スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | CM(-)

サンゴ交換しませんか?

こんにちは、どにゃです。

新しく入れたピンクのハイマツ?をバーゲスがつつくという記事を昨日書きましたが、念のためハイマツをカゴに保護して出勤しました。

そして帰宅後、ハイマツを出してバーゲスを捕獲。




「ふぅ、これで大丈夫・・・。」



と様子を見ているとウズマキがジーッ・・・





























































「ツンッ」




















































続いてスミレが「ツンッ」








orz






「・・・ダメっ・・・!ヤッコもっ・・・・・!」




すぐにハイマツを保護しました。(;´Д`)



こうなるとさすがにみんな出してしまうわけにはいかず、嫁ちゃんと協議の結果、泣く泣くサンゴの方を諦めることにしました。



とはいえ魚の餌にするわけにはいかないので、ヤフオクかな・・・
今なら発送には良い時期ですし。


せっかくこんなにキレイな個体なのに・・・残念。
ウチではハイマツ系はムリですね。(´・ω・`)




ちなみにですが、「ウチのコレと交換しない?」な方なんていらっしゃいましたらコメ頂ければ幸いです。

追記:幸いにもつつかれなくなったのでキープになりました。

スポンサーサイト
[ 2012/09/29 ] サンゴのこと。 | CM(4)

またサンゴ買っちゃった。

どうも、どにゃです。

先日、B箱の入荷ブログを嫁ちゃんに見せていたら

「コレお金出すから買ってきて」

と言われました。

なので買ったのは私ではありません。(笑)


それがコレ。


インドネシアブリードの・・・クシハダ?だと思うんですけど違いますかね?ハイマツじゃないよね?

ジャカルタ便だそうなのでJKTですね。
48個買わないと。(笑)

このピンクが気に入ったそうで・・・。

持ち帰って開封した袋を嬉しそうに覗き込んだ嫁ちゃんは

「え~なんか茶色い!(´д`lll) ピンクになるの?どにゃがピンクにして!(`ε´)」

とクレームをつけてきました。
そりゃ居室照明下じゃ・・・。(´Д`;)


先日の

これと同じ便です。

同様に下処理をしてぽちゃり。


水槽に入った姿を見て、嫁ちゃんはご満悦の様子。(´▽`) ホッ

入れてすぐポリプもわさわさに。

ショップより出てます。


しかしこのわさわさがわざわいし(ややこしいw)、バーゲスがツンツンツンツンします。
以前ハイマツを入れた時もそうだったのですが、だいぶ前だし他のイシは突かないのであるいは、と思ったんですがやっぱりそこはチョウチョウウオ、ダメでした。
わさわさがガマンできないようです。

このままだと1週間もあればダメになりそうなので、仕方ありませんがひとまずバーゲスにはトリタンで生活してもらうしかありません。

今後も本格的にミドリイシをやると考えると、やっぱりチョウは難しくなってきますよね。
でもバーゲスは嫁ちゃんも気に入ってるし、里子に出したくはない。

いっそトリタンをサイズアップして魚水槽にしてしまおうか。

ホントは最近アクアテラもやりたいなぁと思ってたんですが、場所が無いのでどちらかしかムリです。
むぅ。(´・ω・`)

しかし悩みが尽きない趣味ですねぇ。
お陰でちっとも飽きません。


最後に全景を。


右側がとても華やかになってきました。


またコケが復活してきたなぁ・・・。
ろ材抜いたらバランス変わるかな?

[ 2012/09/28 ] サンゴのこと。 | CM(4)

硝酸塩とベルリン化。

こんにちは、どにゃです。

実はここ半月ほど、微量の硝酸塩が検出されています。

若干の波はありますがテストラボで2.5ppm前後です。

う~ん。

心当たりとしては、やはり給餌量の増加です。



イシダイの幼魚疑惑のあるウチのシマ。(笑)
混泳から1ヶ月が経ち、だいぶ慣れてきました。
今では他の魚に交じって餌リングのとこまで食べに来るくらいになりました。



しかし、バーゲスがそれに気付くと追い回します。ヽ(`Д´)ノ
ただシマもたくましく、またすぐに戻ってきてはそれの繰り返し。

それが2~3ターン済むと、シマは諦めて底の方で餌を食べています。
それでも追われてますが。

普段はフィンスプくらいなんですが、給餌の時だけ激しく追うんですよね。
ホントなんでチョウがヤッコを・・・白黒なのが気に入らないんでしょうか。
とりあえず追いやるだけなので見守っていますケド。
もうちょっと涼しくなったらバーゲスを一旦隔離してみようかしら。


そのせいでシマにも餌が渡るよう、無意識に給餌量が増えているのかもしれません。
ていうか増えていると思います。

ウチはウェット併用で10Lのろ材が入っており、さすがに硝酸塩の発生量が還元能力を上回ってきたのかなぁ~なんて考えています。
砂も厚いし汚れが溜まってきているのかもしれません。

餌を絞ればいいんですが、そうすると今度はサンゴをつつきだすのでそれも困る。

おさかなもサンゴもどっちも大事なのです。(・∀・)ワガママ

今までは検出されなかったので必要に迫られてはいませんでしたが、こうなってくるといよいよ

ベルリン化

を考えてしまいます。
ろ材が入ってると炭素源も使いにくいし。

とりあえず半分くらい抜いてみましょうかね。
ろ材なんていじりたくないんだけどなぁ。(´・ω・`)
余計に水質おかしくなったらどうしよ。(笑)

そしたらもういっそ全部出して全換水すれば何とかなるかな?

