スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

捕獲!!

こんちは、どにゃです。


以前トゲやショウガを突くと書いたフレームエンゼル。
その為トゲやショウガはポリプを引っ込め、すっかり調子を落としてしまいました。

サンゴの味を覚えてしまったようでどんどん他のも突くようになってしまい、それを見る度に私がストレスを感じるようになってしまったので、さすがに耐えきれず捕獲に乗り出しました。



レイアウト全出しはやりたくないので1週間くらいかかりましたがなんとか捕獲成功。


20130730222324-862.jpg


クシピポプスなのに、シマやスミレよりガンガン突きます。

これでトゲサンゴの調子が戻るといいんだけど・・・。




誰だ!「フレームはほとんどやらない」って言ったのは!w



欲しい人いますか?
いないかw



スポンサーサイト
[ 2013/07/31 ] おさかなのこと。 | CM(12)

このウェーブポンプ凄すぎ。

こんにちは、どにゃです。

新しいウェーブポンプを買ってみましたのでまずはざっくりとレポします。
まだ国内では正規に取り扱いがないと思うので言っちゃいます、個人輸入です。

17日オーダーで21日着でした。
早いね!



Jebao WP-25 Wave Maker



20130722225251-994.jpg


見ての通り中国製です。



20130722225516-623.jpg


内容品はポンプ本体、マグネットホルダー、コントローラー、ACアダプターです。

いわゆるDCウェーブポンプです。

形はアレにそっくり、名称はアッチにそっくり・・・躊躇ないのはお国柄ですね。



20130722225904-268.jpg


丸いポンプをこのホルダーで挟み込むようにして・・・って説明するまでもないかw

とりあえずいっぱい写真撮ったのでバンバンいきます。


20130722230046-583.jpg


20130722230012-598.jpg


20130722230059-118.jpg


20130722230200-183.jpg


20130722230314-713.jpg


20130722230400-428.jpg


20130722230323-948.jpg


20130722230437-218.jpg


20130722230627-758.jpg



20130722230750-963.jpg

コントローラーのサイズは横10cm 縦6.5cm 厚2cmくらい。



20130722225614-231.jpg

コレは付属の光センサーです。
暗くなるとポンプが弱くなる的な。

海は夜だからって静かにはならないので、イマイチピンとこない機能です。
使う予定はありません。
使う場合は挿せばOKらしい。


20130722231249-187.jpg


接続した図。



20130722233150-242.jpg


今まで使っていたコラリアエボリューション4000との比較。

圧倒的にコンパクトです。

吐出口の向きも自由自在。
真上でも真横でもどっちでも向けます。


コラリアは好きでいくつか愛用してきましたが、あの事件以来イメージダウンしました。



とりあえず同じ位置に取り付け、他のポンプを全て停止し、コイツだけで回してみます。


20130722234324-658.jpg


20130722234428-838.jpg


20130722234341-478.jpg


20130722234523-93.jpg


20130722234540-848.jpg



波TUEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!!!!



水面の波打ちっぷりを見て下さいwww


水がピチャピチャ外に飛び散りまくりです。(汗)



すげええええーーー!w

なんだこりゃ!w


と一人で爆笑してしまいました。




このサイズでこのパワー。

しかもいくつかモードがあり、パルス調整もできます。
ただし出力はひとつのモード以外は調整ができません。


なので標準アダプター(24V)でいくなら900*450水槽じゃ強すぎます。
900*600くらいからですね。
レイアウトによってはそれでも持て余すかもしれません。

上向ければジャッポンジャッポン、下向ければ砂嵐です。

12/9追記「設置角度によっては24Vで900*450でもなんとかなりますので強過ぎは言い過ぎでしたゴメンなさい」


なのに音はメチャクチャ静か。
ポンプノイズを気にする方は意外と多いのでは?



ま、こうなることはスペックから想定済みだったので、変圧アダプターも一緒に買いました。


20130722235018-425.jpg

12Vから24Vまで、数段階の調整ができます。

他のポンプと併用なら最低の12Vで十分いい波が出ます。



ちなみに価格は70ドルで、アダプターは10ドルです。
送料が安いので、コミコミでも100ドル切ります。
やっすw


コラエボ4000(今は新型4400)と変わらない値段でコレですよ。

このポンプマジでスゴイ。

コンパクトサイズなのも嬉しいですね。


ほとんど同じ値段で、もう一つ上のWP-40という機種もあります。



購入先はコチラ。
http://www.fish-street.com/jebao_wp-25_8000l_wave_maker?category_id=35

※お約束ですが、個人輸入は自己責任で。


もうちょっと研究したら各モードと機能をご紹介します。

お楽しみに!!




