スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

青瓶4ほんめ~。

こんばんは、どにゃです。

ベルリン使用の青瓶シリーズ、
Potassium Iodide、ZEObak、Coral Vitalizerに続く4本目、逝きました。




Sponge Power!


ZEOvitシステム必須添加剤のひとつです。

なんでも水質が飛躍的に向上するそうな・・・。
でも成分は秘密。

う~ん。(笑)

これだけ聞くと眉唾モノですが、KZ社の信頼性が購入へと導きました。(笑)

ま、10mlサイズはお手頃価格なのでお試しにはもってこいです。

あ、nekoさんに分けてもらったZEOstartがあるので5種類目ですかね。


ZEO添加剤を入れるようになってから、ジワジワ水質が上がってる感覚はあります。


昼間はさかなにつつかれるのでアレですが、夜間のポリプの開きがよくなってきたり、飼育水の透明度が上がっています。
多分1個1個は微力でも、複合して継続して使用することでより効果が体感できるのではないかと思っています。

他にも試してみたいモノはありますが、コレクション的な感覚でひとつひとつ集めていこうと思います。

こういうこと書くとまた呪文を唱えに来る方が・・・w





スポンサーサイト
[ 2012/10/31 ] 添加剤のこと。 | CM(12)

F.P.ドクターでサンゴとKR93SPフルスペの相性チェック。(後編)

ばんは、どにゃす。

F.P.ドクターでサンゴとKR93SPフルスペの相性チェック。(前編)

に続く後編です。

前回の続きね。

先日買ったオージーのハイマツっぽいピンクのやつです。

コレ。


「オージーはKRと相性が(・∀・)イイ!!」という話を見聞きしますが、本当でしょうか。
そしてそれはなぜなのでしょうか。

それを試すためにも買ってみたのですが、実際にF.P.ドクターを当てたら反応するのか?
試してみました。


ケータイカメラなので映りが悪いですが、雰囲気だけでも。


サンゴの持つ蛍光タンパクの励起波長と合致するF.P.ドクターを当てると、蛍光タンパクが浮かび上がって見えます。


まず比較のために、褐色化してきたピンクのクシハダから。

400nmを照射。

ライトの色一色ですね。
つまり、反応していない=この波長に合う蛍光タンパクは持ってない、ということです。


ドラクエ風に言うと、「へんじがない、ただの し○ばねのようだ。」


次は475nmを。

こちらも肉眼ではほぼ反応ナシです。


つまりこの子はこれらの波長にはソソらないということですかね。
他のオカz(略


それでは次に、オージーに当ててみます。

400nm

やはり予想通り、バッチリ反応しています。


肉眼ではもっと広範囲に、もっとはっきりとした反応が見て取れました。

続いて475nm

こちらも画像では分かりにくいですが、しっかりと反応が確認できました。




やはり、相性がイイといわれているサンゴはF.P.ドクターに反応を示しました。

ということはつまり、このオージーに関しては他のうまくいかないピンク系とは
違う結果になる可能性が高い
 ということになりますね。

これはwktkワクワクせざるを得ません。
現在上手くいっている個体はすべからくいい反応を示していますからね。

なんだか自らハードルを上げているような気もしますが(笑)、今後に期待したいと思います。
まずはややハジの方に置いて様子を見て行きます。


先日nekoさんに貰ったLRを使ってレイアウトを修正しました。


全景どーん。

我ながら、だいぶいい感じになってきました。
これでピンク系が冴えればなかなかの水景になると思うんだけどなぁ。


別にフォローするワケじゃないですけど、ミドリイシ1年目の素人たった120Wの照明でこんな水槽にできるんだからやっぱKR93SPって凄いと思います。
まぁ買ったばかりのサンゴも多いですけどね。

でも150Wメタハラ1灯じゃさすがに無理なはず。



誤解の無きよう言っておきますが、あくまでダメなのは蛍光タンパクを持っていないサンゴだけで、それもウチの環境では、という前提でご理解下さいね。
よそんちがどうかはしりませんよw

ちなみに今回取り上げていない他のサンゴはピカピカです。



トゲだってトゲに向いてるLEDを当てればきっと色揚がりすると思います。
それがあるのか、あってもどれなのかはわかりませんが。(笑)

ショップにF.Pドクター持ってって、反応しないサンゴは買わなければ失敗しなさそうです。(笑)

でもコレ照明消さないとほとんど見えないのよね・・・。
だから現実問題としては無理ですね。(笑)


さ、次は何を入れようかな・・・。

[ 2012/10/30 ] サンゴのこと。 | CM(10)

F.P.ドクターでサンゴとKR93SPフルスペの相性チェック。(前編)

こんちは、どにゃです。

ある程度アクアに染まってる方なら見聞きしたことくらいはあるかと思いますが、水槽環境によって特定のサンゴとの相性の良し悪しってあったりしますよね?

それは種であったり、色であったりと様々ですが、ウチも最近SPSが増えてきて、マイタンクとの相性が悪いものがなんとなく、ぼんやりと、そこはかとなく見えてきたような気がします。

いや、ハッキリとウチではピンク系ダメです。


約4ヶ月前に買った激美ピンク(だった)のトゲサンゴ。

購入当時



現在


一応成長はしていますが、色は褐色に寄り、ポリプは黒く、先端にコケがついています。
最上段の水面直下なんですがね。

もっとも導入初期に固定せず、何度もスタポの上に転がして調子を落としたので照明のせいだけではありませんが、いい位置に固定しても一向に調子が上がってこないのは照明のせいでしょう。

コーラルグロウ+GL21ePW時代のほうが色の維持は出来ていましたし、左隣に置いてあるミドリイシのカケラは色揚がりしていますから。


そしてハナヤサイ。

購入当時




現在 (※現物はもっと汚いです)



これは初期に強い光を当てすぎて色が抜けてしまい、あわてて移動しましたが色が戻ってきません。
こんな状態が1ヶ月以上続いています。

ポリプは出ているので、いつか色が復活しないかと期待していますが・・・難しそうです。
上の方は共肉が無くなって骨格むき出しで真っ白なんですよね。
なのにポリプは茶色。(´・ω・`)ショボーン
かろうじて生きてるレベルです。

