水槽のコーティング。

こんにちは、どにゃです。


やっている方はあまりいないと思いますが、私は以前から水槽にコーティングを施しています。(もちろん外側です)

使うのはクルマ用の所謂ガラス(系)コーティング剤です。
昔はクルマの塗装保護といえばワックスでしたが、最近は専らコーティングですね。
私も仕事でいくつかのコーティング剤を使ってきました。
有名どころでは「ブリスX」などでしょうか。


コーティング剤の目的としては主に塗膜の保護、ツヤ出し、防汚、撥水(疎水・親水)などが挙げられます。
製品も様々な成分や効果をうたったものがあり、安価なものから専門業者施工まで、価格も○台分1,000円台から1台で数十万円(!)の特殊なものまでととても幅が広いです。

まぁ私もコーティング専門ではないのであまり詳しくはありませんが、過去の経験の感覚からいうと効果の違いもありますが、おおよそ「価格=持続性」といった印象です。
数十万円の特殊コーティングはウチのお客さんに施工(外注)したので経過を定期的に見ていますが、さすがといったところでした。
ただ安いものでもマメにやってればそれなりに効果はあります。


以前マイカーがあった時は、「そこそこ」のコーティング剤をマメにかけていました。
クルマの色はパールホワイトだったのですが、しばらく洗車をサボり薄汚れてグレーっぽくなっていたある日、激しい雨が降った後にクルマを見たら明らかにキレイになっていて驚きました。



まぁそんな話は良いとして、クルマ用コーティング剤は水槽にもおススメです。
以前試しにやってみたらよかったので続けています。

まずコーティング剤のツヤ出し効果により、僅かですが水槽の透明感が上がります。

そして防汚効果により、汚れがつきにくく落ちやすくなります。
ガラス面に海水がついてしまうことは多々あると思いますが、コーティングする前は拭き取ってもなかなか拭き痕がきれいに消えにくかったのですが施工後は拭き痕が残りにくくなりました。
撥水タイプのものなら水滴自体もつる~んと弾くでしょう。
ポンプの外側マグネットのアトも残りにくくなった気がします。

あとコーティングすると表面がツルツルスベスベになるので、マグネットクリーナーの滑りがとても良くなりますw
フリッパーは掴む部分が薄いので力が入れにくいのですが、それがラクになりました。
これが一番嬉しい効果かもw


水槽はクルマのように過酷な環境ではないので安価なもので十分だと思います。
ちなみに私が今使っているのは会社にあった「シュアラスター ゼロウォーター」です。


コレを100均などの香水用アトマイザーに移して使用しています。

20150425233923-472.jpg


本来は濡れたところに噴霧して拭き取るのですが、この製品は乾いた面にもOKとのことなので私は乾いたガラス面に直接吹き付けてマイクロファイバーの布巾で拭き取っています。
繰り返し使用するとより効果的です。


当然ですがコーティング剤が水槽内に入らないよう注意して下さい。
上の方は水槽に直接吹き付けるのではなく、布巾に吹き付けてから塗り込むようにするといいです。


やる前はできるだけ施工面の汚れを落としてからやるといいですね。
特に油分はしっかり落とした方がいいです。
洗剤はちょっと使いたくないですので、ガラス水槽なら水拭きしてからエタノールやアルコールなどが良いと思います。

あとガラス水槽の場合はどれでも大丈夫だと思いますが、コーティング剤によってはアクリル水槽などの樹脂へは可否があるかもしれませんのでよくご確認下さい。



水槽にコーティング、おススメです!




[ 2015/04/28 ] 小物のこと。 | CM(16)

稼ぎの9割をサンゴに奪われているなんて・・・。

こんにちは。

今日誕生日なので嫁ちゃんに「何が欲しい?」と聞かれたので「でっかい水槽」と答えたら「いいよ」と言われたけど(そのかわり私の誕生日は・・・ニヤニヤ)みたいな顔してたのでキャンセルしたどにゃですw