皆様方のアドバイスお待ちしております。(笑)
[ 2012/09/27 ] 水質のこと。 | CM(6)

ミドリイシの初バディング。

こんにちは、どにゃです。

関東は最近一気に涼しくなりましたね。
おかげでクーラーの稼働も減ってきました。
中古購入なので、来夏までには新品に換えたいっす。


さて、ウチにいくつかあるミドリイシの中で最安のこの個体。

昨年の12月に、今は亡きティアラ足立店にてセールで買ったミドリイシ。
限定10個体で開店前から並び、混乱の中なんとかゲット。
980円でした。(笑)

「ウチの水槽でミドリイシが飼えるのか」というテストサンゴとして、ミドリイシなら何でもよかったのでわけもわからず選びましたが、元気に育っています。

ちなみに購入時はこんな感じ。

アッチに置いたりコッチに置いたり光の当たりが変わったりと変化にさらされてきましたが、幸い?ド褐色だったおかげかとても丈夫で、9ヶ月以上経ちだいぶ成長してきました。
色も最初はまっちゃっちゃでしたが、フルスペに換えてから少しずつパープルが出てきています。
一時期は一部の色が飛んでしまい、光量を落としたらまた戻ってきました。
種類はわかりませんがどうも浅場タイプではなさそうですね。
中場?

今なら980円でも買わないでしょうが、それなりに愛着が湧いています。


それが先日、ふと見ると転がり落ちていて枝が1本折れてしまいました。


捨ててしまうのももったいないので、自家製バディングに挑戦してみよう!
ということで、タイミング良く先日こんなものを買っていました。


養殖用土台。
リーフディスクとリーフプラグです。

まずは折れた傷から病気にならないよう、薬浴します。


上に写ってるのはリーフプラグですが、今回はディスクを使用しました。


バディング初期はダメージを受けている為、あまり光を当てすぎないようにとの指導を受けたので下の方に。
青杉に土台をつけた時は根元から白化したので、今度も要観察ですね。
また最初の1週間ほどは、毎日根元部分をスポイトなどで吹くといいそうです。

そして全景。

横から。

なかなかサンゴ水槽っぽくなってきた。(・∀・)ワーイ



ところでカッコつけて言ってみたけどこれ「バディング」で合ってるの?(笑)
意味調べようと思ったけどスペルが・・・バディングって何語なの?
ブリードとは違うの?
枝打ちは折る行為自体を差すの?
カルチャーとか言ったりもしますよね。

わからん。(笑)




ま、マリンアクアを楽しみたい気持ちはみんな一緒ってことで。
[ 2012/09/26 ] サンゴのこと。 | CM(10)

トウフイシ。

こんにちは、どにゃです。

一時は隆盛を極めたコケの爆稙でしたが、添加剤中止と換水頻度UPと照明出力DOWNのお陰か陰りが見え始めたので、いい加減見苦しさに耐えきれず連休の時に上半分くらいのLRを取り出してゴシゴシしてやりました。( ̄▽+ ̄*)

お陰でだいぶ石灰藻が見えるようになりました。
これで残った部分が自然に消えていってくれれば嬉しいのですが・・・。


さて、昨日は月曜日でしたね。
私の中では月曜のB箱はアツい!(笑)
入荷予告もあったので八潮へGO!・・・と、バイクの燃料計が点滅。
ちなみに給料日前日の為、財布の中身は500円以下。(´・ω・`)ショボーン
スタンドに寄るも「満タンで!」と言えず、学生の時以来かな?
「現金300円で///」

残金150円くらいでサンゴを物色しに行きました。
「かっ買わないもん!お金ないんだからね!」「見るだけ見るだけ!」と自分に言い訳しつつ出発。ヾ( ´ー`)

まぁ、自分に言い訳し出したらもう終わりです。(笑)

目当ては小ぶり&手頃なブリード。
ブリードの入荷は毎回チェックしているんですが冴えない個体ばかりの時もあり・・・
今日はいいのあるかな~と覗くと・・・





キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

(撮影許諾済)

数こそ少ないもののアタリの便!
色もキレイでバリエーションも豊富!
このレベルだと明日にはいくつか売れてしまうに違いない。
いつもそうだもん!
ブログ見てから行くと、狙ってたのはもう売約済。


こうなるともうアウトです。
迷いは「買う買わない」ではなく、「どれを買うか」にソッコー切り替わります。(笑)

私のイシはトウフ並み。(笑)

帰宅後、リーフディップでムシや菌を落とし、できるだけ余計な藻類も持ち込まないように土台をよーくゴシゴシして・・・ぽちゃり。(ヒラムシやアミジグサで学習)