まぁこの二つは自分のミスもありましたので一概には言えませんが・・・

嫁ちゃん購入のパステルピンクのクシハダ?は導入はミスしていないはずにもかかわらず、です。


購入当時


現在

あっき~さんのご忠告通り褐色に寄ってますね。
キレイなパープルへ・・・という風には見えません。(;´Д`)


そして3個体に共通するのは、F.P.ドクター(400nm,475nm)にほとんど反応しないことです。



他にはピンクのウスコモンのカケラがありますが、こちらは5ヶ月以上になりますが唯一維持できています。
これは475nmによく反応していますから、やはりそういうことなんでしょうね。

購入当時


現在

※色味の違いは照明環境の違いです。

でも言われてるほど成長が早いとは感じません。


つまり、F.P.ドクターに反応しない(蛍光タンパクが少ない?)ピンクが上手くいきません。
KRではこれらのサンゴが欲しがる光を供給できていないのかもしれません。

他の、色が維持できているもの、色が揚がっているものに関しては、ビカビカに反応しますので間違ってはいないと思います。

ピンク系はT5との相性が良いみたいですが、「LEDのみ」でキレイに維持してる方っています?





これがウチの現状です。(;´▽`A``



そこで問題になるのが、先日買ったオージーのハイマツっぽいピンクのやつです。


コレ。


「オージーはKRと相性が(・∀・)イイ!!」という話を見聞きしますが、本当でしょうか。
そしてそれはなぜなのでしょうか。

それを試すためにも買ってみたのですが、実際にF.P.ドクターを当てたら反応するのか?
試してみました。



長くなったので続く。(笑)


[ 2012/10/30 ] サンゴのこと。 | CM(14)

あいぷたしあ-X。

どにゃです。



こないだmjnekoさんから貰ったLRに使途(でっかいカーリー)がいたので退治してみました。



BGMはコレでw (※音量注意)








 使途inプラケ。



使
途、襲来






定番の「アイプタシア-X」です。(`・ω・´)シャキーン







こいつをポジトロンスナイパーライフル(ダイソー注射器)に充填して









目標をセンターに入れてスイッチ。








目標、完全に沈黙・・・!




15分後、ライフルでぴゅーっとやったらポロリンと根っこから取れました。

こうかはばつぐんだ!






ということで、頂いたLRを使ってレイアウトを手直ししました。

それはまた後日・・・。

[ 2012/10/29 ] 小物のこと。 | CM(2)

買いたくて飼いたくて震える~♪

ども、どにゃです。

金曜にサンゴ買いましたがまだ震えが止まらないので、土曜日、おなじみのB松さんへ行ってきました。

今週末限定のミドリイシ特価セールの告知に釣られて・・・。(。-∀-)ニヒ♪


ま、きっといつもの「○○○○円が□□□□円!」パターンだろうと思いきや、・・・やられました。





1個○○○○円が○個で△△△△円!という新パターンw
パターン青です。
敵は客単価を上げる作戦に出てきました。


これではまとめて買わないと割安価格にはなりません。

くそう・・・そうきたか。


しかしこれは安い!
買わなきゃ損!
てことで、もちろん買いました。(´▽`*)アハハ

在庫処分なので新入荷ではありませんが、良いのがあったのでつい・・・。



まず1つ目はブリードのスギ系。
どにゃといえばブリードです。
ブリードといえばどにゃです。(笑)

こうなったらブリード王子を目指します。




・・・いや、なんか養殖で量産された王子みたいなのでやっぱバディング王子にしよう。



ウチに無かったので欲しかったイエロー系す。
パステルイエローにうっすらグリーンが乗り、先端ブルーのすごくキレイな固体です。

これは維持できれば素晴らしい(好みな)色合いです。

今お気に入りのコレ↓に似た淡~い色合いです。


グリーンにならなければ良いけど・・・。(;´Д`)
前に買ったキミドリのはしっかりとグリーンに色揚がりしたし。(´・ω・`)ショボーン

しかしスギ系ばっかりですね私。




2つ目もイエローです。

ウスエダ系です。

こっちは蛍光イエローといった感じで、明るめの色ですね。
くすむか、グリーンに寄るか、はてさて。(←すでに諦めてるw)

どっちか黄色が残れば良いようにと保険で2イエローです。



ラストはなんとワイルド!

言ってる傍からバディング王子失格です、はい。(笑)
(バディングで気に入るのがもう無かったんだもん('ε'*))


しかも・・・プロデューサーさん、オージーですよっ!オージーっっ!


前の2枚で見切れてますが・・・
オーストラリアのハイマツ(ですよね?)ピンクです。

ウチの水槽にオーストラリアのミドリイシが入ることになるとは・・・想定外でした。

なんでもこの固体、入荷当時は24,800円だったとか!


コレかな?(画像お借りします)


入荷時はパステルでちょーキレイですね。
某メタハラで色落ちしてしまったそうでセール対象でした。


ウチの画像はちょっとキレイに写っちゃってますね。(;´▽`A``
実物はもう少し色が暗いです。
それでも十分観賞には耐えるレベルですよ。


オーストラリア産はKRと相性が良いらしいですが、こんな機会じゃないと絶対に買えないので試してみるチャンスと思い、選びました。
サイズも小ぶりでいい感じ。
色揚がるといいなぁ~。


てことで昨日のと並べて揃い踏み。


これは結構実物に近く撮れてますね。
手前に置いてるので光は背面から当たってます。

ちゃんと上から当てたらもう少しキレイに見えるでしょうね。

でもレイアウト直さないと置けないわw



お店では店長の沓澤さんや、たまたま居合わせた他のお客さんと少しお話ができて楽しかったです。
私はリアルではアクア仲間がいないのでアクアトークする機会がほぼないので、あーいうのがすごく楽しいです。
どこのどなたか存じませんが、またお会いできたらイイですね。
是非ブログやりましょう。(笑)


[ 2012/10/28 ] サンゴのこと。 | CM(8)

養殖緑石青紫杉系壱個追加。

こんばんは、給料日前はサンゴを買いたくて買いたくて震える西野カナ的どにゃです。
というコトで早速給料日の翌日、養殖のミドリイシを追加しました。
今はサンゴを買うために働いています!(キリッ


意味もなく中国風なタイトルにしてみましたが、要はブリードのブルーパープルなスギを買いました。


最近興味はバディングばかりっす。
今の自分は、8,000円のワイルド1個買うよりバディング2個のほうが良いです。

厳選固体を数個、ボンボンっと置くのも良いと思いますが、今の自分は小さなやつを一杯置いて華やかさを味わいたいお年頃です。(笑)
幕の内弁当的な?w


相変わらず画像の再現度が低いのですが、パープルがかったブルーです。

嫁は「このパープルのキレイ」と言いますが違います。
コレは濃いブルーなんです。(笑)

最近好みな濃い目の色です。










蛍光灯で見るとこんな感じ。(無修正)



これがパープルに見えますか?
どう見てもブルーですよね?