あぶないところだったぜ・・・w



先日、ふとネットを徘徊しているとこんな本を見つけ、面白そうなので買ってみました。


20140108020153-465.jpg


サンゴ礁は非常に海水の透明度が高い。
つまり有機物やプランクトンが少なく、栄養塩も極めて低い貧栄養な海。
なのになぜサンゴ礁にはあれほど多くの生物が住めるのか。
その秘密は褐虫藻にあった・・・。

本書はこんな感じで始まります。



まだ半分くらいしか読んでいませんが、この本はあくまでサンゴとサンゴ礁のはなしなので、飼育書ではありません。
サンゴ飼育のノウハウに関する事は一切書かれていないと思われます。

なのに、目次の頭からワクワクが止まりませんw

20140109212916-247.jpg

サンゴを飼育するアクアリストという立場から見たら、むしろこれはディープな飼育書にも見えます。

サンゴ「礁」のはなしなので、主にミドリイシなどの造礁性サンゴについての内容です。

私もまだそこまで読み進んでいませんが、「白化する理由」とか、「褐虫藻とサンゴのストレス耐性」なんて特に気になりますよね?


前半部分は、そもそもサンゴとは何なのか、どうやって生きているのか、褐虫藻との共生、それぞれの役割などについて詳しくわかりやすく書かれています。

特に褐虫藻との関係はページ数も多く、その重要性について伺い知ることができます。


別にこんなことは知らなくてもサンゴ飼育はできますが、サンゴや褐虫藻への理解を深めることでサンゴ飼育がもっと面白くなると思いますし、色揚げのヒントになりそうなことも得られると思います。


これを読んで、褐虫藻の少ないパステルなサンゴの飼育が難しい理由が良く解りました。
その理由を1つ。


褐虫藻は光を浴びて光合成して得たエネルギーのうち約9割をサンゴに渡すそうです。
自分の活動を賄うのは残りの1割。
サンゴ(ポリプ)自身も自ら捕食活動をしていますが、褐虫藻からのエネルギーに比べれば微々たるもので、サンゴはその褐虫藻から得た膨大なエネルギーのうち、なんとおよそ半分もの量を表面の粘液分泌に使うそうです。

粘液は使い捨ての衣服に例えられていました。
清潔な粘液で菌や汚れ、乾燥などから身を守り、汚れたら捨てて新しくする、つまり防御機能。
ということは褐虫藻の量=防御能力、とも言えそうです。


つまり・・・


不細工な夫は労働して得た給料のうち約9割を妻に渡す。
自分の生活費は残りの1割。
美人の妻もパートはしているが微々たるもので、妻は夫の給料の半分を洋服に使い、汚れたら買い換える。



我々はこんな鬼のような妻を熱心に愛で、働き者の夫を醜いと罵り、かつどうにかして追い出そうとしているワケですw
ヒドい話だw(※)



確かに以前から感じていたことです。
パステルなサンゴほどミューカスの分泌量が少ない、と。
だから雑菌や汚れに弱いんですね。


このようにサンゴの飼育経験があると、より本書への理解は深まると思います。


この先はまだ読んでいませんが、中盤はサンゴ礁の生態系について、後半はサンゴ礁の危機などについて書かれているようです。

20140110223344-417.jpg


とても興味深い本だったのでご紹介してみました。


amazonで882円(送料無料)で買えますので興味のある方は是非。



ウチの嫁ちゃんがサンゴじゃなくて良かったw







※厳密には服というより家を守るものなので住んでいる夫(褐虫藻)にもメリットがあります。
ギャグなので誤解なさらぬようw



[ 2014/01/11 ] 小物のこと。 | CM(16)

水質測定のアレコレ。

こんにちは、どにゃです。


さて、サンゴ飼育も段々本格的になっていくと、様々な悩みにぶつかります。
そんな時は、原因追求の為にどうしても水質測定がしたくなりますね。


と言っても測定できる水質など極々一部に過ぎません。
例えそれらが全て良好な値であっても、良好な水質であるとは断言できません。


ま、そんなことが言えるのも、計ったからに他なりません。
試薬も揃えようと思うと結構な費用がかかりますから、塩代に充てて換水するのも1つの手だと思いますが、指標になる事は確かです。
できれば計って正確な値を知る方が良いです。


という考え方になると、試薬や器具が増えていきます。(笑)