[ 2013/07/24 ] 機材のこと。 | CM(20)

子供が産まれた日のこと。

こんにちは、どにゃです。


このブログはあくまでアクアブログなので、非アクアネタは極力書かないできました。

まぁでも初めて自分の子供が産まれた時のことくらい、記録として書くことにします。





産まれたのは、7月18日の予定日から3日過ぎた、21日の日曜日でした。


嫁ちゃんは先月から里帰りしており、いつもはLINEでやりとりをしていますが、産まれそうになった時は必ず電話をするようにと伝えてありました。



その日、私は洗濯を済ませ、日曜恒例の換水をしようとしていたところでした。

すると午後2時半頃に電話が鳴り、ドキッとして電話に出ると既に産科に入院しているという。


ただ陣痛は始まったばかりなので、まだ時間はかかるみたいとのこと。



とはいえさすがに呑気に換水するわけにもいかず、私は嫁ちゃんの実家近くの病院へ向かう事にしました。

と、その前に、その日は参院選。



普段はあまり選挙には興味がない私ですが、前日のAQUA LOVERSさんのブログを読んで、

「投票率が上がらなければ組織を動員する政党が苦もなく勝利してしまいます!」

という一文が個人的に引っ掛かり、某党を強引に推してくる旧友に良くないイメージを持つ私は「それは気に入らねー」と思い投票することにしました。


自分の子供の未来の為にも。



いつもは「誰に入れても変わらない」「入れたい人がいない」「誰に入れたらいいかわからない」「消去法で選んだ候補に投票なんてしたくない」「誰にも入れない権利があってもいいじゃん」「行くのめんどくさい」と投票には消極的でしたが、入れたい人がいないなら無記名で投票すればいい、そう思いました。


やはり、「投票に行く」のは選挙権という「権利」と持つと同時に、大人としての「義務」でもあるのかな、と。

「投票に行かない」(関心がない)のと「誰にも入れない」(魅力ある候補がいない)のは、結果は同じかも知れませんが、意味は違うんじゃないかな、と思いました。

少なくとも、「投票は行くけど入れたいヤツがいねーよ!候補者もっと頑張れ!」という意思表示にはなるかな、と。



幸い今回は応援したい候補がいたので、選挙区と比例区の片方は記入し、もう片方は「白紙」で投票してきました。

ジャイアン店長、ありがとう。






そして病院へ向かう途中にコンビニで軽食を摂り、午後4時半頃に病院につきました。


まだ病室のベッドでしたが、陣痛は少しずつ激しくなってきている様子で、その後陣痛が進むにつれて病室から準備室へと移動しました。


私はずっと傍にいましたが、進行状況を確認する為に10分~15分おきくらいに診察があり、その都度退室させられていました。
診察が終わると呼び戻されます。


何度目かの退室の後、呼び戻されたのは準備室ではなく分娩室。

嫁ちゃんは分娩台に乗っていました。
嫁ちゃんの希望で立会い出産です。


※イメージ
A,2006-325707_000002_small


私は上図の「4」のあたりに居ました。



それが午後7時半くらいだったかなぁ?

本来であればまだいきむ段階ではなく、分娩室に入るタイミング的にはかなりフライング気味(本人の希望)だったらしいですが・・・。


陣痛は波があり、その波(痛み)に合わせていきむそうです。
いきまないとすごく痛いらしいです。
だからフライング入室したそうな。
でも早すぎるといきんでも出ないし、早い段階でいきむのはあまりよくもないらしい。

なので普通はギリギリまでいきまずにその痛みに耐え、いよいよとなってから分娩台に乗るそうです。



陣痛に合わせ、「はい大きく息吸ってー、止めてー、いきんでー」
それを何度も何度も繰り返し、最後はトイレのスッポンみたいな吸引器で引っ張り出し、午後9時18分に無事男の子が産まれました。