・・・・・。

ゴメンなさい。

・・・だって青いサンゴが欲しいんだもん!!

ま、あいだを取って青紫な杉ってことでカンベンしてください・・・。


皆様のご判断は全体像を見て頂いて、相対的に判断して脳内色補正してください。(笑)


あらいやだ、こうして見るとパープルだわ・・・(;´Д`)
ショップでは濃い青に見えたのにな・・・。(´・ω・`)ショボーン

まぁキレイには変わりないからいいけど。

ブルー系やパープル系が増えてきたので、そろそろカリウム試薬が欲しくなってきますね。

オススメあったら教えて下さい。
[ 2012/10/27 ] サンゴのこと。 | CM(6)

ZEOstart3について。

こんにちは、どにゃです。

ウチの水質は硝酸塩が2.5以下に下がらない状態が続いており、先日試したNO3:PO4-Xは上手くいかなかったので、違う物を試してみようということでZEOstart3を添加したレポです。

こないだの日曜日、mjnekoさんから小分けしてもらったものです。


栄養塩が低い状態での規定量は100Lに0.1~0.2mlで、安全策を取ってその数分の一から・・・といきたいところだったのですが、さすがに計量できないのでとりあえず0.1mlから始めてみました。
それでも0.5ml刻みの注射器で目分量です。

実水量は多分170Lくらいです。


【スケジュール】
日曜日 全魚白点なし 0.1ml添加

月曜日 ウズマキに白点確認 0.1ml添加

火曜日 ウズマキとバーゲスに白点確認 勇気を出して0.1ml添加

水曜日 白点なし 0.2ml添加 

木曜日 白点なし 硝酸塩測定




ちょうど試薬が切れたので、新しいものを買いました。


初めての「プロ」シリーズです。(・∀・)


今まではずっと安価なテストラボシリーズを使っていましたが、より正確な測定の為に奮発してみました。
ミドリイシキーパーだもんね!(笑)

さすが高いだけあって、しっかりしたケース付きでボトルもガラス製で高級感がありますね。

初めてなので説明書を読みながら・・・ふむふむ、キャップを閉めて振るのか、よし・・・ギュッ






「ピキッ」





oh・・・。



テンションが上がってリキみ過ぎた様です。(笑)

気を取り直して9分待つ・・・。




よし、どれどれ・・・えーっと・・・



えっ。



なんと測定値:0.5~0.75ppm
※画像では色が写りませんでした。

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!(古いw)






ということでZEOstartはベルリンでも効果ありました。

白点を含め水槽内の様子を見つつ、もう少し継続して使ってみたいと思います。




[ 2012/10/26 ] 添加剤のこと。 | CM(6)

デジイチ。

こんばんは、どにゃです。

先日の土曜日、嫁ちゃんの友人夫婦が我が家に遊びに来ました。
私も以前に何度か会っているのですが久しぶりです。

その旦那様は写真が趣味ということで立派なデジイチを持ってきてくれまして、水槽を撮ってくれました。






灼熱のフルスペ 寝そべってアクアショー
色のその青さ 外まで染みる


散らばったブルーが ぼんやりと輝いて
おかしなウワサが 流れてる!?












俺「そばにいすぎて 慣れてしまったw」
妻「大事なもの(世間体)が ここに あるよ きっと…思い出せ!」













デジタル一眼カコイイネ~








あなたはどの子を切り撮るの?














デジイチ はっきり仕様じゃないか~













妻の声は どれも・・・これも スルーw





[ 2012/10/24 ] 日々のこと。 | CM(4)

ヤッコ1年。

こんばんは、どにゃです。

最近はサンゴの事ばかりだったので「おさかなの事も書いてあげて!」と嫁ちゃんに怒られたので今日はおさかなの話です。

左のサイドバーにもありますが、ウチの水槽には13種27匹の扶養家族がいます。


魚種の選択にはこだわりなど一切無く、ただ単にその時その時で気に入った魚を入れていっただけです。

飼育最長のデバスズメは、私の海水魚飼育歴とイコールなおさかなです。
気付けばもう1年半も経ち、体長も倍くらいになりました。


なかでも好きなのはやっぱりヤッコで、現在はウズマキ、スミレ、シマの3ヤッコが混泳中です。
過去に失敗したヤッコも5種ほどいたり・・・。
うち1種はリベンジのチャンスをうかがっています。
良い個体がいたら買っちゃうんだから!
でもなかなかいないんですよね。


ちなみに、いつか1200以上のリーフタンクでベントラ乱舞の中にバンドを泳がせるのが夢です。
まぁ夢のまま終わるでしょう。(笑)


ウズマキはさすがに大型ヤッコだけあって、大きくなるにつれてタンクメイト達への威張りっぷりが増していっていますが、軽く追い払う程度なのでなんとかなっています。

現在はBOSSの座なのかな?
たまにバーゲスが競っています。

3ヤッコの混泳からは約2ヶ月といったところで、まぁ落ち着いてきたところでしょうか。


初飼育のシマヤッコもバーゲスに追われながらもなんとか頑張ってくれています。
食欲も増して、薄かった背肉が少し厚みを増してきました。
飼育自体は4ヵ月になろうかというところなので、安定期に入りつつあります。


そしてそのウズマキが、本日めでたく飼育1年を迎えました!