それがコレです。

ブリードではあまり見ないカラーです。
うまく写りませんが、エメラルドグリーン?の先端にパープルブルーが乗っています。

実際の見た目はもう少しキレイです。



KR直下の水面から見ると・・・

どうです?
買わずにはいられないでしょ?(笑)

さすがに横から見たらここまでキレイには見えません。
さっきのとこれの間くらいですかね。

いや~、家の水槽に入れると改めて気に入りました。
うまく育つといいなぁ。


・・・・・え?今月のお支払い明細が来てるって?・・・あ、青杉・・・。(´д`lll)



えっと・・・せめてカードの支払いが終わるまでは頼む。

[ 2012/09/25 ] サンゴのこと。 | CM(0)

あたらしいさんご。

こんにちは、どにゃです。


1週間ほど前になりますが、新しいサンゴを買いました。

やっと開きがよくなってきたのでご紹介。


夜明けのマリンブルー


ツツウミヅタです。

まだ7分咲きくらいですかね。
もっとこう「ばかーん」と開いてほしいんですが・・・まぁ徐々に良くなってきてるので見守ります。
ウズマキが悪さをしませんように。


ソフトを買ったのは10ヶ月ぶりくらい。

SPSを買うようになってからはソフトへの興味は薄れていたんですが、センターがキレイなメタグリーンかつ小ぶりで、状態も良く一目惚れしました。

非アクアな来客、特に女性ウケはSPSよりユラユラ系やこういう「お花系」の方がいいのでワンポイント的な感じで。
というかアクアな来客は来たことありませんが。(笑)


ソフトの中でもすごく好きなサンゴで、以前に一度挑戦したことがあるのですがすぐにダメにしてしまい遠ざかっていました。

なかなか長期維持が難しいサンゴらしいですが、前回よりは自信がついたので再挑戦です。



ソフトにはソフトの、SPSにはない魅力がありますよね!


[ 2012/09/19 ] サンゴのこと。 | CM(2)

特になし。

こんにちは、どにゃです。

ここしばらく、これと言ってネタらしいネタもなく、更新ペースが落ちています。
こまごましたことはあるんですが、ブログに書くほどの事でもなく。


土曜日はニモ観賞。
3D版が公開された日に2Dを見ました。(笑)

夜明けのマリンブルー

アクアリストは考えさせられる映画ですが・・・またニモセットが売れるのかな。





水槽の方ですが、コケ祭りの原因が分かりました。

最初は塩を変えたせいかと思っていましたが、念のためそのまま継続してライブシーを使ってみたところ、特に換水後にコケが増えるということは無かったため塩のせいではなさそう。


夜明けのマリンブルー

で、このイエローグリーンのミドリイシがなんとなくグリーンに傾いてきているような気がしたので、



夜明けのマリンブルー


コイツの添加をしばらく止めていたんです。


すると、蔓延していたコケが衰退し始めました。
そしてしばらくしたある日、試しに1滴だけ滴下してみると、翌日にはまたコケが元気になっていたことから確信しました。

思えば淡水時代もカリを入れてコケ祭りを招いたっけ・・・。

ということで、カリウムの測定もできないことだし、しばらくは添加をストップします。
特にサンゴに良い変化はなかったかな。(;^_^A
ウチはZEOでもないし、まだミドリイシもそれほど多くはないのでバンバン消費することもないでしょう。

やっぱり、「何かを入れて良くなる」ケースって少ないなぁ。
あ、使いこなせてないだけか。(笑)


ミドリイシは好調ですが、トゲ、ハナヤサイが冴えません。
トゲはコケをまとっていて恥ずかしいので画像なし。
盛り返してきてはいますが・・・。

ハナヤサイは購入間もないころは、まだピンクと言うかパープルっぽい色合いでしたが・・・

夜明けのマリンブルー


今はこんな色になっちまいました。(´・ω・`)

夜明けのマリンブルー


現物はもっとポリプが茶色く、地は白くなっています。
ポリプの出はいいんですけど・・・なんででしょう。

ほぼ水面直下に置いたので光が強すぎたのかと思い、下の方に移動させましたがどうなることやら。




おまけ。

日曜日にかつての愛車(借りた)でお出かけしました。


夜明けのマリンブルー

23~24の頃、独身実家暮らし時代に乗ってました。
今はとても維持できません。
実に良いクルマです。
この手のはもう一生乗れないですね。

燃費はリッター約5km。(´・ω・`)
[ 2012/09/18 ] サンゴのこと。 | CM(0)

おさかな10匹買ったった。

どにゃです。

暑い日が続きますね・・・。


8日の土曜日ですが、久しぶりにおさかなを買いました。

しかも10匹の大量購入!!