ここで普通なら、産まれてすぐ泣き声を上げると思っていたらなぜか声を上げない・・・。

赤ん坊を台に乗せ、院長先生と看護師さん2人の3人がかりで何やら慌ただしくしている。






嫁ちゃんと2人で顔を見合わせ、一瞬まさかと不安がよぎりましたが少ししてから産声を上げて一安心。


どうやらへその緒が首に巻かれていたようで、出産の際に軽い酸欠になっていたそうです。

体内の酸素濃度?だかが若干低い値を示していた為、念の為保育器で様子を見ることになりましたが、特に問題はないだろうとのことで2日後の午後には通常のベッドに移りました。




1374581394760.jpg


吸引器で引っ張り出したため出産直後は頭の形が変形していましたが、だんだん丸くなってきて安心しました。(笑)



まだ産まれてから丸3日も経っていないので父親になった実感はありませんが、
お祝いコメントを頂いた皆様、ありがとうございました!

今後ともよろしくお願い致します。



さて、アクアブログに戻ります。(笑)


[ 2013/07/24 ] 日々のこと。 | CM(12)

【超速報】繁殖大成功!





自家ブリードに成功しました!

詳細は後日!!
[ 2013/07/22 ] 日々のこと。 | CM(22)

気がつけばシマヤッコ飼育1年達成と消えたアイツ。

どもども、どにゃです。


このブログには、サイドバーにおさかなの飼育日数カウントプラグインを入れてあります。(PCレイアウト)


それを見てふと気が付きました。

シマヤッコ飼育1年経過してたw

IMG_1243s.jpg

シマヤッコってキレイなおさかなですよね~。

サイズはほとんど変わってないですね。




小型ヤッコ界でトップクラスの人気を誇る、シマヤッコ。

人気の理由は、飼育難易度がやや高いこともあるのかもしれません。


しかしこのシマヤッコは、私にとって初めてのシマヤッコです。
初シマで難なく成功してしまいました。

これは決して私のウデが良いのではなく、初期状態の良さのお陰だと思っています。


「シマヤッコ入れたいなー」と思ってからこの個体を購入するまで、実に半年以上かかったと記憶しています。


購入時の詳細はコチラ。



混泳に多少手間がかかりましたが、今ではウズマキに並んで餌リングに突きに来ます。


サンゴを突くのは止めてもらいたいですが・・・w


IMG_1240s.jpg


ヤッコカーストの中では最下位ですが、元気に暮らしています。


フレームはサンゴ突きが激しいので出したくなってきた・・・。(汗)






【消えたアイツ】



ある日、水槽写真を眺めていてふと気が付きました。


ハンペンタンがいない・・・?

20130105 231447



購入時は純白でしたが導入数日で茶色になり、正直に言うとガッカリしていました。
機会があったら出すか・・・なんて思っているうちに、行方不明になってしまいました。


水槽外(裏)も捜索しましたが、完全に行方不明です。
水槽内で死亡した後、エビやカニに処理されてしまったのかもしれません。


しかしずっと元気だったし死因も不明、遺体も遺骨も上がらず・・・まさに神隠しです。
ウチにはイソギンもいないし。


水槽外に飛び出した後、ルンバに回収された・・・? まさかね~。


出すつもりだったとはいえ、行方不明は気持ちいいものではありませんね。


謎だ・・・。


皆さんもそういう経験ありますか?




[ 2013/07/19 ] おさかなのこと。 | CM(14)

ハンナはん・・・。

どーも、どにゃです。

先日手に入れたHANNAのリンチェッカーppbバージョンで昨日も計ってみました。


-測定条件-

サンプル(飼育水)はサンプではなく飼育水槽から採取。
飼育水にて試験管2本を共洗いした後、それぞれに10mlを採水し、予め1本に試薬を入れ良く溶解させる。
頃合いを見計らって試験管AをC1として校正し、試薬を入れた試験管BをC2として測定。


試験管の文字(10ml)は同じ向きに入れる。
試験管内に細かい気泡が残らないよう注意する。
試験管はよく拭ってから挿入する。



こんな感じです。


で、1回目。


20130716225922-120.jpg

6ppbでした。


う~ん、やっぱりその辺りなのか?


で、試しに試験管の中身はそのままに、再度同じ手順で計ってみました。


20130716230753-450.jpg


う、う~ん・・・。(汗)

時間が経つと試薬の反応が強くなって数値が高くなるのが自然だと思ったんだけどゼロとは・・・。

気泡が残ってたのか?
試薬が溶け切っていなかったのか?