20130430210639-230.jpg

私も1つずつ、コツコツ揃えました。




海水魚飼育において最低限必要なのは比重計ですね。

比重計は、当初フロート式を使っていましたが、屈折式が断然おススメです。
ヤフオクで3k以下から買えます。

20130430211029-330.jpg


フロート式よりラクで正確で範囲も広くてサイコーです。
白点治療の低比重を測定する為に買いましたが、こんなに便利ならもっと早く買えばよかったと思いました。
使い方は、飼育水にちゃぽっと突っ込んで覗くだけ。


20130430210942-164.jpg


20130430210909-347.jpg

値は1.025。

使った後は洗いましょう。




pHはデジタルがおススメ。

当初はテストラボの試薬を使っていましたが、これがまぁ~判りにくい。(笑)


てことで思い切ってデジタル式を買いました。
電極交換が可能な高価なものの方がそりゃ当然いいですが、私は安価なハセップ製を使っています。

20130430211105-6.jpg


今のところ特に不都合はありません。

精度は・・・確かめようがないのでなんとも。(笑)
気が向いたら校正しています。


20130430211207-210.jpg


使った後は洗いましょう。




主に初期に使う試薬はアンモニア、亜硝酸、硝酸塩あたりでしょうか。
この辺は生物濾過の立ち上がりを確認する為に必要ですね。


一度安定したらアンモニア亜硝酸はまず使いませんね。




そしてここからがSPSを飼育するなら欲しくなってくる試薬&器具。
まずは栄養塩の測定。


低濃度の硝酸塩
測定ができる、レッドシー硝酸塩プロテストキット。

20130430211811-23.jpg


と、エロスのリン酸塩試薬。

20130430211854-804.jpg


さらに精度を求めると、HANNAのデジタルチェッカー(ppmバージョン)になります。

20130211190942-150.jpg

さらに低濃度用のppbバージョンもありますね。
欲しい。



そして主な組成成分の測定。


KH。

20130430211729-343.jpg




マグネシウムやカルシウム。


20130430211836-732.jpg




そして最近手に入れたカリウム試薬。

20130426221540-900.jpg



私が持っている試薬は以上ですが、まぁこのくらい揃ってれば充分でしょう。
あと欲しいのはヨウ素かな。
でもヨウ素はレッドシーでもHANNAでも測定が困難みたいですね。


これらを駆使してトラブル時の原因追求に努めたりしますが、ぶっちゃけ異常値が出る事はほとんどないです。




サンゴ、特にミドリイシを飼育・色揚げしようなんて場合は、これらの数値に問題が無いのは大前提ということなのでしょうね。


計るのは理科の実験みたいで好きですが、いくら数値を眺めてみても色は揚がりません。
色を揚げたきゃサンゴを見るしかないです。



色落ちさせてるヤツが言っても説得力の欠片もないですね。(笑)



[ 2013/05/01 ] 小物のこと。 | CM(12)

こんなん作ってみた。

どーも、どにゃです。


こないだこんなの作りました。




20130419235526-391.jpg


Vortechとスキマーポンプのコントローラー収納?ボックス?です。

Vortechの故障原因の多くはコントローラーの水被りだそうなので、今まではクーラーの上に無造作に突っ込んでたんですが万が一の地震の際に水濡れを防ぐため作ってみました。

あと来客に「ハイテクっぽさ」をアピールするのが狙いです。(笑)



偶然にも仙台のお方と同じタイミングですが、アチラ様はアクリルオーダー品。
コチラは安板自作品。

格差社会を感じさせます。(笑)



これなら地震で水が溢れても、コントローラーに水がかかることはないでしょう。

20130419235659-534.jpg


あ、タンパク博士が全滅だ。(汗)



[ 2013/04/20 ] 小物のこと。 | CM(4)

フラットワームソリューションの使用レポ。

こんちは、どにゃです。

先日の日曜日、ついにヒラムシの駆除に踏み切りました。

【警告!】
こっから先はグロ注意です!









































































グロおkなのね?w
じゃあいくよ?w


水槽におけるヒラムシは超カンタンに言うと2種類。
サンゴに悪さをする奴としない奴という判断です。(笑)

ウチのはしない奴だったので、放っておいたら爆増しました。

LRとかにもビッチリで、水流になびいてヒラヒラしてたりします。
さすがに美観が悪いので、駆除します。



ヒラムシの駆除方法を調べてみると、マグネシウムを上げるとか、ブルーラインスラッグが食べるとかありましたが、効果や効率の問題から今回は薬品の
「フラットワームソリューション」を選択してみました。

ソリューション=解決 かと思ってましたが、調べたら「溶解」って意味もあるんですね。
どっちの意味?両方?