・・・・・ま、ちっこいのですよ、ええ。


夜明けのマリンブルー

夜明けのマリンブルー


オヨギイソハゼです。



数ヶ月前に5匹購入したうちの1匹だけが生き残っているのですが、こじんまりと群れている姿を見たくなって買ってみました。
入荷すぐはいっぱいいて、ホントは20くらい欲しかったのですが在庫がちょうど10しかおらず・・・。
ま、魚は長期在庫の方が安心です。

小さいですが、よく見ると目の上が青かったり、ヒレにも赤が乗っていてキレイです。

今のところ1匹も落ちず、餌食いも良くなってきたのでもうじきリリースしようと思います。


ちなみに購入店にはコンスピ、クラリオン、ブラバンがいました。
他にもクックベントラ、ハワイアンベントラ、ティンカーズ、飴玉など在庫中。
普段はあまり高級魚の在庫はしてないお店なのですが問い合わせが増えているらしく、仕入れを強化しているそうな。
ココス、ユウゼン、レンテンx2も最近売れたそうです。

景気のイイ方が多いようで羨ましい。



そんな中、ちいさなハゼを買った私はいつかブラバンを飼うのが夢です。





・・・・・べっ、別にヒガんでなんてないんだから!


ギャルのパンティやめてブラバンにしてもらうかな。
でも捨てがたいな・・・。
[ 2012/09/12 ] おさかなのこと。 | CM(8)

イシの医師2人。

ども、違いの判る男になったどにゃです。

KRユーザーは毎月レビューをする毎に1つずつタダでもらえるアレが届きました!


サンゴ蛍光タンパクチェッカーフラッシュライト - F.P.ドクター!


夜明けのマリンブルー


カンタンに言うと、違いが判るそうです。(笑)

全7種類のそれぞれ異なる単波長のライトをサンゴに当てることで、個体毎に有効な波長が判別できるというシロモノ。
販売もしてますが、KRシリーズのユーザーは7ヶ月レビューを書けばコンプリートできます。


7つってのがまた集めたくなる数字ですね。
つかもうぜ♪っつって。(笑)

きっと7つ揃うと望みが叶うに違いない。


※イメージ

夜明けのマリンブルー



よし、7ヶ月頑張ろう。



貰える波長の順番は決まっていて、1本目は400nmになります。
なので私は1本目として400nmをつかむはずでした。


しかし・・・・・



夜明けのマリンブルー


ってアレ・・・?
2本ある?

実は、他の企画などですでに400nmをお持ちの方もいるそうで、そういう方にはその次の475nmが送られるそうです。

そして、8月のレビュー分として私のところに送られてきたのは1本目なのになぜか475nmでした。

早速電話で問い合わせてみると、やはり手違いだったそうで、即日400nmを送ってくれました。

誤って届いた475nmは9月のレビュー(済み)分としてお受け取り下さい、ということでした。
来月の楽しみが無くなってしまった。(笑)


そんないきさつで、手元には2人のドクターゲロがいらっしゃいます。


夜明けのマリンブルー


2本あるので、早速サンゴに当てて反応の違いを楽しんだりしていて思ったのですが・・・。
※画像はケータイじゃうまく撮れませんでした。(´・ω・`)



コレって、サンゴがどの辺の波長を必要としているかがわかるモノ、なんですよね?
で、現在の照明に足りない部分を補え、と。


KR93SPってさ、フルスペクトルがウリなワケで、それはつまり全部の波長が出てるってコトだよね?


そして、どんな調光設定にしてもスペクトルバランスが崩れないのもセールスポイントなんだよね?


てコトは同時に、特定の波長を突出させることもできないってコトで・・・。






う~ん・・・このドクターの活躍のさせ方がわからないのは私だけでしょうか。

コレってKR93SPなどの「販促品」としては有効かもしれないけど、すでにフルスペクトルなユーザーはどう活用したらいいの?(笑)


ショップでサンゴ買う時に「俺は素質を見抜けるんだぜw」っつってドヤ顔でピカピカ当てまくるの?
すげーイヤな顔されそうだなぁ。(笑)
でも明るい時に当てても分からないしなぁ。




とりあえず、嫁のパンティに当ててみます。(反応したらどうしようw)
[ 2012/09/10 ] 小物のこと。 | CM(8)

クリプトカリオンイリタンス。

こんにちは、どにゃです。

今日は海水魚飼育の初期に躓きやすい、「白点病」の経験や対処、治療法について書いてみたいと思います。
ネットで集めた情報や自分の経験の記録として、また検索で辿りついた方などの参考になれば幸いです。

※白点病そのものの説明については割愛します。


画像なしの超長文です。(笑)
大したことは書いてないので「白点とかwww」な方はスルーして下さい。


【始まり】
白点病、発生。


現行水槽(900OF)の立ち上げから半年ほど、白点病に悩まされていました。

ごく初期は出ませんでしたが、調子に乗って魚をどんどん増やし、悪化していきました。(初心者にありがちですね)
酷い時は水槽内のすべての魚種(スズメ・クマノミ・ハゼ・ギンポ・ハギ・ヤッコ)に発症するほど蔓延していました。
ただしそれで次々と死ぬほどではなく、増えたり減ったりを繰り返していました。

時にはほとんど消えて喜んだのも束の間、翌日にはどかーんと増えていて落胆し・・・と白点に振り回される日々でした。
おさかなさんの抵抗力と白点の勢力が釣り合ってしまったのでしょう。





【対策】
連日、ネット検索。

白点病について調べたり、先輩方のブログを読み漁ったりしました。
水槽中に蔓延していたので1匹や2匹を隔離治療しても無駄だと思い、水槽自体の治癒が必要でした。
しかしサンゴやイソギンなどの無脊椎がいたので、銅や薬品、低比重などの決定的な対処ができず、結果として様々な方法を試すことになりました。