ええい!もう一度ちゃんと計り直しだ!(試薬2個目)


20130716231921-173.jpg



ガビーンw


16てw



で、例によってそのまんま再計測。



20130716232416-953.jpg


7・・・。



もうワケわからんw


誰か助けてー!w

[ 2013/07/17 ] 水質のこと。 | CM(12)

レイアウト変更&オージー追加。

ども、どにゃです。


先日SPXPを前後入れ替えた記事を書きました
が、やはりどーーーしても気に入らず、
また照明近接化による色揚がりも思っていたほどの効果が得られなかったので、
7/7に再度前後を入れ替え、それに伴いサンゴの配置も適正化しました。


IMG_1301.jpg

レイアウト変更に当たって、今まではサンゴを増やす際に置き場所を作る為とかさ上げをする為に、その都度ライブロックを追加していましたが、最近は照明が強化されたことと各サンゴが大きくなってきた為、逆にLRを2~3個減らしました。

サンゴの置き方が前より上手くなってきたのもあるかなw


画像だとあまりわかりませんが、やはりコッチの方が見ていて気分が良いです。


LED照明による画像ではどうしてもコントラストが強くなってしまいますね。
肉眼ではこんなに影っておりません。
HDR加工でもしないと見た目通りには写せません・・・。



入れ替えてまだ一週間ほどですが、SPが良く当たる位置に置き直した
ブルーのスギノキは青が濃くなってきました。

IMG_1338s.jpg

やはりKR93SPとの相性は鉄板ですね。



オージーストロベリー、一時はかなり茶色になりましたがだいぶ良くなりました。
これは特に影が強く写りますね・・・。(汗)
肉眼ではもうちょっとだけキレイです。ホントですw

IMG_1352s.jpg

でももう少しくらいは戻せると思います。

とは言え購入時ほどは無理かな・・・。
今見ると凹みますねw
生クリームがだいぶ傷んでますwww

やはりベースが白~クリーム色のは栄養塩の影響が現れやすいですね。



コイツは褐色がしぶとい・・・ホントはSP直下に置きたいんですが、いかんせんデカくなったのと場所がないのとレイアウトの見栄えの問題から後景(XP下)になっています。

IMG_1348s.jpg

かなり強光がお好きな様子で、一時期端に置いたせいでかなり褐色化しまして、そこから徐々に抜けてはいるんですが・・・。
ま、栄養塩は低いことだし、焦らず気長に待ちましょう。

ちなみに買った時の記事はこちら。(2012/10)

20121011 0005121

やはり置き場所をコロコロ変えるのはよくないですね。
成長がイビツになってます。






そして14日の日曜日、嫁ちゃんが「ラバーズ行ってみたい」というので行って参りました。

20130320125233-959.jpg



ちょうどオージー便+トンガ便が入荷したばかりで、キレイなのがたくさんありました。

今回入荷分に、まさに探していた激美のがありましたが、残念ながら売約済みでした。


そして迷った結果、好みの色への変化に期待を込めて選んだのがコチラ。
今でも十分キレイだけど。

IMG_1331ss.jpg




在庫分からですが、オージーのウスエダ!

微妙な色具合は全然再現できていません。

肉眼ではブルーパープルグリーンが混じったような、オージーらしい複雑な色をしています。
画像はちょっと青過ぎです。


価格はさすがオージーの17,800円!!

ウチでの生体最高額更新です。(汗)

普段ならこんなに高価なサンゴは買えませんが、
今回は嫁ちゃんから補助金(10,000円)が出たので買いましたw

も少し、あのオージーらしい「濃いブルーパープル」っぽくなるといいな。


IMG_1333.jpg





-補助金の申請方法-


~遡ること数週間前~

嫁ちゃん「○○に荷物取りに行きたいから手伝って~(クルマ出して)」

どにゃ「じゃあサンゴ買って~」

嫁ちゃん「いいよー」








良い嫁で私は幸せです。



[ 2013/07/16 ] サンゴのこと。 | CM(10)

同じく見たい、リン酸「0.00ppm」の向こう側。

こんにちは、どにゃです。


先日、我らがぴろっく会長による「リン酸「0.00ppm」の向こう側を見てみたい」という記事を読み、

「俺も見てぇ!」となった私です。


ということで、我が家も導入しました緑玉2号。


HANNA HI736 ppbバージョン。

07181813_4e23f92985ad1.jpg

アクアリストのたまごっちです。


ていうか、HANNAのサイトからHI736が消えてるんですけどなぜ?
取り扱い中止?