下調べをすると、ポイントがいくつかありました。

1、なるべくヒラムシを吸いだしておけ!
2、100Lあたり250gの活性炭を入れろ!
3、1/4以上の換水をしろ!



これは、ご存知の方も多いでしょうけど死んだヒラムシが毒素を出す為です。


1については、複雑に組まれたLRに張り付いている元気なヒラムシを吸い出すのは困難なので、断念しました。



2については、「入れなくてもいいか~」とか思ってましたが念のため、当日にGEXの400g入りの安い奴を調達しました。
リン酸溶出を懸念して、RO水に漬け込み後、サンプにドボンしました。



3に関しては多いほどいいはずなので、予想総水量約170Lの約1/2以上になる100Lを用意しました。
水温も合わせておきます。



さて、いよいよFWSを添加します。(・∀・)

規定量は10Lに対し1滴なので、17滴入れました。
箱には30分以内に効果が表れますとのことでしたが、それはすぐに始まりました。
ちと多かったのかも(;´▽`A``


ポタポタしてすぐヒラムシが一斉に縮こまり、数分経つと水流に煽られて粘液のようなネバネバを纏いながら次々にLRから剥離していきます。(´д`lll)


あっという間に水槽内はおびただしい数のヒラムシが舞い散ります。(((( ;°Д°))))


そこで完全に死ぬ前のヒラムシをできるだけ取り出す為、淡水時代のネットを引っ張り出してきてMPの前に構えました。


すると・・・



ものの数十秒でこんな状態に!(°д°;)
ある程度溜まったら、水道水を入れたバケツですすぎました。


ミドリイシはしばらくしてから(ヒラムシの毒素に反応?)ポリプを引っ込めましたが、ソフトはやや閉じくらい、クダサンゴは全開。
おさかなは隠れててよくわからんがとりあえずは大丈夫そう。
謳い文句通り、おさかなやサンゴへの刺激はほとんど無いようです。


これを1時間ほどせっせと繰り返し、舞い散るヒラムシがだいぶ少なくなった頃、おさかながイレギュラーな動きをしました。


ヒラムシからかなりの毒素が出ているのでしょう。
ヤバそうなのでここで換水開始。


ヒラムシをホースでなるべく吸い出しながら、90L換水しました。
ポンプが非力な為、ミドリイシを長時間空気に晒したくなかったので100まで届かず・・・。


取り出したヒラムシ。

数千匹?の大量です。(((( ;°Д°))))
黄色いのが毒素なのでしょうか。


ヒラムシだって自然に死ぬでしょうし、大量に増えたヒラムシが水槽内で自然死して毒素を出し、僅かながらも水質へ影響を与えているという可能性は考えられませんかね?
そう考えるとやはり居て欲しくは無いですね。



換水後、サンゴたちは徐々にポリプを出し始めたので大丈夫そうです。
おさかな達も変な動きはしなくなりました。


ヒラムシもほぼ壊滅状態。

とりあえず現時点では大成功ですが、数が多かったせいか全滅までは至らず・・・。
まだチラホラしています。
生き残ったのか、時間が経ってから死ぬのかは・・・?

水槽への影響も含めて、今後の経過を見守ってみます。


フラットワームソリューション、現時点での評価は◎です!




崩壊したらZEO化する予定でしたが大丈夫そうです。(笑)

[ 2012/12/03 ] 小物のこと。 | CM(16)

サンゴ飼育完全マニュアル2013とZEO化包囲網。

どうも、どにゃです。

昨日買いました!