購入から約1.5ヶ月ほどの頃↓


ヤッコ飼育最長記録を更新中。
ちなみに出資者は嫁ちゃんなので所有権は私にはありません。(笑)

当時は確か5cm強くらいで、現在目視で8cm程度ですから成長はゆっくりですね。
給餌は1日1回で量も多くないし水槽サイズも関係するでしょう。

このヤッコは肌荒れしやすかったり白点がつきやすいななど、肌が弱い印象がありますね。

お決まりの「タテキンへの変態」を夢見て導入したおさかなですが、ウズキンですらまだまだ道のりは長そうです。
しかし渦の模様も複雑になってきており、徐々にですが変化していくのは見ていて面白いですね。
あと1年くらいすればウズキンの片鱗くらいは見られるかしら?
焼き海苔が大好きです。

上手く飼えば犬猫並みに長生きする魚ですから大切に育てていきたいと思います。
寿命で死ぬ時が来たら泣くかもしれません。


ちなみに途中で4匹足して、数匹は落ちるかと思っていたオヨギイソハゼは1匹も欠けることなく、15匹全員生存中です。


ミドリイシの合間に群れる小魚もいいものですね。
ハゼ系はあまり長生きはしないようですが、名脇役として水槽を飾ってくれています。


そして嫁ちゃんお気に入りのヒトスジギンポ。

このクチ半開きのトボけた顔がかわいい。

嫁ちゃんは毎日「ぎんぽ!ぎんぽ!」と呼びかけています。
呼んだら来るようになったとか言ってましたが全然来ません。(笑)


しばらく魚の追加はリベンジヤッコ以外考えていませんので、今いる子達を可愛がろうと思います。


[ 2012/10/23 ] おさかなのこと。 | CM(10)

mjnekoさん。

こんばんは、どにゃです。

先日の日曜日、mjnekoさんライブロックの里親募集をされているのを見て、ちょうど買い足そうと思っていたところだったので立候補させて頂きました。

mjnekoさんとは一度ナチュラルさんでニアミスしており(後に発覚)、そのときに一緒に居たのがかの有名?なフィジー先生ことYouichi katoさんだったそうです。

くそう・・・知ってれば話しかけて教えを乞うたのに・・・。
と悔やんでも後の祭り。

以前からお二人のブログは読んでいましたが、その時に始めてコメントをさせて頂きました。


なので、ナチュラルさんが圏内というコトはおそらくはそんなに遠方でもないだろうと思い、
「直接取りに行きますよ~」なんてメールを送ってみました。

すると早速お返事が。

mjnekoさん「こちらは東京都○△区で、最寄り駅は□×駅です」










・・・・・は?w


全く同じなんスけど!?ww




さらにやり取りをすると、なんと市区町村まで同じ!

しかも隣の丁目で、バイクで約2分というスーパー近所でした!www


そうとなればと「是非スイハイさせてください!」とお願いしたところ、快くOKしてくださいました。

まさかこんな近所にZEOらーさんがいるなんて・・・。
「この近辺でサンゴ飼ってるのなんて俺くらいだろうなぁ~」とか考えてたのがアホみたいです。
世間は意外と狭かった。(笑)


早速当日夕方にお伺いし、人生初のスイハイとなりました。
帰ってから写真を撮らせて貰えば良かったと後悔しましたので画像はありません。(笑)


玄関を開けるとすぐに水槽がありました。

普段とは違うタイミングで照明を点灯して頂いたせいか、おさかなたちが暴れたらしく少し濁ってしまってはいたものの、T5に照らされたサンゴはとてもキレイで赤の濃いハイマツなんだか分からないけど濃いブルーのやつが印象的でした。
あんな濃い青見たこと無いのでfragにして譲って下さいw


水槽もすごかったですが機材もフルスペック。

初めて見た泡王WコーンやKZリアクター、T5にVorTechとTUNZEなどなど。
水槽横のキャビネットの中にはドーシングポンプがズラリ・・・。


冷蔵庫の野菜室はZEO添加剤で満杯でした!
ヘタなショップより在庫してました。(笑)

海外の試薬を見せてもらったりもしましたよ。


とてもいろんなお話を聞かせて頂き、勉強になりました。
おまけにZEOstart3まで分けて頂きました!
早速今日から使ってみましたよ。

LRも形のいいものばかりでレイアウトしやすそうです。

とりあえずは時間がなかったのでサンプに入れました。



また時間のあるときにじっくりレイアウトしたいと思います。


mjnekoさんは、私がお暇する際は手を振って見送ってくれる優しい方でした。
mjnekoさん、色々とありがとうございました!

ご近所ということで今後ともよろしくお願いします!
[ 2012/10/22 ] 日々のこと。 | CM(6)

ミドリイシをレイアウトしました。

どにゃです。


先日買った養殖ミドリイシをレイアウトしました。

レイアウトとか言ってますけど要は置いただけです。(笑)


真正面から。



ちょっと引いて下から。


右側バディングエリア。



個別画像も・・・。



この↑二つはポリプの出も良くなってきています。


これ↓はもう一つですね。

ポリプだけが調子の全てではないんでしょうが、やっぱり大きな指標ではあると思います。


ただウチはつつく魚も多く、つつかれると引っ込めてしまうので判断が難しいトコロです。
今のところはつつかれたことでダメになったのはありませんけどね。



先週ナチュラルさんで買った薄いブルーのスギも毎日ドキドキしながらチェックしていますが異常は見られません。
心なしか少し褐色が抜けてきたように見えますが、まだ1週間ほどですから願望による錯覚かもしれません。(笑)


これはお気に入りのやつ。

背景のピンクのトサカのお陰でなかなか良い色に撮れました。

これは購入から3週間強経過しています。


購入時はこちら。


写りは違って見えますが、色合いは購入時のまま維持できています。
先端も確実に5mmは伸びていて、成長点も増えつつあり、順調そのもの。


今のところは全体的に順調に推移しています。
コケの発生速度もどんどん落ちてきました。


あ・・・コケで思い出したけど6匹入れたTAGが1匹行方不明(死亡認定)になり、昨日は1匹が遺体で回収されました。

これで残り4体になってしまいました。
脚が無いのもいるし、ケンカが激しいみたいですね。
日曜にLRのコケ掃除したせいもあるかも。
働きぶりは悪くないんですが、生存率が悪いなぁ。
嫁ちゃんは毎日日課のように「カニがいないねぇ~」と言いながら探しています。
買い足すかどうか・・・。

あとコレ買いました。

ヒラムシ爆殖中。


[ 2012/10/19 ] サンゴのこと。 | CM(6)

NO3:PO4-Xについて。

こんにちは、どにゃです。

それまではずっと検出されなかったNO3が8月頭辺り(半ばにベルリン化)から2.5ppmほど検出され、ここ2ヶ月ほど様子を見てきましたが上がりもしなければ下がってもこないので、いよいよ炭素源が必要かと思いNO3:PO4-Xの添加をしてみました。