効果が高いと言われる善玉菌系の添加剤を規定量の数倍添加してみたり、殺菌灯を導入したり、ICHやオキシドールを添加してみたり、連日換水してみたり、夜間換水してみたり、体力をつけさせようと餌の種類や量を増やしたり、逆に水質を悪化させないように餌を極少量に絞ったり、比重を0.003ほど下げてみたり、天然海水で換水してみたり…。


結論から言うと、どれも効果はありませんでした。
今にして思えばむしろ短期間で次々に実施することで水質を目まぐるしく変化させ、魚に負担をかけていただけでした。
お金もムダ。

【収束】

結局、放置策。

最終的に収束した方法は「何もしない」でした。

餌は全員食べていたので、白点に罹りやすい(=撒き散らす)不調なヤッコを隔離治療し、あとは一定の給餌と換水のみ、それ以外は何も入れない、何もしないことにしました。(ハギは元気&捕獲できなかったのでそのまま)
とにかく「水槽に変化を与えない」ことに努めました。

すると悪化する日が減っていき、症状も日を追うごとに軽くなっていきました。
約2週間でほぼ白点は見なくなり、およそ1ヵ月で白点はゼロになりました。

水質の変化が無くなり、魚の抵抗力が向上し白点の勢力を上回ったということでしょう。
白点を増殖させていたヤッコを一時的に出したのも効果的だったかなと思います。


【治療】
辿りついた、完治法。

白点が酷い場合は隔離治療が必要です。
よく「白点は放置で治る」という方がいますが、それはその水槽に充分な量の良質バクテリアが定着しているからです。
立ち上げ初期の白点は悪化するケースがほとんどなので、放置しても治りません。
無脊椎がいなければ銅が確実みたいですが、私は銅治療の経験はありません。

治療はトリートメントタンクが無い場合、全換水法が良いと思います。
但し、クーラーが要らない時期に限られます。
理想はやはりクーラー付きトリタンです。

私の場合はそれに低比重とグリーンFゴールド顆粒を加えました。
低比重化は魚の浸透圧調整機能の負荷を軽減させる効果と白点のセロントを死滅させる効果があります。
GFGには直接白点の治療効果はありませんが、白点虫が出入りした際や痒がって擦り付けた際に傷ついた粘膜を保護する粘膜保護ではなく感染症予防(殺菌)効果があります。
(また一説によると、白点虫が寄生する際に必要とする成分を生成させにくくする効果もあるかもしれないとの事)


この治療に必要なのは小型水槽、ヒーター、エアストーン、水温計が各2つずつとエアポンプと比重計です。
最悪、各1ずつでも可能ですが、面倒です。
あとは何でもいいので生体の生活リズムを整える為の照明。
塩ビパイプなどの隠れ家もあれば尚良し。

--------------------------------------------------------------------
※比重計について
低い比重はフロート式では測れないものもあります。
なので比重は飼育水の比重から算出してもいいですが、屈折計があると圧倒的に便利です。
以後もずっと使うものですし、フロート式より正確でラクで早いので絶対にあった方がいいです。
某オクの安いので充分です。
--------------------------------------------------------------------

エアレによる塩ダレと飛び出し防止のためフタがあった方がいいのと、魚を横から見れる方がいいので私の場合は30cm規格水槽を2つ用意しました。
バケツでも構いませんので仮にバケツA・Bにします。

水槽の飼育水を薄めて比重を1.010に合わせたものをバケツAとBにそれぞれ用意します。
飼育水に白点がいるんだから意味ないじゃんと思われるかもしれませんが、低比重化することで仔虫(セロント)は死滅しますので問題ありません。
また濾過が無いため少しでも水質を悪化させないよう、いくらかでも硝化バクテリアが期待できる飼育水を使います。
バクテリアも低比重で死ぬんじゃ?と思われますが、私が参考にしたある魚水槽ブログで本水槽ごと低比重化(1.008)した結果、アンモニアや亜硝酸は検出されなかったとのことからこの程度の比重ではバクテリアは死なないと考えています。

そして両バケツにヒーターとエアレーションだけして、魚を入れるバケツAだけGFGをパラッと気持ち程度入れます。

まぁ無いよりはあった方が良い程度の気休めです。(笑)
手元になかったら別にいいと思います。
アクアセイフとかでもいいですが、併用はタブーみたいです。
GFGは光で分解されるので、前日に入れておくことは避けて下さい。

給餌は1日1回、水が汚れるので魚を移し替える前だけ与えます。
その間にバケツBにGFGを溶かします。
その後、魚を手ですくってバケツBに移し替えます。(水温差に注意)
バケツAは水道水で特に底をよく洗って、また同じ低比重水を作ってエアレしておきます。
これを毎日繰り返します。

正直相当な手間がかかりますが、効果は抜群で2~3日を過ぎた頃からみるみる白点は減っていきますのでモチベーションも保てます。
1週間から10日ほど続ければ、まず白点はゼロになっているはずです。
これで魚自体の治療は完了です。
徐々に比重を戻し、本水槽の隔離ケースで様子を見ましょう。