サンゴ飼育 完全マニュアル 2013


表紙のスミレとベントラがウチと同じなのが気に入りました。(笑)


お値段は2090円とちょっぴりお高いですが、その分前作よりグレードアップしているようです。
オールカラーページだそうで、パラッと見た分には写真も多く、解説も詳細になりとても良さそうな仕上がりです。

初心者から中級者までは間違いなく楽しめる1冊だと思います。
さすがツルケン氏の自信作。

サンゴ全般の飼育書ですが、浅場ミドリイシの種類の解説だけで5ページもあります。

ちょっとだけ・・・

一応ボカしときますw


深場やオージーのミドリイシも少しですが載っています。

私は種類をあまり知らないのでこれだけでも結構参考になります!


先日購入したミドリイシはコレですね。まさにこの色。



まだちゃんと読めていません。


なぜなら・・・













































嫁ちゃんに取られたからw






【追記】

そしてこの本を見た嫁ちゃん、掲載されていたZEO水槽を指差して

「この水槽超キレイ!」と言いました。

「コレはZEOだよ」
「ぜろ?ぜろって何?」

「ぜろじゃなくてZEOwこの飼い方をするとサンゴがキレイなパステルカラーになるんだよ」

「へー!やらないの?」

「やりたいけど色々必要なんだよね、リアクターとかT5とかね・・・。」


(私が最近よく「T5欲しい」と独り言を言ってるのを横で聞いている嫁ちゃん)




そしたらナント・・・







「はやくT5買いなよ!w」

「(;゚ Д゚) …?! 」


ZEO化包囲網が家庭内にまで・・・!?

エーエイトさんの呪文恐ろしすぎw
[ 2012/11/29 ] 小物のこと。 | CM(12)

サンゴ図鑑買ったよ。

こんちは、どにゃです。

ミドリイシを飼育していると、色々知りたい事が出てきますよね。
特に、教えてくれる人がいないとその個体が「何ミドリイシ」なのかさえわかりません。
それが分からないと、実際に生息してる場所もわかりません。
場所が分からなければ、好む光も水流もわかりません。

まぁわからなくても、詰まるところキレイならいいし、反応を見ながら調整したりはできますが、未熟な私としてはやっぱり不確定な要素はできる限り減らしたいトコロ。
最近の雑誌でもミドリイシはほぼ一括り、「光は強め」とかしか書いてありませんよね。

自分で資料を探したりもしましたが、ミドリイシを詳しく解説した資料は見つけられませんでした。


そこで先日、例の件でエイジさんに相談中に、何かいい資料はないか尋ねたところ

あとは、ちょっと古いですが、サンゴの書物も多少は役に立つかも。
僕が10年前当時よく見てたのは、
・フィールド図鑑 造礁サンゴ
・沖縄海中生物図鑑 第9巻 サンゴ
の2冊です。今はこれ以外にも良い書物があるかも知れません。
この図鑑には同じ種の水深毎の形状の変化もくわしく載ってますし、実際のフィールドでも実感できます。水流の強さも形状形成に大きく影響するようです。


ということだったので、早速探して買ってみました。

発行が1988年12月なので、24年前の本です。

その割には程度が良いのが専門書らしい。


「造礁サンゴ」の図鑑なのでミドリイシオンリーではありませんが、生息する深度や水流の強弱、主な色、形状、ポリプの突起の並び方による見極め方法など結構詳しく載っています。


「フィールド図鑑」なのでもちろん自然のサンゴの情報です。
沖縄で撮影された写真が載っています。



色々と勉強になりますが、驚いたのがコレ。


ドピンクのハナヤサイ・・・って色にじゃなくて、完全に空中に出ちゃってます。

干潮時に、ってことなので数分間やそこらではないと思うのですが・・・まして直射日光まで浴びちゃってます。
夏とかよく平気ですね。




これで少し勉強してみます。

他にいい資料があったら是非教えて下さい。(・∀・)


[ 2012/11/10 ] 小物のこと。 | CM(8)

あいぷたしあ-X。

どにゃです。



こないだmjnekoさんから貰ったLRに使途(でっかいカーリー)がいたので退治してみました。



BGMはコレでw (※音量注意)








 使途inプラケ。



使
途、襲来






定番の「アイプタシア-X」です。(`・ω・´)シャキーン







こいつをポジトロンスナイパーライフル(ダイソー注射器)に充填して









目標をセンターに入れてスイッチ。








目標、完全に沈黙・・・!




