サンゴの今と過去。

こんにちは、どにゃです。


今回はサンゴのびほーあふたーを比較してみたいと思います。

カメラはスマホだったりデジイチだったり設定もアレだったりするのでテキトーに脳内修正しながら見て下さい。(笑)
一応、極力見た目に近く写すよう、いつも努力はしていますが・・・。
撮影後の修正はしていません。

なう画像はデジイチなのでかなり見た目に近いはずです。








2013/3 購入

20130325000652-879.jpg



2013/6

IMG_1193s.jpg

結構伸びています。
XPの白chをバンバン当てていた時はもう少し黄色かったんですが、今は白青均等なので少しグリーンに寄りました。
XPの中心直下に置いて青chを絞ればもう少し透明感のあるイエローになると思いますが、如何せんデカいので置き場所を選びます・・・。
今は水槽のハジにあります。



狙いとしてはこのくらいのイエローにしたいです。

IMG_1195s.jpg


元 2012/10 購入

IMG_1195s.jpg

多分水流不足で根元が傷んで、一時は死にかけて真っ白になりましたが、枝打ちしてここまで復活しました。






この間記事にした変な伸び方のヤツ。
右の先端ブルーは別個体です。

IMG_1183s.jpg



購入は2012/8

2012-08-23 005715

元は黄緑でしたがSPでグリーンになり、XPでイエローに寄せました。
形はイマイチですが色はめっちゃキレイなイエローです。




お気に入りのハナガサのピーク時 2013/1 購入は2012/11

20130129221504-548.jpg


サイアク時w 2013/4

20130417204719-262.jpg


今はちょっとずつ色戻り中。

IMG_1192s.jpg

褐色がしぶといです。
SPがよく当たる後ろの先端はキレイです。
キレイだった時はSP直下だったので直下に置きたいんですが場所がなく・・・。




XP直下でヤケドさせて調子ダウン中のトゲ。
置き場所を下げてからは一応回復傾向にある模様。
フレームエンゼルのターゲットになってしまっているのが痛い。

IMG_1172s.jpg



購入時 2012/7

2012-07-01 134316

このトゲはホントムズかしい・・・。
デカくはなりましたが、何度諦めて出してやろうと思ったことかw

でも、このトゲの色落ちがメタハラ1灯の光量不足を疑いKR93SP購入の原動力となり、さらに中域波長補完のKR93XP購入の原動力となりました。

だからキレイになってくれないと困ります。(笑)





2013/1ツアーで購入したバディング。

20130128000646-180.jpg


これはほぼ変わらないかな。

IMG_1213s.jpg

ずーっと底に置いといたせいか、先端はちょっと薄くなりました。





2013/3購入のフィジークシハダ。

20130331230429-8.jpg


一時はかなり茶色になって凹みましたが、レイアウト変更してKR93SP直下に移動後は結構回復しました。

2013/6

IMG_1204s.jpg

これはちょっとキレイに撮れ過ぎです。
ホントはもうちょい茶色く、ここまで青くはないですが、先端は購入時よりブルーが濃くなりました。
あとベースのクリーム色部分には蛍光レッド?オレンジ?ピンク?のようなうっすら赤っぽい色が発現してきました。
これは面白いので期待中。

ベースが蛍光ピンクで先端ブルーにでもなったらスゴイなぁとか妄想中。(笑)



お馴染みイチゴ。
2013/2 購入時激美。
ウチの最高額サンゴ。

20130213025257-149.jpg



2013/6 (´・ω・`)ショボーン

IMG_1198s.jpg

これはちょっと茶色が濃く写ってます。
現物はもう少しだけキレイなんですがどうしても見たままに撮れません。

ベースにグリーンが出てきましたが、根元は茶色になりました。
イチゴムズすぎ。
でもレイアウト変更後、茶色は抜け方向へ。



mjnekoさんに貰った種類不明のneko産ミドリイシ。

IMG_1187s.jpg

フレームがこっちまでつつくようになってしまった・・・。
ホントはもっとポリプふさふさしてたのに。(汗)