飼育水を使うので、必然的に本水槽の換水にもなります。


もし濾過の効くトリタンがあれば規定量半分のGFG+低比重(1.008~1.010)で普通に飼育すればおkです。

ちなみに過去に何度もこの方法でやってますが治療中に死なせたり不調になった個体はありませんでした。
皆今現在も元気にしています。

※あくまで私の経験だけの話です。全魚種を保証するものではありませんのでご注意を。低比重に弱い種もいるようです。



【まとめ】
白点から、学んだ事。

・トリタン必須!
私はこの経験からトリタン必須と考え、用意しました。
新魚の導入時も1~2週間ほどそこで様子を見ることで、病気の持ち込みを防げます。
何かの際の隔離にも重宝します。


・治療より予防!
「無脊椎OKの白点やっつける系」はほとんど効果はありません。
やはり予防に勝るものはありません。
トリタンや殺菌灯がそれです。


・いじらない!
白点が出たからと言って、アレコレやりたくなる気持ちは私も経験したのでわかりますが、いじるほど逆効果です。
症状がひどければ隔離治療して下さい。(あまりにひどいと手遅れですが)
蔓延しても、ガマンして換水に努めて下さい。
よくない時こそ、変化を最小限に抑えましょう。


・試薬ではわからない!

アンモニアも、亜硝酸も出てないのに・・・。
白点に関しては、試薬で測れるパラメータに意味はありません。
上記がゼロなのは飼育の最低レベルです。
白点は目に見えない部分の水質の変化やバクテリアバランスの問題です。
しかしそれらを測定することはできません。
生体の状態こそが一番の指標になります。
日々の観察が大切です。


・立ち上がり≠安定!

亜硝酸ゼロは濾過が立ち上がったことになりますが、それと安定は全く意味が違います。
何を以てして「安定」かは、その水槽を管理しているキーパーのみぞ知るところです。
計ることはできないので数値の条件などもありません。
強いて言えば、「全生体が健康な状態が続いていること」が安定でしょうか。
バクテリアのバランスが落ち着くことが安定の始まりですが、そうなるまでには何カ月もかかります。
そしてそれは水槽をいじればいじるほど遅くなります。

それまでは日々、水質(バクテリアバランス)が変化しているということです。
濾過バクテリアだけがバクテリアではありません。
立ち上げ初期の海水水槽の中では膨大な種類のバクテリアや微生物が優位に立とうと毎日シノギを削っている状態です。
一度は優位に立ったと思っても、すぐにそれに代わる他の勢力が台頭してきたりします。
キーパーが何かをすればまた勢力は大きく変わるかもしれません。

天候や季節でガラッと水質が変わる池や河と違い、ほとんど変化の無い天然の海から来た魚にとってこれは大きな負担となっていることでしょう。
海水魚を死なせてしまった原因がアンモニアや亜硝酸だったケースは実際はごく少数で、このバクテリアや微生物による勢力争いが死因のキッカケであることの方が多いのではないかなと思います。

これらのバクテリアのシノギ合いや陣取り合戦が落ち着いて、日々の変化が極めて少ない状態になった時こそが「安定」であり、魚への負担も最小限に抑えることができるのでしょう。

それを水槽でずっと維持しようというのだから、元来ムチャな話ですよね。

ま、だからこそ面白いワケですが。






ね?大したこと書いてないでしょ?(笑)
これはただの一個人の独り言ですのでそこんとこヨロシク。
ヾ( ´ー`)
[ 2012/09/08 ] 日々のこと。 | CM(10)

強光障害?

どーも、どにゃです。


今日は最近買ったサンゴの変化について見てみようと思います。


まずは8/14に買ったフィジースゲミドリイシ。

購入時

夜明けのマリンブルー


昨日↓

夜明けのマリンブルー


肉眼での変化としてはポリプの褐色が抜けてきたものの、パープルも抜けてきたような?
成長具合はこの形状の奴はよくわかりませんね。
先端が丸まってきているようです。

まぁSPSド素人としては合格点だと思います。



続いて8/21購入の蛍光イエローグリーンな「名前教えて」ミドリイシ。(笑)

夜明けのマリンブルー

昨日↓

夜明けのマリンブルー


グリーンに傾くこともなく、色味に変化なし。
ただ成長点はだいぶ伸びてますね。Σ(・ω・ノ)ノ!
まだ2週間なんですが・・・。(;´▽`A``

黄色はカリウムの過剰でグリーンに傾くそうですね。
添加の指標にしたいと思います。


最後は同日購入のハナヤサイ。


夜明けのマリンブルー

ちゃんと撮ってなかった・・・。
今は亡き青杉の陰に。

昨日↓

夜明けのマリンブルー

ハナヤサイは強い照明が必要とのことなので、一番高い位置に置きました。

夜明けのマリンブルー

KRは水深3-5M設定の近似値です。(MAX白青100%)
KRの高さは水上約20cmです。
さらに良かれとGL21eのパールホワイトを直撃させていました。


写真だと特に変化は見られませんが、よく見るといくつかの先端が真っ白になってしまっていました。

ポリプは先端まで出ていますが、これはいわゆる「強光障害」なんでしょうか?
ちなみにポリプは画像よりもっと茶色です。

先日あっき~さんにも光が強すぎるかもと指摘して頂いたので、MAXを白70青100へ変更してレディオもOFFにして様子を見てみることにします。

弱っている時の強光も良くないらしいし。

スゲのパープルが飛び気味なのも強すぎるせいなのかしら・・・?