ネット販売店も在庫なしが多いし・・・あっても1万円くらいするし。
少し前は楽天でもいっぱいあったのになぁ。

今回は初のやどかり屋さんにて購入。
安かったです。


手書きの御礼メッセージとおまけが入ってました。

20130712210039-26.jpg

こういうのあると嬉しいですよね。
やどかり屋さんありがとうございます。




さて、今まではppmバージョンしかなかったのでそれで計っていました。
不定期的に何度も計ってきましたが0.00しか出たことがありません。

ベルリンで魚多くて何のリン酸対策もしていないのにこれは・・・壊れてるのか?試薬がダメになってるのか?
と、見えない敵と戦っていました。(笑)

今日からは、そんな不安ともおさらばです。


魚と言えばアイツが忽然と消えた・・・。
それについてはまた後日w




ひとまず、カウントダウンをワクワクしながら待ちます。


わくわくわくわくわくわくわくわくわくわくわくwかwくあw



20130712210039-27.jpg




出たー!!

ついにリンが姿を現しました!!


ウチの水槽のリンは8ppbだそうです!

リンが出て嬉しいというこの矛盾w



で、リンをリン酸塩に換算するには・・・ぴろっくかいちょーによると「*3.065」だそうな・・・。



8 * 3.065 = 24.52ppb = 0.02452ppm(リン酸塩)




あれっ?0.00ppmどころじゃないよ??
向こう側どころかこっち来ちゃってるしww (面白かったので愛をこめて引用w)



でも、このチェッカーの誤差は±5ppbってことを考えると、3~13ppb?


う~ん・・・安価な検査機器ですから、価格を考えたらこんな低濃度のリンが計れるだけで十分と言えば十分ですが・・・


我らアクアリストはもっと正確に知りたい!ですよね?






そもそもコイツの精度は実際のところどんなもんなんじゃい?と思って、C1でゼロに校正したセルをそのままC2として計ってみました。

20130712210936-301.jpg

むぅ・・・当たり前と言えば当たり前だがやるなw
多少は信頼できるようだw



念のため、もう一度ちゃんと計り直してみました。

試薬がもったいないけど初めてだからフンパツしちゃいましょう。


すると・・・
















20130712211605-676.jpg






い!?
い・・・いち!?


1ppb = 0.003065ppm





0.00ppmの向こう側キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!


ってさっきは8だったぞ!



8と1の差は大きいなぁ・・・。



ここは間を取って、(8+1)/2=4.5ppbとしておこうwww




4.5ppb = 0.0137925ppm





ベルリンにしては健闘してるでしょう。多分。

しょっちゅうフンが転がって&MPで撒き散らされてる事を考えると、意外と低かったです。


あ、炭素源は入れてるのでそのせいかな。


でも入れる前からppmでは0.00だったしなぁ・・・。



皆さんによく言われるけど、ウチはリン酸塩が出ない謎の水槽ですw

まぁ出なくていいんだけどw



コレがゼロになった時に初めて「超低栄養塩環境(ULNS)」のスタートラインに立てるワケですね~。

ま、ゼロに拘るだけが全てではありませんが・・・。



皆こうしてppmバージョンが不要になるんですねw
※ppmバージョンはmjnekoさんに激安で譲ってもらったモノ




これでまたひとつスッキリしたどにゃでした。







special thanks to ぴろっく@会長



[ 2013/07/13 ] 水質のこと。 | CM(10)

超絶ドピンクなのが来た。

こんちは、どにゃです。


しかし暑いっすね・・・。

今日、東京は35℃だそうです。

もう3日くらい連続じゃないかな?