貰った時 2012/12

2012-12-16 234842

キレイな濃いグリーンが気に入っていましたがパステル方向へ変化しました。
大きさもかなり大きくなりました。



AQUA LOVERS産ZEOvit育ちのショウガサンゴ。

IMG_1171s.jpg


消灯時

20130627013745-701.jpg




購入時 2013/1

20130127205656-235.jpg


これはZEOvit育ちってことを考慮すると検討してると思います。多分。

陰部の色はどうしても抜けちゃいます。
全身染めたようなピンクは照明だけじゃ無理っす。

でもXPのお陰でとてもキレイなピンクです。






ナナメ上からの眺めでおしまい。

IMG_1179s.jpg

CPパープルのサンゴが欲しいな。




XPのローン終わったワーイw

[ 2013/06/29 ] サンゴのこと。 | CM(10)

ショップツアー2013年6月編。

こんにちは、どにゃです。

日曜日、2ヶ月ぶりのツアーに参加してきました♪

もう魚もサンゴもお腹(水槽)イッパイな感じではありますが・・・。(笑)
ツアーはそれだけが目的じゃない!


メンバーはいつものあなごんべさん、親方~さん、俺海さん、mjnekoさんに加えて、初めましてのはらやんさん、親方~さんのご子息とどにゃでした。

はらやんさんはコーラルフィッシュ誌に掲載されたこともある大ベテラン!
しかし残念ながら現在アクアは休止中とのこと。
復活をお待ちしております。


1店目に向かう途中でいきなり渋滞発生。
なぜか対向車が一切来ない。
と思ったら後ろからパトカーと救急車が対向車線を逆走していく。

これはあきらかに事故渋滞!

親方~さんのすばらしい判断力で速攻Uターンして最小限で回避。
さすがです!


1店目 B松さん。

無事時間ピッタリに到着するも、まさかの店長不在。

在庫(浅場SPS)もパッとせず、残念な状況。(実は火曜日にも来てるので知ってたけどw)


そして恒例のきのこさんと遭遇。
きのこさんのB松常駐率ハンパないです。(笑)


店長も居ないし、そこそこに退散。




2店目 B八さん。


八潮は最近来ていないので少し楽しみでしたが、こちらも大塚さん不在。
二人していないとは・・・。

同じ店なので在庫状況も松戸と変わらず。



2.5店目 うどん屋さん。


今日はたくさん回る予定だったので、別に食べなくてもいいよね的な空気俺海さんがぶち破る。(笑)

そしてお食事中は会話したい私を気遣って、あなごんべさんは隣に来てくれました。優しい。
早く行きたい親方~さんに睨まれつつ(嘘)、結構ゆっくりできました。
帰り際、ロリ海さんは幼女をナンパしてました。




3店目 AQUA DEEPさん。


こちらはできたてホヤホヤの新生ショップ初来店!
20130623134008-404.jpg

20130623134022-508.jpg


店内も明るく、できたてなのでもちろんキレイ!
初心者でも入りやすい雰囲気でミニ水族館のようです。

魚もサンゴも幅広い在庫で、店員さんも若くフレッシュな感じでステキなお店でした。
マロンフィッシュやクラリオンなど、一見の価値あるレアフィッシュも!

ライブロックは人気の太い枝状のがありました。




詳しくはnekoさんブログで。(笑)

今後も期待のショップですね!

しかしさいたまはマリンアクアショップ激戦区すなぁ。



5店目 フィッシュアイランド・シマさん。


こちらも来店は初。
店というか、ミニ問屋ですね。
こちらはアクアディープさんとは打って変わって、昔の駄菓子屋さんみたいな雰囲気が懐かしい感じでした。

マニアックな雰囲気とは対照的に、オヤっさんは気さくな方で、色々聞かせてもらいました。
おかみさんもニコニコ明るくてステキ。


そして機材・用品めちゃ安!
クーラー買うならここですね。

残念ながら半額セールをしたばかりで「フィッシュ」はほとんどいませんでした。(笑)




6店目 アクアステージ21埼玉店さん。


なんか見たことある人が・・・と思ったら東京店の店長さん(多分)が居ました。
東京店は久しく行ってないけど異動になったのかしら。

他は特になし。



その後、自宅まで送ってもらい解散。
電車嫌いなのでめちゃくちゃ助かりました。
親方~さんわざわざありがとうございました!