15分後、ライフルでぴゅーっとやったらポロリンと根っこから取れました。

こうかはばつぐんだ!






ということで、頂いたLRを使ってレイアウトを手直ししました。

それはまた後日・・・。

[ 2012/10/29 ] 小物のこと。 | CM(2)

イシの医師2人。

ども、違いの判る男になったどにゃです。

KRユーザーは毎月レビューをする毎に1つずつタダでもらえるアレが届きました!


サンゴ蛍光タンパクチェッカーフラッシュライト - F.P.ドクター!


夜明けのマリンブルー


カンタンに言うと、違いが判るそうです。(笑)

全7種類のそれぞれ異なる単波長のライトをサンゴに当てることで、個体毎に有効な波長が判別できるというシロモノ。
販売もしてますが、KRシリーズのユーザーは7ヶ月レビューを書けばコンプリートできます。


7つってのがまた集めたくなる数字ですね。
つかもうぜ♪っつって。(笑)

きっと7つ揃うと望みが叶うに違いない。


※イメージ

夜明けのマリンブルー



よし、7ヶ月頑張ろう。



貰える波長の順番は決まっていて、1本目は400nmになります。
なので私は1本目として400nmをつかむはずでした。


しかし・・・・・



夜明けのマリンブルー


ってアレ・・・?
2本ある?

実は、他の企画などですでに400nmをお持ちの方もいるそうで、そういう方にはその次の475nmが送られるそうです。

そして、8月のレビュー分として私のところに送られてきたのは1本目なのになぜか475nmでした。

早速電話で問い合わせてみると、やはり手違いだったそうで、即日400nmを送ってくれました。

誤って届いた475nmは9月のレビュー(済み)分としてお受け取り下さい、ということでした。
来月の楽しみが無くなってしまった。(笑)


そんないきさつで、手元には2人のドクターゲロがいらっしゃいます。


夜明けのマリンブルー


2本あるので、早速サンゴに当てて反応の違いを楽しんだりしていて思ったのですが・・・。
※画像はケータイじゃうまく撮れませんでした。(´・ω・`)



コレって、サンゴがどの辺の波長を必要としているかがわかるモノ、なんですよね?
で、現在の照明に足りない部分を補え、と。


KR93SPってさ、フルスペクトルがウリなワケで、それはつまり全部の波長が出てるってコトだよね?


そして、どんな調光設定にしてもスペクトルバランスが崩れないのもセールスポイントなんだよね?


てコトは同時に、特定の波長を突出させることもできないってコトで・・・。






う~ん・・・このドクターの活躍のさせ方がわからないのは私だけでしょうか。

コレってKR93SPなどの「販促品」としては有効かもしれないけど、すでにフルスペクトルなユーザーはどう活用したらいいの?(笑)


ショップでサンゴ買う時に「俺は素質を見抜けるんだぜw」っつってドヤ顔でピカピカ当てまくるの?
すげーイヤな顔されそうだなぁ。(笑)
でも明るい時に当てても分からないしなぁ。




とりあえず、嫁のパンティに当ててみます。(反応したらどうしようw)
[ 2012/09/10 ] 小物のこと。 | CM(8)

VorTechのアレ。

8/26の日曜日に行ってきました。


夜明けのマリンブルー


初ナチュラル!



お目当てはコレです。


夜明けのマリンブルー

ナチュラルオリジナル VorTechコードホルダー!



夜明けのマリンブルー

形状や構成はこんな感じです。


設置してみます。


夜明けのマリンブルー


厚みのあるアクリルで高級感があります。

が、結構デカくて目立ちますね・・・。

フランジがあるのでこの付け方だと固定ネジがギリギリです。

もうちっとコンパクトにしたいので今度自作してみようか・・・。


315さんあたりがイイの作ってくれないかなぁ~。

ぐおっちさん今度提案しておいて下さい。(笑)
[ 2012/09/05 ] 小物のこと。 | CM(2)