ウチはマンションの5階なので昨夏の昼間の留守中は窓を開けていましたが、さすがにこの連日35℃の暑さだと水槽クーラーにも相当負担がかかりそうなので、最近は窓を閉めてエアコンを28℃にしています。
夜もつけっぱなしなので24時間稼働中です。


となると電気代が気になるところですが、マンション+インプラス(2重窓)の冷暖房効率は本当にスゴイです。


以前住んでいた賃貸は木造で、夏の帰宅後はエアコンを最強にしてもなかなか涼しくなりませんでしたが、今は窓を閉めてエアコンをつけるとすぐに涼しくなります。

冬も寒かったなぁ・・・。
今の家は窓を閉めておけば、水槽や家電の排熱で真冬でも17℃は切りません。



そして一度涼しくなるとエアコンの稼働率はガクッと下がるので、窓を開けて水槽クーラーが短いスパンで稼働しまくることを考えると、多分こっちの方が電気代は安いと思います。



去年、同じように最高気温32℃の時に実測した記事があります。

クーラーの電気代を測ってみた。



この時は水槽クーラーの稼働率はあまり変わらなかったけど、30℃以上の3℃差ってカナーリ違うと思うんだけどどうでしょうね。

まぁでも今の水槽で万が一水槽クーラーがパンクした時の被害総額を考えるとエアコンの電気代どころじゃないので保険てコトで。(笑)

早くクーラー大型化して安心したいっす。





そんな激暑い中、巷で噂の超絶ドピンクなアイツがやってきました。




20130709174341-3.jpg




20130709172624-32.jpg





例のピンククラウンのデモ車だそうです。

トヨタの方が見せに来て下さいました。



このカラーは受注生産で、台数制限はありませんが今年9月の「1ヶ月間のみ受注受付」だそうです。

生産開始は12月だとか。

カラー以外の内装その他は普通のクラウンと同じ。



ドピンクといってもクラウンです。

どのグレードに適用されるのかは知りませんが、このデモ車はクラウンハイブリッドのアスリートG。

新車価格は543万円です。


買うとしたら企業が宣伝用にとか、お金持ちのモノ好きな方とか、目立つのが好きな芸能人とか?

一般人は買わんよなぁ・・・。


ま、クラウンでやるあたり、普通の若い女性がターゲットではないのは確かでしょう。


そこにはトヨタの思惑や戦略もあるのでしょうが、果たして何台売れるのでしょうかねぇ・・・。




ちなみにこの営業の方曰く、「まだ欲しいと言われたことはない」そうです。(笑)


[ 2013/07/10 ] 日々のこと。 | CM(8)

KR93XPが・・・。

どーも、どにゃです。


昨日、BHさんにお預けしていたKR93XPが戻って参りました。

また故障?

いえ、故障ではありません。
幸いXPは未だ無故障です。(笑)

工場の製造技術が上がってきたのかな?




まずは写真をご覧ください。

左が旧バージョン、右が新バージョンです。

20130704003028-929.jpg



わかりますか?



20130704003049-100.jpg




サイドラインのレンズがプリズムレンズからクリアレンズに変更されています。





KR93XPのプレリリースモデルはサークル、サイドライン共にプリズムレンズを搭載していました。


20130704003055-896.jpg


プリズムレンズは見ての通りレンズがぼやけていて、ビーム角をボカす働きがあります。


これにより、LED特有のギラギラチカチカした乱反射や照射ムラを軽減し、観賞する人の目にも優しく、
また光のブレンド性を高めることで、とてもLEDとは思えないより均一な光をサンゴに届けることができます。

特に明るい素子が使われているセンターサークルにはとても有効だと思います。



ところが2013/5以降のモデルからマイナーチェンジが施され、サイドラインのレンズがクリアに変更されました。

20130704003118-343.jpg



これはサイドラインに搭載されているUV系素子のレンズロスを軽減する為だそうです。

プリズムレンズは光を拡散させる特性上、どうしても光量にロスが発生します。

XPSPと比べてUV素子の数が少ない為、光のブレンド性よりUV波長出力の向上を選択したのでしょう。


実際に点灯させてみると、確かに従来品より若干明るくなりました。
またUV系の波長は人の目には見えにくい為、色ムラもそれほど気になりません。



私はマイナーチェンジ以前に購入していた為プリズムレンズ仕様のモデルでしたが、BHさんよりご連絡があり、
なんとレンズの交換対応をして頂けるとのこと!

しかも無料で!

