半前のツアーの時にラバーズさんでちょっとお見かけした程度で、ほぼ初対面に近いレベルです。
にもかかわらず、私なんかを歓迎して下さり恐縮してしまいました。
ドッキリみたいに居なかったらどうしようかと思ってたのはナイショですw

本当はそのお出迎え姿を撮影したかったんですが、さすがにそんな関係で挨拶すらする前にカメラを向けるのも失礼なので自粛しました。


ガッチリと握手とご挨拶を交わし、レンタカーを借りたら観光スタートです!

今回はB8さんのフルガイド付きツアーでした。

まずは宮古島最東端の「東平安名崎(ひがしへんなざき)」へ連れて行って下さいました。
上の地図で言うと右下の先っちょです。


B8さんと3歳のB8Jr。
IMG_2521.jpg


私の嫁ちゃん(左)+こどにゃ、と奥さま+B8Jr2。
B8さんの奥さまはとてもおキレイでした!

前方に見えるのが展望台です。
IMG_2522.jpg


ここは島で唯一、陸からすぐ深い海になっている場所だそうです。
IMG_2523.jpg

IMG_2531.jpg
コレがドロップオフ、てやつでしょうか。


途中の丘で家族写真。
IMG_2527.jpg


手前に目をやると、水の透明度がよくわかります。
IMG_2525.jpg
遠くてよくわかりませんでしたが、ここにもサンゴがいっぱいあるそうです。


展望台に登ってみました。
IMG_2529.jpg
波が立っているところから急に深くなっています。

ゴキゲンな嫁ちゃんとダルそうなこどにゃw
IMG_2533.jpg

親どにゃ。
IMG_2534.jpg

でっかい岩がゴロゴロしていました。
これは昔、津波で運ばれてきた岩だそうです。
こんなでっかい岩どっから来たんだ・・・。
津波は恐ろしいですね。
IMG_2536.jpg


「私たちは下で待っていますから」とB8ファミリー。
てっきり体験済みなのかと思いきや、「登ったことはないんですけどねw」とw
Jrは登りたがっていましたがw
IMG_2538.jpg



平安名崎を後にし、「ちょっと自宅によります」とB8さん。
ブログで見たTOMY8の拠点です。
IMG_2542.jpg

隣にはでっかいご自宅が!
奥さまには「ウチなんか撮って何が面白いの?w」と言われましたがw


そして昼食に「春おばぁ」というお店に連れて行ってもらいました。

IMG_0614.jpg
ゆし豆腐そば、おいしかったです。




次は水中観光船に乗りましょう!と連れて行ってもらったのは「シースカイ博愛」

IMG_2617.jpg

IMG_2546.jpg

船の中から海中が見られる観光船です。

いざしゅっぱ~つ!
IMG_2551.jpg


かわいい嫁ちゃんを自慢したいので1枚だけ薄ボカシw
IMG_2549.jpg
怒られたら直しますw


ポイントに近づくと「下に降りてくださ~い」とアナウンスが。
船内はこんな感じ。
IMG_2555.jpg


海はキレイなんですが、のぞき窓の透明度が低いので画像は悪いですがご容赦を。


観光用に餌付けしてるのでたくさんのお魚が寄ってきます。
IMG_2556.jpg

下にはサンゴがたくさん!
IMG_2569.jpg

IMG_2598.jpg

巨大なハマサンゴ?
IMG_2578.jpg

コレはなんだろ・・・。
IMG_2595.jpg

テーブルもあります。
IMG_2599.jpg

たまに青っぽいキレイなのも。
IMG_2571.jpg



こどにゃはなんだかよくわかってない?w
IMG_2560.jpg

親子感満点の写真。
IMG_2562.jpg

私は撮影に夢中w
IMG_0620.jpg


お魚は餌目当てにしつこく併走(併泳?)してきますw
IMG_2582.jpg

コレにはこどにゃもご満悦。
IMG_2593.jpg


お友達になれそうかな?
IMG_2573.jpg


照れ笑いのJrがカワイイ!
IMG_2602.jpg


帰りはまたデッキで。
めっちゃわろてるw
IMG_2610.jpg

また餌を撒いてくれました。
粒餌OKですw
IMG_2605.jpg

こちらはB8さんおススメのブリーズベイマリーナというホテル。
今回宿泊する東急より少しリーズナブルで、ホテル前のビーチはサンゴ礁だそうで、シュノーケリングが楽しめるそうです。
IMG_2615.jpg

ちなみにすぐ近くにTHE SHIGIRAという、スイートが1泊80万円のホテルがありますw



そんな一生縁がないホテルのことを考えていると港に到着。
初めて採取前のサンゴが見れて楽しかったです!!
IMG_2616.jpg


「初日は疲れてるでしょうから海(泳ぎ)はやめておきましょう」と気遣って頂きましたが、もう待ち遠しくて堪りません!

次は大きな橋で繋がっている来間島(くりまじま)という離島へ。
上記の地図で言うと左下の島です。
嫁ちゃん希望のスイーツ屋さんへ。


楽園の果実というお店です。
20140624152052-68.jpg


ここで嫁ちゃんはマンゴーパフェを、私はマンゴージュースを注文。

20140624153923-76.jpg

このぱふぇが2,100えん・・・。
ぱふぇが・・・。


コイツまで食いよる・・・w
IMG_0626.jpg


さすがにめっちゃ美味かったですw





この後はホテルまでB8さんに道案内してもらい、この日は解散となりました。



今回宿泊したホテルはこちらの宮古島東急リゾートです。
(ホテルに着いたのは夕方なので、後日撮った写真です)

IMG_2884.jpg


IMG_2877.jpg

シーサーがお出迎え。
IMG_2879.jpg

キレイなハイビスカス。
IMG_2866.jpg

一眼ぽく撮ってみたり。
IMG_2868.jpg



早速チェックインし、客室へ入ると素晴らしいOcean View!!

IMG_2647.jpg

さすが、東洋一といわれるビーチなだけありますね。

部屋は特に高い部屋ではないので普通ですw
気になる汚れとか傷みもなく普通にキレイでしたよ。

気になるシャワーの水圧は・・・? very strong!
トイレももちろんウォシュレット付き。


ただ1個だけすごい不満がありまして、客室はWi-Fi完備とのことだったんですが異常に電波が弱く、ほとんど使えませんでした。
かろうじて繋がったり切れたり、という感じ。
他の部屋はわかりませんけど。

廊下とかEVホールとかロビーは一切繋がらず。
3Gもギリギリで、これはちょっと困っちゃいました。
せっかくの水槽チェックカメラがなかなか見れず、イライラしましたw
まぁでもそのくらいですね。


夕食はホテルのレストランでお寿司を食べました。

20140624195357-477.jpg

沖縄ならではの変わったネタもあります。
味はまぁ・・・普通でしたw
やはり魚は冷たい海の方が旨いですね。



てな感じで1日目は終了!

2日目はいよいよサンゴ礁でシュノーケリングです!

お楽しみに!w



[ 2014/07/02 ] 日々のこと。 | CM(8)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。