現状、サンゴに明らかな悪影響が出ているわけではありません。
目に見える数値にばかりとらわれるのは良くないと言われていますが、やはり可能な限り低栄養塩環境を目指したいですよね。


NO3:PO4-Xは前タンクと現タンクで2回ほど使用経験がありますが、いずれも白点祭りのトリガーとなってしまった苦い経験があります。

NO3が高い状態での炭素源添加はバクテリアの異常繁殖を引き起こし、バランス崩壊を招いてしまうこともあるそうです。

また炭素源はビブリオやエロモナスにとってもエネルギーとなる為、一歩間違えば病原菌の増殖を手助けしてしまうことにもなります。


前タンクは規定量、現タンクでの使用は規定量の半分でした。
どちらもろ材による強制濾過でしたがNO3はせいぜい10~20ppm程度で、50を超えるような高濃度だったわけではありませんが、添加開始から3~4日経った頃から白点が増え始めたと記憶しています。
まだ立ち上げてから数ヶ月だったので水質が安定していなかったことも要因だと思います。


白点病は細菌ではなく寄生虫によるものですからビブリオ菌やエロモナス菌などの細菌に由来する病気ではありませんが、個人的な仮説としては、「何らかの菌が急増するような環境の急変が起きると、それに対抗する為に魚の体力や免疫力が低下して白点虫の寄生を許してしまうのではないか」と考えています。

また炭素源投与によりバクテリアが急増殖する際、大量の酸素を必要とする為に酸素不足に陥ることもあり、それが魚にとって負担となっている可能性もあります。

なお、余剰バクテリア(細菌)の除去や酸素補給にはやはり大型のスキマーが非常に有効なようです。



そして今回、添加に当たり水量から計算した規定量は3mlでしたが、前回は規定量の半分でもトラブルとなった為、規定量の1/6となる0.5mlを添加してみました。

添加の翌日、ウズマキの胸びれに白点が1つ確認されました。

NO3は試薬の色が薄くなり(2.5以下)、再度、0.5mlを添加しました。

その翌日、ウズマキに加えバーゲスの尾びれにも白点が1つ確認されました。

ここで危険を感じ添加を中止したところ、2日後くらいには白点は確認できなくなり、NO3は元の2.5強くらいに戻りました。


やはり、炭素源を添加したことにより白点が確認されました。


魚は落ち着いたのでまた添加を開始してみたいのですが、導入したばかりのサンゴがあるので今は特にビブリオの増殖は避けたい為、サンゴのスレ傷の回復を待っているところです。

NO3:PO4-Xビブリオやエロモナスの増殖は促進しないとのことですが、果たして本当なのでしょうか。
だとしたら、なぜ規定量の1/6というごく少量の添加でさえも白点病が発生するのでしょうか。

3/3の確率となると単なる偶然とは思えません。
まして今回はベルリン化してからは間もないものの、立ち上げからは1年以上が経過しています。

この製品で上手くいっている人もいる以上、ウチの環境との相性の問題なのでしょうか。



ZEOstartなども使ってみたいところですが、もう少し使い込んでみたいと思います。
[ 2012/10/18 ] 添加剤のこと。 | CM(8)

さらにバディング追加。

ドモドモ、どにゃです。

昨日に続いてまたしてもB松さんへ行ってきました。
浪費癖炸裂しまくりでもう病気です。

バディングを1個、さらに追加しました!


キレイなミントグリーンぽい色です。
スギ系ですかね?

例によって上手く撮れないのでB松ブログ画像を・・・。(すみませんお借りします(;^_^A)

何この差w


お店ではごっついデジイチで撮影してますからカメラの違いもありますが、照明がATIのT5なんですね。
なので光がムラなく照らされています。
照度もかなり違うでしょう。

ウチはLEDなのでどうしてもコントラスト?っていうんですかね、光と影の差が強く、色がムラに写ったりします。


まぁコレはあくまで写真の差であって、見た目はLEDでもちゃんとキレイ(マジで)なので誤解の無いよう。(笑)
なんせこっちゃぁケータイカメラですし。(負け惜しみw)



T5かぁ・・・・・・・・いやいや、まだKRのローンがたっぷりある。
でも揺らぎさえあれば・・・。



心は揺らぎまくりですが。(笑)



上から撮るとキレイなんですけどね。


ポリプがブルーでキレイなんです。




昨日のと並べて全景です。

これでブリードミドリイシが9個になりました。
次は記念すべき10個目です。

まだ見ぬどんなのが入るのか楽しみ。

その前にLR追加しないと置けないな・・・。
[ 2012/10/17 ] サンゴのこと。 | CM(8)

バディングミドリイシ2個追加。

どうも、どにゃです。

月曜日は入荷の日、ということでB松へ行ってきました。
養殖ミドリイシが大量入荷でした!

濃いめのパープル系ミドリイシを探してたので2つほどお持ち帰り。


ウスエダ系。


スギ系。


KRのせいかカメラ(携帯)のせいか、パープルがうまく写せません。(´Д`;)
実際の見た目はもうちょびっとだけキレイなんだからね!(笑)

サンゴの為だけにデジイチが欲しくなってきます。


照明を消して室内照明で撮ってみました。




この方がだいぶ見た目に近いです。

とりあえず下に置いて環境に馴染ませます。



先日、LRのコケ掃除と共に配置変更をしましたので全景をば。


ミドリイシもついに10個を超えました!
900規格くらいの水槽にたくさん置くには小ぶりなブリードがもってこいですね。
土台付なので反応を見ながら上げたり下げたりと配置を変えやすいのも、私のような素人には助かります。


早速土台の掃除をするTAG


何度数えても5号までしか点呼が取れません・・・。(´・ω・`)

[ 2012/10/16 ] サンゴのこと。 | CM(8)

ベルリン化とZEObakのその後。

こんにちは、どにゃです。

ベルリン化してから約半月が経ちました。

心配していた悪い変化は特に無く、アンモニアや亜硝酸が検出されることもありませんでした。
RLSSスキマーを信じ、一気にヌイて正解だったようです。

そしてZEObakの投入(と同時に殺菌灯OFF)を開始してから2週間ほど経ちましたので、ベルリン化とともにその後の変化をレポしてみたいと思います。



なお、ベルリン化とZEObak添加はほぼ同時期に始まったので、どちらの影響なのかは判断できませんのでご了承下さい。(笑)
多少プラシーボもあるかも。

まずは思いつくまま箇条書きにしてみます。


・飼育水の透明度が上がった。
・ミドリイシのポリプの開きがよくなった。
・おさかなの肌つやがよくなり、イレギュラーな挙動が減った。
・コケが減った。
・ウールの汚れが減った。
・サンプのデトが溜まりにくくなった。
・元からほとんどなかったけど、飼育水のニオイが減った気がする。