ハナヤサイの隣のトゲも不調です。
こっちは何回も転がして元から不調でしたが。

まぁ今は水質もよくないので照明のせいだけではないかもしれませんが、ミドリイシは何ともないんですよねぇ・・・。


[ 2012/09/07 ] サンゴのこと。 | CM(2)

調子が上がらない・・・。

こんちは、どにゃです。


8月半ばに大幅なレイアウト変更(プチリセット?)を敢行して約3週間ですが、水槽の調子が落ちています。


夜明けのマリンブルー



原因はLRや砂をいじったせいです。
さらに塩を変えたのも関係しているかもしれません。

どうも水質やらバクテリアやらのバランスが狂ったようです。

レイ変して1週間くらいは問題なかったのですが、2週間前くらいからコケ(有毒渦鞭毛藻?)がブルームし、これにより悪玉菌が増殖したようで青杉がSTN(RTN)になったり、おさかなにわずかな白点(翌日には解消)がたまに見られたり、サンゴのポリプの開きがイマイチな感じです。

サンゴの色に関しては特に変化はありません。
おさかな達も特に不調なわけではなく、餌食いも問題ないのですが、稀に頭を振る仕草が見られます。

コケはLR上のアチコチに発生していて、バンバン光合成をしているのか気泡だらけです。(;´ω`)

しかし、ここ何日かは衰退してきて気泡も減ってきているようにも見えます。
願望からの「気のせい」かもしれませんが。(笑)

ちなみに測定できるパラメータ(比重、pH、KH、NO3、PO4、Ca)には異常はありません。
唯一、通常8.1以上はあったpHが7.8~7.9ほどに下がってきています。

しばらくは換水頻度を上げて様子を見ていきたいと思います。




しかし水槽の調子が悪いとコッチの調子まで悪くなりそうです・・・。(´Д`;)
[ 2012/09/06 ] 水質のこと。 | CM(8)

VorTechのアレ。

8/26の日曜日に行ってきました。


夜明けのマリンブルー


初ナチュラル!



お目当てはコレです。


夜明けのマリンブルー

ナチュラルオリジナル VorTechコードホルダー!



夜明けのマリンブルー

形状や構成はこんな感じです。


設置してみます。


夜明けのマリンブルー


厚みのあるアクリルで高級感があります。

が、結構デカくて目立ちますね・・・。

フランジがあるのでこの付け方だと固定ネジがギリギリです。

もうちっとコンパクトにしたいので今度自作してみようか・・・。


315さんあたりがイイの作ってくれないかなぁ~。

ぐおっちさん今度提案しておいて下さい。(笑)
[ 2012/09/05 ] 小物のこと。 | CM(2)

水流強化と塩とコケ。

こんにちは、どにゃです。


メタハラとスキマーが売れたので水流を強化してみました。


夜明けのマリンブルー


hydor SMART WAVE & KORALIA nano1600 です!

ま、定番ですね・・・。(笑)


サクッと設置します。


夜明けのマリンブルー

水槽右奥に1600、そして左奥に900を。


夜明けのマリンブルー

こっちもいずれ1600に変えたい。


そしてMPのショートパルスモードと、揚水のフローのコンビネーションで



夜明けのマリンブルー


良い感じの水流に!

ユサユサをずっと見てると酔いそうです。(笑)

なかなか気に入りました。(・∀・)
水もよく回るようになって、スキマーの汚れも増えました。


ただ、コラリアはちょっと始動と停止時に異音がしますが・・・ガマンします。(;^_^A




そして最近の悩みが・・・LRのコケです。


夜明けのマリンブルー

夜明けのマリンブルー


毛足の短いフカフカしたコケがブルームしています。
KRの強い照明と相まって光合成しまくりでLRは気泡だらけです。
ちなみにダイノスではなさそうです。

タイミングはレイアウトを変更してからで、思い当たるのは塩を変えたことです。
それまではずっとインスタントオーシャンを使っており、レイ変をキッカケにライブシーソルトに変えました。

最初は「LR追加したし水質が変わったのかな?まぁ一時的なモンだろ。」とタカをくくっていましたがほとんど減ってこないんですよね・・・。
むしろ換水後は増える気すら・・・。(´Д`;)


幸い生体には特に変化が無いので見守っていましたが、見苦しいのでインスタントオーシャンに戻して様子を見てみようと思います。

別にライブシーソルトが悪いとは思ってません。
単にウチの水槽との相性が良くないだけかもしれません。
まだ塩のせいとも限りませんしね。
それでダメなら天然海水しかないかな・・・。


塩で同じような経験をされた方います?