今回初めて何も買わず。(笑)

まぁそんな日もありますよね。
無理に買ってもつまらないし。


でも楽しかった~。
ツアーの一番の楽しみは車中のおしゃべりですね。

毎回楽しい思いをさせて頂いて、ホント幸せです!


皆様ありがとうございました、お疲れさまでした。
またよろしくお願いします。







[ 2013/06/25 ] ツアーのこと。 | CM(16)

苦肉の策。

こんにちは、どにゃです。


ここ最近、ずっと頭を悩ませていたことがありました。



ウチはレイアウトの形がひな壇である為、当然ながら後方へ行くほど浅くなります。

IMG_0841.jpg


つまり照明との距離が近いという事です。



逆に、手前に来るほど深くなり、照明が遠くなります。


照明はKR93SPKR93XPを使っていますが、手前にSP、奥にXPという配置でした。


それぞれのサンゴを実際の生息深度に合わせた配置にする為です。

浅いほど黄色く、深いほど青い光、という自然な感じになっています。



しかし、より新しく優れた素子を搭載した後発モデルのXPの光量は、SPのそれを上回ります。

さらにサンゴの設置位置も浅い為、出力を絞っていました。

それに対し、SPはフルパワーです。



以前(SP1台時代)にサンゴが順調に色揚がりしていた時のことを思い出してみると、

照明:水面15cm
サンゴ:照明直下、水面15cm

くらいでした。

今は手前のサンゴ達は水面下20~30cmくらいです。
ウチの水質では、この距離ではダメなようです。

その当時より色落ちしたり、褐虫藻がしぶとく抜けにくいサンゴがある為、もっと強い光を当てたいと思いました。

コイツとか。

IMG_0990.jpg




魚が多い環境で水質を上げるのは容易ではないので、照明のパワーで色揚げするしかありません。

その場合、照明を下げたりサンゴを上げたりですが、
灯具はすでに水面上15cmというギリギリのラインなので、サンゴを持ち上げるしかありません。


SP1台しかなかった時は何も考えずにLRを積み上げて高さを稼いでいましたが、今の状態で手前を高くすると当然後ろのサンゴが見えなくなってしまいます。



ということでさんざん悩んだ結果、XPはパワーを持て余している事だし、苦肉の策で前後を入れ替えてみることにしました。



IMG_0986.jpg

出力は共にフルパワー。
トゲはXPが強すぎて先端が焼け気味だったので底の方に置きました。


肉眼で見ると、写真より手前が明るく奥が暗いです。

そして手前がかなり黄色い。


サンゴが成長してきてレイ変も一苦労。(汗)

全部を理想の位置に収めることは不可能です。


3時間くらいかけて直しましたが、予想通り実に不自然で気に入りません。(笑)


でも仕方ないのでこれでしばらく様子見です。

茶色が抜けたらまた考えよう。


しかし一回付いた茶色はなかなか抜けませんね。

薬浴しかないかな?(笑)








UV寄りというスペクトル(比視感度)の特性上仕方ないのですが、やはりSPは暗いと感じます。

あくまでウチの環境ではですが、、色を揚げるには距離を詰めないと厳しいです。

ま、冷静に考えてみたら所詮120W(30")ですからね。

距離さえ詰めれば色は揚がることは経験済みですが。(水質は置いといて)


でもXPは相当黄色いですけどね。

そのうちそれぞれについての所感を書こうと思います。




それと、赤いアイツが赤いサンゴ(トゲ・ショウガばかり)をつついて困っています。
トゲはコイツのせいで調子が戻らないんだと思う。

あまりサンゴつつかないと聞きましたがやっぱりヤッコはヤッコでした。


デジイチでキレイに撮れたのでうp。

IMG_0258.jpg
飛んでるみたい?