こんなトコでしょうか。
なんか眉唾商品の謳い文句みたいになりましたが。(笑)
前半に関してはZEObakの効果が大きいと思っています。

ということで、あくまでウチのケースではという前提で、
「ZEObakは水質向上に効果あり」と判断させて頂きます。



既存のバクテリアが支配している安定した水槽に入れてもそう簡単にはZEObakの天下にはならないと思うので、大量に入れたりしなければバランス崩壊とかにはならないのではないかと思います。

規定量は100L/1滴で、あくまでZEObakを定着させるZEOvit(ゼオライト)使用が前提なので、マニュアルにはゼオライト未使用(ベルリン)の場合の添加量は記載されていません。

なので添加量、頻度は自己責任でお願いします。

ちなみにウチの場合(約170L)は最初の3日くらいは1滴で、今は毎日2滴です。

現在の栄養塩は添加前からNO3が約2.5前後、PO4は試薬に色がつきません。

マニュアルによるとZEObak栄養塩を下げる働きをするそうですが、NO3が減ってこないので定着するゼオライトやZEObakの餌となるZEOstartの添加がない為にうまく働いてないのかもしれません。


マニュアルを読むとゼオライト未使用時の目的別添加剤組み合わせが載っているのですが、「栄養塩を下げたい場合はZEObak+ZEOstart+ZEOfood」とありますのでやはりZEObakの餌となるモノが必要そうです。


ZEOstartって要はNO3:PO4-Xと同じ炭素源ですよね?
NO3:PO4-Xならあるので入れてみる事にします。

ウェット時代に2回ほど使用し、2回とも白点祭りの起爆剤となった為封印されておりましたが、強制濾過+炭素源はタブーとのことでベルリン化した今はどうなのか?

しかし恐ろしいので規定量の1/6から入れてみました。

どうなるかな・・・。

[ 2012/10/15 ] 添加剤のこと。 | CM(6)

Coral Vitalizer。

ども、どにゃです。

3本目の青瓶をげとしました!

Coral Vitalizer!
(コーラルヴァイタライザー)

お試しサイズの10ml。
気軽に試せる2,000円です。
在庫はなかったので取り寄せてもらいました。

サンゴをvitalize(元気づける)する物ってコトですね。
KICK THE CAN CREWを思い出すなぁ。


コレ、なんか酢イカみたいなニオイしますけどそういうもんですか?(笑)


Coral Vitalizerとは・・・

大規模な研究開発の末、私たちの新しいサンゴの餌は完成しました。
これは液体と個体のものが混じったSPS と数種のソフトコーラルの餌です。
この餌はリン酸と硝酸を含みません。
毎日添加すると7-10 日後には良い結果が得られます。
新しい餌に慣れ、照明下でもポリプは広がるようになります。
この餌は過剰添加しても褐虫藻の増殖性を増殖させません。
サンゴはその明るさと自然の色を維持して成長します。毎日100 リットル毎に1 滴添加してください。
-ZEOvitマニュアル日本語版より-


1本目のPotassium Iodideや2本目のZEObakはハッキリとした効果が掴みづらい添加剤で
したが、このCVはポリプの伸びがよくなるというわかりやすい変化なので楽しみですね。

もちろん「サンゴのポリプを伸ばす事」自体が目的ではありません。
サンゴのエネルギー獲得方法を「褐虫藻による光合成主体」から「ポリプによる捕食主体」へシフトさせることで必要とされる褐虫藻が減り、色揚がりが狙えるといわれております。

確かに金魚やアロワナ、もちろん海水魚だって食べる餌で体色が変化するワケですから、それがサンゴに当てはまってもおかしくは無いですよね。

サンゴとはちょっと違うかもしれませんが、茶色いザリガニを人為的にブルーへ色揚げ?し、さらにはパステル化させた事例がありました。

理屈は全然違うのかもしれませんが、餌で体色を変化させるっていうのはZEOvitシステムに似てませんかね?

生体にとって悪いことかどうかはわかりませんが、観賞目的なら茶色いザリガニより青や白いザリガニの方がキレイです
しかし、それは自然な色ではありません。
「ZEOは健康なサンゴ(本来)の色ではない!」と言われる所以はそこなのではないでしょうか。

今までのミドリイシの色揚げは極端に強い光を当てて褐虫藻を減らすことが主だったようですが、ZEOvitシステムは強い光の替わりに餌を与えることで褐虫藻を減らし、さらにその餌自体も研究したことで今までにないサンゴの発色を実現したのではないかと勝手に考えています。


サンゴ飼育って本当に面白いですね~。

[ 2012/10/12 ] 添加剤のこと。 | CM(10)

ブルーのスギ系再挑戦。

ども、どにゃです。

昨日ナチュラルさんでサンゴを買ってきました!


ブルーのスギ系です。
色が上手く写せなかったので見た目に近づくようにちょいと修正しました。

下部に残る褐色がウチの環境でどう変化していくのかを観察してみたいと思い、キレイへ色揚がり中っぽいのを選んでみました。

先の激美青杉のような色への色揚がりを期待して頑張りたいと思います!

水面から。




そして、今一番の期待の星!