もちろん代替品も貸し出して頂き、往復の送料も一切負担なし。

既に販売済みの商品にそんな対応をして頂けることに驚き、嬉しかったです。


20130704003127-463.jpg




これにより光のブレンド性は若干低下しますが、UV波長の出力が上がるのは嬉しいところです。
どのぐらい上がってるのかな?

ちょうどタイミング良く、エイジさんのブログにも超浅場系へのUV-Aの有効性が書かれていました。



新しくなったKR93XPでサンゴ達はどのような挙動を見せるのか、しっかりと観察していきたいと思います。





[ 2013/07/04 ] 機材のこと。 | CM(10)

ベルリンシステムでのZEOvit添加剤使用所感。(前編)

こんにちは、どにゃです。

先日、コメで「使ってる添加剤教えれ」とリクエストがあったのでまとめてみます。

画像なしの長文です。




私が使っている添加剤は全てZEOvitのモノです。

なぜZEOvitのモノかというと、単なるアコガレです。(笑)



そんな私は日本式ベルリンシステム。(以下ベルリン)

水量はおよそ170~180L程度で、換水量は生体の少なかった時代で20L/週、現在は40L/週 です。
適宜大量換水。(100~140L)


ミドリイシにハマってから徐々に添加剤を使い出し、今では毎日ポタポタしています。
最初の動機は、「なんか入れてみたいから」でした。(笑)


ZEOvit添加剤は当然「ZEOvitシステム」前提なので、ベルリンシステムには合う合わないが出てきます。
その辺を実際に使ってみた感触として書いてみます。


まず、私が持っている添加剤は下記の通り。


Sponge Power

Iodide Complex

Coral Vitalizer

ZEOstart3

B-Balance

Pohl's Xtra

ZEObak

Amino Acid

Coral Snow

Potassium Iodide

Stylo Pocci Glow 

Strontium Komplex

spur2

ZEO mag




各商品の説明一覧はLSSさんをご覧下さい。





ここ最近の添加剤の添加具合は下記の通りです。



Sponge Power 毎日 1~2滴

Iodide Complex 毎日 1滴

Coral Vitalizer ほぼ毎日 2~3滴

ZEOstart3 毎日0.1~0.15ml(2~3滴)

B-Balance 毎日0.5~1ml

Pohl's Xtra 毎日0.5~1ml


ZEObak 週2回 2滴

Amino Acid 週2~3回 1~2滴

Coral Snow 週3~4回 3ml

Potassium Iodide 週1回 2滴


Stylo Pocci Glow 不使用(1クールのみ)

Strontium Komplex ほぼ不使用

spur2 不使用(数回あり)

ZEO mag Caリアクターに10%

ゼオライト、カーボン 不使用




ほとんどゼオラーの添加ですね。(笑)



この中から、ZEOvit添加剤に興味があるベルリンユーザー向けに、私が選ぶおススメ添加剤をランキング形式でを発表したいと思います。




とその前に、ZEOやりたいなら私みたいなことはせず、とっととZEOvitシステムにした方が賢いです。

システムは一貫であるべきです。
LEDでベルリンでZEOvit添加剤入れてるメチャクチャな奴が言ってみます。(笑)


ま、やってみたからこそ言えるワケですが、ベルリンはベルリンらしく、換水だけにした方が安定します。
大きなトラブル時も大量換水すれば環境リセットできるので問題解決もしやすいため、一見換水の手間がかかるように見えますが、実は飼育の手間がかからないのがベルリンだと思います。


私が言うのも何ですが、やはりベルリンとバクテリオプランクトンシステムはごっちゃにしない方が良いです。
私は「両方のいいトコ取りしよう!」と思いましたが、実際にやってみるとむしろ
それぞれのシステムの良さがスポイルされてしまい、所謂「迷走状態」に陥りがちです。


事実、私は大量換水で解決した問題もありましたが、解決しなかった問題もありました。



とあるZEOvitシステムユーザーの方が言いました。

「水を換えても問題解決にはならない」
と。

これはZEOvitシステムユーザーならではの言葉です。


特にZEOvitはゼオライトあってこそのシステムです。
そのシステムに最適化されたプログラムを、そのシステムの経験がない者が応用しようというのですからハナから無理がありますよね。




じゃあなんで私は添加剤を入れるのか?というと、換水は嫌いじゃありませんが、
換水しかしない飼育はつまらないと感じたからです。
これは完全に個人の主観です。
飼育のスタンスは可能な限り手間を減らしたい人、とにかくいじくりたい人、様々でしょう。

単純に私は後者だったようです。
あとはZEOvitの色合いへの憧れもあります。


じゃあ素直にZEO化すればいいじゃんということになりますが、私がZEO化しない理由は、サンプが狭くてZEOリアクターが置けないからです。(笑)

サンプを買い直す+リアクターを買う+とりあえずは安定している+生体多いしリセットは苦+近い将来サイズUPしたい=今じゃないでしょ!