ヤッコに惚れてしまったばかりに、苦難の道を歩んでいます・・・。(笑)



[ 2013/06/20 ] サンゴのこと。 | CM(10)

次のクーラー。

こんにちは。

ネットニュースを見ていると、「タスポ」が「スタポ」に見え、「ミスコリア」が「スコリミア」に見えてしまいました。

マリンアクアに染まっているどにゃです。



それはどーでもいいとして、次期水槽のサイズうp(来年以降ですが)を視野に入れたクーラーの買い替えを検討しています。




現在使っているクーラーは中古で買ったゼンスイZC-700Eです。
(さいたまの某JK御用達のM店にてw)

その前は600規格でZR-75Eでした。

ゼンスイのアフターに感動した、ゼンスイ信者です。
なので次もゼンスイで考えています。



どうしても外置きはできないので、ZC-1000Eか、もしくはZC-1300Eで考えています。

zc2010.jpg



もしくは・・・コレとか?w

zrc400.jpg
大型循環式クーラー(屋内タイプ)ZRC-400




現在の水槽は900x450x450のOFです。

900規格水槽(8mm厚)の「内寸面積」は884mmx434mmです。
これに高さ(水位)を(仮に400mm)掛けると、およそ153Lとなります。

よく900x450x450で計算している例を見ますが、それだと約182Lになりますから実に30Lもの誤差となります。

また砂やLRが多ければ、実水量はさらに10L以上は減るでしょう。


クーラー選定の場合は「内容物も冷却対象」として考えるので単純に容積でOKですが、添加剤などは水量で考えなければならないのでこの誤差には注意が必要ですね。


さて、ウチの場合はこれにサンプの水量約40Lを足して193L前後になる計算です。

ゼンスイさんによるとこれにポンプや照明などの熱源を1W=1Lに換算して加算せよとのことですが、これってメタハラとLEDだとだいぶ違うと思うんですよね。


まぁ、仮にそのまま計算してもZC-700なら不足している事は無いでしょう。
スキマーもDCポンプだし、パワーヘッドも熱源が水槽外にあるMPだし。






で、問題の次の水槽サイズは1200を考えていますが、今のところは幅1200と奥行600はほぼ確定としており、後は高さを600にするか500くらいにするかで悩んでいます。


仮に高さを600としておおざっぱに計算すると、ガラス10mm厚で1180x580x540mmで約369L、サンプサイズは未定ですが900x500x300(水位)くらいとして約135L、ということでおおよそ500Lクラスとなります。
それに加えて照明やらなんやら・・・。

クーラーは水量と熱源を足した合計の2倍くらいの容量がいいと聞いたことがあります。

それでいくと、ZC-1000Eはすでに力不足になりますよね・・・。



カタログスペック


zc_spec.png



zrc400_spec.png


ちなみに消費電力1Wあたりの熱効率は、
ZRC-400>ZC-1000E>ZC-1300E でした。

ZC-1300EとZRC-400は消費電力がほぼ同じなのに、熱効率は877kcalと1204kcal、と段違いですね。

約1.37倍!
同じ電気代でこの差はデカイと思います。


その分うるさかったりするのかな?(汗)
でもその分稼働が短い(877/1204=約70%)ってコトですよね。
これはかなり魅力。


どっかに実機置いてないかな。






う~ん、私もBPリアクターを「おさすり」したいところですがw、あいにく持っていないのでKRをおさすりしてみようっと。

さいたまのJKさん、東京にもタマスィ~を派遣してください。


すりすり~ww






[ 2013/06/13 ] 日々のこと。 | CM(16)