ブリードのこれもスギ系?です。
これは色合いが面白くて根元のイエローから先端にかけてエメラルドグリーンパープルブルーとグラデーションになっていて、1本で4色楽しめる(笑)サンゴです。
写真ではうまく写りませんね・・・。

どこまで維持できるか不安でしたが、購入から2週間以上が経ち、成長してきた先端からキレイなブルーが出てきています。

購入時はコチラ。

サンゴがキレイに成長していると嬉しくなりますね~。


こちらも水面から。

順調におおきくなぁれ。



そして上のとほぼ同時期に買った、先日お騒がせしたピンクのハイマツ?ですが、幸いにもあれから魚達につつかれなくなったのでキープしております。


【購入時】


【昨日】


こちらも最近、先端に成長がみられるようになってきました。
色が少し濃くなっています。
この先濃いピンクになるのか、あっき~さんのようにパープルになるのか、はたまた茶色になってしまうのか、見守っていきたいと思います。


あとはテキトーに水面からの写真を・・・。





それではまた・・・ノシ

[ 2012/10/11 ] サンゴのこと。 | CM(12)

えのすいに行ってきました。

こんにちは、どにゃです。
オルフェーヴル残念でしたね。

7日の日曜日、嫁ちゃん「新江の島水族館」に行ってきました。


入口付近は人もまばらで、人混みが嫌いな私は「ラッキー♪」と思ったんですがそこは3連休、中は混雑でした。(´・ω・`)

いろんな水槽やイルカショーを見ましたが全部紹介してもしょうがないので、アクアリストが反応するトコロだけ・・・。


ひときわ明るい水槽がひとつだけありました。
それはもちろん、みなさんお馴染みのリーフタンクです。


「すご~い」「キレー」という声が一番漏れていた水槽でした。
やはりというか、あちこちからニモニモニモニモ聞こえてました。(実際はカクレではなくただのクマノミでしたがw)

しかしサンゴはポツポツとまばらで、ソフトやLPSがメインです。
我々はマヒしてますがw、一般的にはとてもキレイな水槽なんですよね。
確かに、水族館の中で他の水槽と比べれば、明るく華やかです。

別にソフトやLPSがSPSに劣るというわけではないのですが、やはりKZ社や有名ブロガーさんのZEO水槽など見てしまうと・・・どうしてもね。
個人的にはソフトもLPSも入れてますし、好きですので悪しからず。

改めて、個人アクアリストのレベルは高いな~と感じました。


それでも、圧巻の超でっかいハタゴ(80cm以上?)やウミキノコや


メタグリーンのナガレハナや、


トサカ系、オオバナ系、

状態抜群のハナガサもあり、これが長期飼育ならすごいなーと思いました。
個人の低栄養塩水槽より、自然に近いのかもしれませんね。

よ~く見ると、てっぺんの方に申し訳程度に褐色のミドリイシもありました。(笑)


陰日水槽もキレイでしたよ。


ハナダイ乱舞水槽。


キンギョハナダイやケラマ、スミレナガなどのメジャーなハナダイでした。(笑)

さすがにベントラはいませんでしたが、やっぱ乱舞はキレイです。

ま、サイズ(掛けられる手間)が違うので当たり前といえば当たり前なのですが、個人のマリンタンクの方が圧倒的にキレイですね。
叶わないのは水量だけです。(中には水量をも凌駕してる方もいますがw)


あとちょっと興味をひかれたのが、深海環境の再現コーナー。

お馴染みのZCやミドボンやエーハイムが設置された一角に・・・



なんと、アクアリストが忌み嫌う、あの硫化水素を添加しています。

深海では硫化水素すらエネルギー源として活用している生物(非魚類)もいるのか~とちょっと勉強になりました。

これはブログに載せよう!とパシャリした横で


嫁「そんなの撮るのどにゃだけだよ」


だろうな。(笑)




そして現役を引退した深海調査艇、「しんかい2000」の展示もありました。






宇宙より深海に行ってみたい。




最後のおみやげ売り場の書籍コーナーにはなんとマリアクが。(誰が買うんだ?w)



久しぶりに混雑地に行き、マナーの悪いカップルや躾のできないバカ親にイライラさせられたりもしましたが、とても楽しかったです。


おまけ

SNK48?(笑)

[ 2012/10/09 ] 日々のこと。 | CM(6)

頼んでないよ!?

こんにちは、どにゃです。



昨日、仕事上がりに某ショップに寄ってきました。

特に何かを買う予定はありませんでしたが、まぁなんとなく。

ここはRO水などを買うために週に1~2回は来るので店員さんとはもう顔馴染みです。

在庫状況もある程度把握しています。(笑)



何の気なしに店内をぐるっと見て回ると・・・思わず吹き出してしまいました。





ちょw
なんかキープされてるwww




お願いした覚えはありませんw



すると気付いた店員さんが「あっ!待ってましたよ!w」と声をかけてきました。

「コレw頼んでないよね?ww」

「いややwちゃんと取っておきましたから!w」



~さかのぼる事 日曜日~


コケ対策にこのショップでTAG(トゲアシガニ)を購入しました。
3匹買うと割安価格になります。

在庫がちょうどラスト3匹で、6匹ほど欲しかった気持ちもあったので

「次いつ入るの?」と聞きました。

「木曜日に20匹入る予定です!」

と言われ、わかりました~と店を後にしました。

「入ったら取っといて!」とは言ってません。(笑)


3匹じゃ少ないかな~と思いながらも2~3日が経ち、そこそこのペースでコケが減ってきていたので特に急いで買い足すこともないか、という気持ちに変わりました。


なので、せっかく気を利かせてキープしてくれてましたが・・・まぁそんな気持ちになってたし、多いとケンカしたりするらしいし・・・そもそも頼んでなかったし。



そこは私も男ですので、
店員さんにはバシッと言ってやり、帰宅しました。
























































「じゃあ買いますw」ってね。(爆)
[ 2012/10/06 ] 日々のこと。 | CM(10)

ヒラムシががが。

どにゃです。

ここ最近、ヒラムシが急増しています。


幸い光合成タイプ?で、サンゴに寄生するタイプではなさそうですが、ガラス面と砂の際やLRなどに発生中です。

現状では特に悪影響はありませんが、気付いてしまうと気になって仕方ない。
しかもなんとなく気持ち悪い。

フラットワームソリューションを試してみようと思いますが、多めの換水が必要らしいので時間がある時かな・・・。
ブルーラインスラッグは嫁から拒絶反応が出たので否決されました。(笑)
他におススメありますかね?



ベルリン化してからPotassium Iodide


も添加再開していますが、コケが良い感じに減ってきています。

TAG効果もあると思いますが、全体的に衰退しているような感じなのでベルリン化によりバランスが変わった要素が大きそうです。
Potassium Iodideのせいじゃなかったのかもしれません。
ただまぁケースによってなので何とも言えませんね。

引き続きZEObak

と共に添加していきたいと思います。

CVも欲しいな・・・。
[ 2012/10/05 ] 日々のこと。 | CM(6)

増えた青瓶とTAGその後。

こんちゃ、どにゃです。(・∀・)

新しい青瓶をげとしました。

ZEObak!