最後に現在の全景を・・・。


夜明けのマリンブルー



そして夜の消灯前1時間だけ白:0 青:100の癒されタイムです。


夜明けのマリンブルー

キレイでしょ?(笑)
[ 2012/09/04 ] 機材のこと。 | CM(4)

KR93SPフルスペの冷却。

どうも、どにゃです。

初期不良で修理してもらったKRですが、その後は快調です。

灯具自体にもファンが内蔵されていますが、さらに外からファンを当てることで冷却され、それによって照度まで上がるという報告を見たのでファンを付けようと思いました。

どうしても見栄えは悪くなりますが、ここは高額機器の保護を優先します。(笑)


現状は、本体向かって右側上部に触れると「熱いけど触っていられる」くらい。
左は「熱くて触っていられない」くらいです。
右から左へ排熱しているようです。

抽象的でゴメンなさいww

ちなみに100%の時は安定器もメッチャ熱いです。
コレ大丈夫なの?ってくらい。
コッチもできれば冷やしたいなぁ。


で、どうせつけるなら少しでも目立たなくてシャレたのがいい、と吟味して選んだのがコレ。

夜明けのマリンブルー

【タイムリー スチール製USB扇風機 20cm型 ホワイト STEEL-UFAN-WH】
あまぞんで1280円。
家電量販店にはいいのがなかったです。


夜明けのマリンブルー

羽根はメタリックシルバーで、ケースはホワイト。
KRがシルバーでキャビネットがホワイトなのでカラーリングはマッチしています。
USB給電なのでアダプターを介してタイマーに繋ぎます。
稼働時間はKRに合わせます。



夜明けのマリンブルー

夜明けのマリンブルー


タイラップで固定しました。(余りはもちろん後でカットしましたw)

どうしても存在感はありますが、プラスチック製のクリップファンよりはずっと気に入りました。
風量も充分で、KRも「ほんのり温かい」くらいになりましたので効果はバッチリです。
騒音もありますがさほど気にならないレベルです。

て言うかコレ絶対寿命に差が出ると思う。
そのぐらい温度差があります。


発展途上機器だから工夫しないとね・・・。
[ 2012/09/03 ] 機材のこと。 | CM(10)

【混泳への道】シマ、混泳成功。(仮)

おはようございます、どにゃす。


約1ヵ月前から始まったシマヤッコの【混泳への道】シリーズですが、とりあえずは成功した模様です。(・∀・)


夜明けのマリンブルー

最後の難関だったウズマキをリリースして10日ほど経ちます。


レイアウト変更前はスミレ、ウズマキ、バーゲスからのトリプルアタックを受けていましたが、今はバーゲスが餌の時だけちょっと追いかけるくらいでウズマキはほぼ無関心、スミレに関してもヒレを広げるくらいでアタックはしません。
逆に、ごくたまにシマが押す時すらあり、メンタルも多少鍛えられてきたようです。

ウズマキは以前スミレを追い払ってましたが今はほぼ追い払わなくなりました。

シマはバーゲスに追われても上手くかわし、すぐに餌取り合戦に戻ってくるので大丈夫かな?と思っています。
いくらかはストレスになっているかもしれませんが、餌の時以外はあちこち泳ぎ回っています。


しかしチョウがヤッコを追うとは意外でした。
バーゲスは今まで誰も攻撃しなかったのになぁ。
やっぱ白黒模様が気に入らないのかな。ヽ(`Д´)ノ


というわけで、この先はどうなるかわかりませんが、ひとまずは
ウズマキ、スミレヤッコ、シマヤッコの3ヤッコ混泳成功!
とさせて頂きます。ヽ(*・ω・)人(・ω・*)ノ






イェーガーさん見てる~?w

[ 2012/09/02 ] おさかなのこと。 | CM(6)

ZEOvitデビュー!?

ども、どにゃです。

ZEOが気になって仕方ない今日この頃、とりあえずお試しにとウェットでも使えるという添加剤を1つ買ってみました。



夜明けのマリンブルー


かりうむあいお・・・だいど?

化粧品やエッセンシャルオイルみたい。
キレイなビンですね。
なんとなく集めたい気持ちになります。(笑)

主な効能は青色のSPSの色が濃くなる・・・青色のSPSはつい先日無くなりましたが。(;^_^A



先日コメでご指摘頂きましたが、カリウム不足は根元からの白化を招くそうで、今回STNを発症した要因の一つかもしれないということでした。

ZEOvitシステムでは特にカリが減少しやすいそうですね。
ウチはウェットですがカリウムなど添加したことすらないので少ない事は間違いないと思います。
というか現在は何も添加していませんのです。

過剰添加しなければサンゴにとって悪い事ではないだろうということで、添加量は約100Lにつき1滴なので、ウチの約160Lタンクに1日1滴をとりあえず1週間ほど入れてみたいと思います。

今までの添加剤のように○mlを計らなくていいのですごく楽チンですね。
内蔵のスポイトでポタっと1滴垂らすだけ。


さて、どういう変化が起きるか楽しみです。(・∀・)


・・・ついにZEO添加剤を買ってしまった。
きっと2本目3本目と増えていくんだろうなぁ。

そしていずれ・・・。(笑)
[ 2012/09/01 ] 添加剤のこと。 | CM(10)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。