という理由で今に至っております。





話が逸れましたので戻します。


私が選ぶベルリン向けおススメ添加剤ベスト5!

もう修飾めんどくさいw


第5位 ZEObak!

生きた微生物添加剤。
リン酸を取り込むバクテリアが含まれているとか。
元からリン酸は検出されなかった為、効果は不明。

入れる場合は既存のバクテリアバランスを急激に変化させないよう、初期は様子を見ながら。
以前、毎日2滴入れ続けたら水槽のあちこちに変なコケとバブルスライムが誕生しました。(笑)

開封後の使用期限が短いのが難点。
過ぎても使ってるけど異常は起きていません。
但し新鮮な方がいいのは間違いないでしょう。


第4位 Amino Acid High Concentrate!


これはアミノ酸です。
無色透明で、酸っぱいニオイがします。
アミノ酸と一口に言ってもいろんな種類があるようですが、魚やサンゴは人間と同様アミノ酸を必要とするそうです。
天然海水には含まれているが、人工海水には含まれていないことがほとんどのようです。

添加直後はサンゴのポリプが開きます。
魚の健康や食欲を促進する気がします。
但し、天然海水にも「微量」らしいので、過剰添加は栄養塩の元。
サンゴが色落ちしたり、コケが出やすくなったりします。


第3位 Sponge Power!


「海綿、シャコガイ、ホヤの餌です。
水の綺麗さと品質が飛躍的に上昇。」
と謳われている通り、確かに飼育水がキレイになりました。
その影響か、サンゴもキレイになった気が。
比較的ローリスクな印象。

餌と言う割には無色透明。
酸っぱいニオイもするのでアミノ酸の一種?



第2位 Coral Snow!


乳白色のとろっとした液体。
望まない酸や飼育水を黄化させる酸を中和するらしい。
使用後は目に見えて飼育水の透明度が上がります。
即効性なのもせっかちさんには嬉しい。

透明度の向上は照明強化と同じ価値があります。
水がキラキラになって観賞性もUP。
悪影響経験はナシ。(1~2ml/100Lでの使用)
スキマーで回収されます。



第1位 Iodide Complex!


ヨウ素です。
消毒薬のようなニオイの黄色い液体。
ZEOvitに限らず、各社から添加剤として販売されていますね。
それだけ重要と言う事でしょう。
必須ミネラル(元素)です。

ヨウ素は吸収されたり有機物と結合してスキマーで濾し取られたり、光でも分解される為、特に照明の強いサンゴ水槽ではあっという間になくなってしまうそうです。
ヨウ素の欠乏は白化につながりやすいらしく、これの影響かは不明ですが、これを入れ出してから根元の白化が無くなりました。

魚やサンゴの病気予防、免疫力向上にも効果ありとのこと。
過剰添加は危険ですが、正確な測定が困難なので注意が必要。

サンゴ水槽には添加おススメ。
換水が多い水槽には不要かな。




以上でございます。





さて、テキトーにランキングにしましたが、いかがだったでしょうか。

振り返ってみると、バクテリア、アミノ酸、ヨウ素などやはり基本的なものですね。

色揚げ剤や色抜き剤はこのあとのステップですよね。



参考にして頂くのは結構ですが、結果に関してはノークレームで。(笑)


もしやるのなら、「壊してはリカバー」を繰り返して学ぶしかないと思います。

私はそれを繰り返して、ここまできました。
今後もきっと繰り返すでしょう。


水槽の数だけ正解があるのがマリンアクアの悩ましくもあり、奥深いところ。

実に面白いですね。




リクエストいただいた方、こんなところでいいでしょうか?


ランキング外の物は後編にて。





ウデのないヤツがエラそうに語りましたがどうぞお許し下さいませ。

[ 2013/07/02 ] 添加剤のこと。 | CM(18)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。