ベルリンだけど。


LSSにはベルリンおkって書いてあったし、なんとなく使ってみたかったので買ってみますた。
ま、あくまでZEOvitシステムの基盤作りのためのモノなので、特に変化はなさそうですけどね。
単に青い瓶が欲しかっただけです。(笑)

ゼオライトは無いため添加量の指針がないのが難しいトコロですが、少なめにやっていこうと思います。

ちなみに昨日の硝酸塩も変わらず2.5でした。


Potassium Iodideも再添加を始めました。
コレでコケ増えなかったら冤罪だったことになります。

Coral Vitalizerも興味あるなぁ。

3本目も近そうです。(笑)




【TAGその後】

まだ投入から丸2日程度ですが、徐々に成果が出ているようです。
全体的に茶ゴケが減ってきてはいるんですが、これがTAGの成果なのかベルリン化した事に依るものなのかは定かではありません。

が!


このように部分的になくなっているのは間違いなくTAG効果でしょう。

地の石灰藻ごと消えてますが。(笑)

照明ON時より、夜間の方が働いているようです。
甲殻類だけあってやっぱ夜行性なのかな?

短期撲滅を目指すなら大量投入するところですが、その後に餓死してしまうのも悲しいので様子を見て、場合によってはもう少し追加してみようと思います。




それとKRの保証期間延長が発表されましたね。
好意的に取れば、自信の現れなのかな。
悪意的に見れば、不振の為の販促とも取れますが、ユーザーにとってはそれはどうでもいい事です。

まぁ故障リスクはバスタブ曲線なので、使用2年目から3年目なんて一番故障の少ない時期ではあるんでしょうが・・・。
無料の保証延長はユーザーのメリットであるのは間違いないです。

もしこれが最初から3年や有料オプションなのであれば、その分のコストもユーザーに跳ね返るはずですが、後から延長ってのは企業努力と言っていいでしょう。

やっぱT5への競争意識かしらね。

[ 2012/10/03 ] 添加剤のこと。 | CM(20)

がんばれTAG。

ども、どにゃです。(・ω・)/

土曜日にベルリン化した我がタンク。

まずは翌日の日曜日、フルコースで水質検査してみました。


比重=1.024
pH=7.9
KH=7
NH3/NH4+=0
NO2=0
NO3=0~2.5
PO4=0
Ca=450

カッコつけてフルコースとか言ってもこれだけしかありません。(笑)


ま、概ね良好ですね。
生体の様子も特に変化はありません。

ちょいpHが低いかな。
KHも少しずつ下がってきていたのでリアクターを微調整しました。
少し餌を絞ったお陰かNO3も下がってきているので、2~3日後にはまたゼロになると思います。



しかし、なぜかLRがコケまみれ。(´д`lll)

個人的には、濃いパープルピンクの石灰藻は観賞上、結構重要だと思います。
それがコケに覆われてしまうと、美しいLRがただの「薄汚い岩」になってしまう。
というか、なってしまっています。(笑)


先日、上半分くらいは取り出してごしごししたんですがたった1週間で元通りに・・・(´・ω・`)
KZの添加剤(カリウム)のせいではなかったの?
無実の罪だったのかもしれません。(;´▽`A``

立ち上げ時から、コケ対策にシッタカを3つほど入れていましたが、コレがま~サンゴをよく落っことしてくれて閉口したので最近ショップに返してしまいました。


まさかこのコケブルームはシッタカがいなくなったせい!?


他に心当たりがないとなると、あながち無くは無いかもしれません。
でもサンゴを落とされちゃ困る。



ということで、新たな兵士を雇用しました!


Toge Ashi Gani です。(笑)

見た目が怖いのと、なんか脚が長くて蜘蛛っぽいのがイヤで今まで投入を躊躇していましたが、そうも言ってられなくなったのでお越し頂きました。

最近ではコケ取り業界最強との呼び声も高い、トゲアシガニ。
普通のコケはもとより、あの芝wwwみたいなやつも食べてしまうとか。

しかし肝心の石灰藻も食べてしまうらしいですが、コケまみれよりはマシ。
まずはコケの勢力を衰えさせないと石灰藻も増えませんよね。


そしてなにより、彼らならサンゴを押しのけることはなさそうということで採用。


よく見るとキレイ・・・?

さっそくツマツマしています。


あとはヨロシク頼むよ。ヾ( ´ー`)

[ 2012/10/02 ] 水質のこと。 | CM(8)

ベルリン化!

こんにちは、どにゃです。(・∀・)


海水魚飼育を始めてから約1年半、今の水槽を立ち上げてからは1年とちょっと、これまでずっとウェット&スキマーでやってきました。

当初は興味が魚に寄るか、サンゴに寄るかわからなかったので併用してました。

(2011/9 立ち上げ後約1ヵ月)



その間にウェットのメリットデメリットも学び、体験もしました。


しかし最近はSPS飼育が面白くなり、スキマーもハイパワーなものに新調し、サンゴ飼育において実績のあるベルリンシステムに興味が湧き始め・・・。


そしてこのブログで皆様からアドバイスを頂いたりして検討を進めていましたが、ついに

「ベルリン化」

に踏み切りました。(`・ω・´)シャキーン

万が一異変が起きた時にすぐ対処できるよう、さたでーないとにゴソゴソと・・・。


ろ材にはホヤ?が大量でした。
水質浄化の一端を担ってくれていたのかな。

あぁスッキリ。

ベルリン化に関しては、「ろ材は徐々に抜くべき」だったり「一気に抜いちゃったよ」とか様々でしたが、仮に半分だけ抜いたりした場合、ろ材の通水状態が変わってまた何か変なことが起きると困るのでRLSSスキマーを信じて


一気に抜いちゃいました。(*´Д`)=з


もはやL型サンプの意味なし。
こうなるとサンプも替えたくなってきます・・・が!
するとリアクターが入るようになってしまったりすると危ないのでそれはおいおい。(笑)


さて、これでどう変化するのか、またはしないのか、今後を見守りたいと思います。

アドバイス頂いた方々、ありがとうございました。
引き続き、ご指導ご意見よろしくお願い致します。


バクテリアが激減した(であろう)今、今後ZEObak入れるつもりなら今がチャンス?(笑)
チャンスというかむしろ入れるべき?

[ 2012/10/01 ] 日々のこと。 | CM(6)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。