水と光と魚とサンゴ。

こんにちは、どにゃです。

ご無沙汰しております。


ブログを3週間近くお休みしてしまいました。


ま、テンションダウン中で白化も死亡も購入もなく、特には何も起きていないのでコレと言って書くこともなかったですが・・・。


現在の全景はこんな感じです。


IMG_0841.jpg



レイアウトは変わりませんが、増設したKR93XPのコントロールが少しずつわかってきたせいか、全体的な色はちょっと良くなりました。
それでも各個体のピーク時と比べるとイマイチです。


画像だとどうしても陰が強くなってしまいますが、肉眼ではこんなに陰にはなっていません。


コレはデジイチで撮った(無修正)ので色は今まで(スマホ)よりは見た目に近くなりましたが、一枚で全てのサンゴの明るい部分と暗い部分の色を見たままに再現するのはとても難しいですね。





さて、改めてウチの飼育スタイルは、
「魚たくさんxLEDxベルリン+ZEOvit添加剤」です。


魚もサンゴも一緒に飼いたい!という我儘を通す以上、当然ですが仕上がりはどちらかに特化した飼育には敵いません。

しかし「お魚いっぱいxサンゴいっぱい」というスタイルはどうしても譲れないのでこれは崩すつもりはありません。


それでもなんとか画像程度にはなっています。

これは紛れもなくフルスペのチカラでしょう。
他に要因もないし。

といっても私、ミドリイシはフルスペ以外の照明の経験がないので比較はできませんので悪しからず。(笑)



ZEO添加剤も少しは手伝っているかもしれません。

Spur2は試験的に何回かだけ入れましたが通常運用はしてません。



魚に関しては皆不調もなく健康そうなのですが、サンゴに関してはまだまだ納得できていません。

ぶっちゃけ、ほとんどが買った時より色落ち(褐色)してます。(汗)

激美ばっかり買ったツケですね。


更に魚(給餌)が多いという点も考慮すれば、サンゴの色維持・色揚げには妥協が必要ですし、もしかしたら充分健闘している方なのかもしれません。

そう考えると、今のレベルで満足するのもアリでしょう。




でもそれじゃあつまらない。

私の場合、「満足」はクリアでありエンド。

きっともっとやれることはあるはず、と日々足掻いています。









サンゴの色揚げは「光」と「水」が重要ですよね。

フルスペ2灯体制でWchとBchをアレコレいじってきた結果、現在飼育中のサンゴに対しては、光の変化に対する挙動は結構掴めてきました。

しかしいくら「光だけ」を最適化したところでサンゴの色は揚がりません。


フルスペをツインにしたことで波長と照度に関する不満は大きく減った反面、光からのアプローチに関してはそろそろ限界を感じています。


力技(高照度)で更に褐色を抜こうとすれば、照射面が焼けてしまいます。


あとはサンゴが多すぎて(成長して)移動が困難になり、適切に光が当たっていないサンゴがあるという問題もあります。
特に左手前の水色のエダが光量不足で褐色化が顕著です。
もっと全方向から当たる場所に移動したいのですが、如何せん引っ越し場所がない。

少しサンゴ減らそうかな・・・。(汗)



非照射面、つまり陰の部分は光ではどうにもなりませんので、そこから先は「水」からアプローチするしかありません。(照射面の色揚げに「水」は関係ないという意味ではありません)



ウチの場合、「水」の質を上げるのは実にカンタンです。

たくさんいる魚を全て出せばいいのです。

魚を出せば給餌もなくなり、排泄もなくなり、栄養塩は確実に減ることでしょう。

それにより褐虫藻密度が下がることも大いに期待できます。


更につつかれることによるストレスもなくなりますからサンゴにとってはいいことずくめでしょう。



しかしそれはこだわりに反します。



ということは魚の数を減らすことなく、水の質を上げなくてはなりません。

換水は結構やっていますので、あとはせいぜい餌を減らすことくらいしかできませんが、魚の健康を考えるとそれもしたくありません。



ではどうするか。












・・・どうしましょうね。(笑)


[ 2013/06/06 ] 日々のこと。 | CM(28)